なみはや大橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
なみはや大橋
Namihaya-Ohashi (Osaka)01.jpg
なみはや大橋(2008年11月)
基本情報
日本の旗 日本
所在地 大阪府港区 - 大正区
交差物件 尻無川
建設 1977年 - 1995年
座標

北緯34度38分37.3秒 東経135度26分59.4秒 / 北緯34.643694度 東経135.449833度 / 34.643694; 135.449833座標: 北緯34度38分37.3秒 東経135度26分59.4秒 / 北緯34.643694度 東経135.449833度 / 34.643694; 135.449833

なみはや大橋の位置(大阪府内)
なみはや大橋
なみはや大橋
構造諸元
形式 3径間連続鋼床版曲線箱桁
材料 コンクリート
全長 1.74 km
11.0m - 15.4 m
高さ 47m
最大支間長 250 m
関連項目
橋の一覧 - 各国の橋 - 橋の形式
テンプレートを表示
Japanese Route Sign Number 5.svg
大阪府道5号標識
大正区側
大正区→港区
港区側

なみはや大橋(なみはやおおはし)とは、大阪市港区大正区を結ぶ、尻無川に架かる全長1,740mの大阪市道路公社尻無川新橋有料道路として1995年2月供用開始し管理していたが、2014年4月1日に大阪市道路公社の解散に伴い無料開放された[1]海岸通大阪府道5号大阪港八尾線)の一部であり、徒歩でも渡れる。

概要[編集]

水面上高さ47m・尻無川の最河口部の幅100mの航路に船を通す通すための橋で、橋の両端の道路の方向が違っているため橋は「く」の字型の曲線となっている。また橋の両端は6.9%の急勾配になっており島根と鳥取にまたがる江島大橋に倣い「大阪版ベタ踏み坂」とも呼ばれる[2][3]。橋上から大阪市内の夜景が綺麗なことでも知られる[2]

また、橋を通る大阪シティバスの路線もある(72号系統)。

  • 形式:3径間連続鋼床版曲線箱桁
  • 橋長:1,740m
  • 支間長:最大250.00m
  • 幅員:11.00 - 15.40m
  • 橋脚:鉄筋コンクリート
  • 基礎:鋼管矢板井筒他
  • 着工:1977年昭和52年)12月
  • 完成:1995年平成7年)2月
  • 無料開放:2014年(平成26年)4月1日
  • 工費:217億円

無料化前の通行料金[編集]

無料化前の料金所
車種 料金
普通車 100円
大型車 (1) 150円
大型車 (2) 360円
原付 10円
歩行者
自転車
無料
  • 無料化直前の2014年3月現在の料金
  • 料金所は大正区側に存在した

参考文献[編集]

  • 『大阪の橋 - 大阪市における橋梁技術のあゆみ』大阪市土木技術協会、1997年

脚注[編集]

  1. ^ なみはや大橋回数券販売終了及び払い戻しについて”. 大阪市道路公社. 2014年2月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月9日閲覧。
  2. ^ a b 大阪版ベタ踏み坂「なみはや大橋」(とことんサーチ)”. 日本経済新聞 (2015年10月24日). 2022年6月9日閲覧。
  3. ^ 大阪にもある“ベタ踏み坂”「なみはや大橋」でスリルと眺望を満喫”. ORICON NEWS (2021年1月26日). 2022年6月9日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]