なな茶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ななちゃ
なな茶
プロフィール
生年月日 2月11日
出身地 日本の旗 日本静岡県浜松市
血液型 AB型
公称サイズ(2023年5月[1]時点)
身長 / 体重 160 cm / kg
スリーサイズ 97 - 59 - 96 cm
カップサイズ J[1]
活動
ジャンル 一般・水着
事務所 フィット[2]
モデル: テンプレート - カテゴリ
なな茶
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年12月3日 -
登録者数 約22.3万人
総再生回数 30,128,569回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年12月14日時点。
テンプレートを表示
映像外部リンク
サキドル優勝!TikTok250万フォロワー! なな茶の爆裂ド迫力な水着撮影に没入密着! - YouTube
【サキドルエース】No.3 なな茶【公式/グラビアメイキング】 - YouTube

なな茶(ななちゃ、2月11日[3] - )は、日本グラビアアイドルTikTokerYouTuber。事務所はエイベックス・マネジメントを経てフィット[2]静岡県浜松市出身[3]。血液型はAB型[3]。本名:千葉 奈々希(ちば ななき)[3]

略歴[編集]

小学校から中学校にかけてはバスケットボール部に所属しており、小学6年生当時にはガードのポジションで全国大会に出場した[4]

中学2年生(14歳)当時、ハロープロジェクトが好きだった父に芸能界の道を勧められてオーディションを受け、父から「アイドルになったら高校受験をしなくてもいいよ」と言われて頑張った[3][4]

中学3年生当時、鉄道アイドルグループ「ステーション♪」のオーディションに合格すると同時に東京へ上京し、本名の“千葉奈々希”名義で活動を開始した[4]

高校卒業後、都内の大学へ入学して心理学を学ぶ。「ステーション♪」を卒業後、「アイドルカレッジ」(2014年8月30日卒業、当時17歳)「はつめろ☆彡」「ALLOVER」「PLC」「黒のシャーナ」と6つのアイドルグループで活動し、2018年平成30年)には「PLC」でメジャーデビューを果たした[注 1][4]。パールレディイメージガールにも抜擢されたほか、2019年令和元年)には「東京トンテキ」秋葉原店イメージガールに抜擢された[4]

2020年(令和2年)9月、TikTokを中心に活動するインフルエンサーゆでたまごの活躍に感銘を受け、奮起するきっかけとなった。TIkTokに関しては、ダンス動画の投稿に始まり、フォロワー10万人を超えたあたりから音声動画の投稿も開始した[5]

2021年(令和3年)10月、集英社主催のヤングジャンプ「サキドルエース」11代目グランプリに輝く[4][6][7]

2022年(令和4年)3月、フィットへ移籍したことを自身のTwitterにて発表した[8]

人物[編集]

  • スリーサイズは、かつてはB94(Iカップ)・W59・H96[9][3]だったが、2022年7月以降はB97(Iカップ)・W59・H96[10][11]となったうえ、2023年5月には実はJカップであるが合うサイズのブラジャーがなかなか売っていないので無理やりIカップに押し込んでいることや、1年も使うと紐がちぎれるので3か月から半年ごとに買い替えていることを明かしている[1]
  • 家族構成は、父と弟と祖父母(浜松市在住)[12]。父はなな茶の写真集を事務所から贈られた3冊とは別に2冊ほど買って配り、雑誌は出るたびにコンビニエンスストア各店へ足を運ぶほか、サイン付きグッズの転売もすぐ見つけては怒って通報するなどの巡回も欠かさないという[13]。幼少時の自宅では父や弟との3人暮らしで生活が苦しく、ガスを止められたりツクシを取ってきて食べたりするなど困窮していたことから、市役所の人などには大変世話になって優しくしてもらえた[1]

趣味[編集]

特技[編集]

エピソード[編集]

  • 浜松市から上京する際、溺愛してくれた祖父母に「いつかハワイに連れていけるぐらい有名になるから」と約束した[12]
  • 父は昔から異性関係には厳しかったが、モーニング娘。の大ファンにして鉄道オタクでもある[14]。「サキドルエース」11代目グランプリに輝いたときに最初に報告したのは芸能界を勧めてくれた父であり、報告した際には電話先で号泣してくれたという[12]。また、父はグラビア活動を応援してくれており、ヤングジャンプを100冊も購入してくれたという[14]
  • 憧れで目標とする芸能人は「サキドルエース」の先輩にあたる天木じゅん[9]
  • アイドルとして活動していた当時の10年間は大きな胸がコンプレックスとなっており、胸を隠すためにBカップのブラジャーを着けたりしては紐がちぎれていた[11]
  • 2023年5月現在の自宅では全裸かベビードール1枚、もしくは下着姿で過ごしていることから、得意である料理の際には揚げ物でよく火傷してしまう[1]
  • 2023年5月現在でも月に2回くらいは帰るほど、浜松市が大好きである[1]。地元愛が強く、人柄がよく、ゴハンが美味しく、子育てしやすいからであり、特に浜松餃子は野菜が多く、胃がもたれないでプロポーションが維持できて健康的であるとオススメしている[12]浜松まつりには、17才で上京するまで毎年参加していた。将来の夢は浜松市の魅力をPRする親善大使「浜松市やらまいか大使」になることであり、SNSを通じて国内外に魅力を発信できたらと思っている[12]

SNS戦術[編集]

  • SNSを活用している。2022年2月時点ではTikTokが320万フォロワー、Instagramが31.8万フォロワー、Twitterが10.26万フォロワー、YouTubeが登録者7.51万人、1861万再生回数[9]。その後、2023年5月時点でTikTokは380万フォロワーに達している[1]
  • SNSについては、TikTokは拡散・認知獲得、Instagramはファンの獲得というように、目的を棲み分けて活用している[5]。TikTokで1番力を入れていることに、「男性目線のあざとさ」「横から見える胸の形」「上から見た右45度の自撮り顔」を挙げている[15]。なお、SNSで写真を公開する際には、ショルダーバッグの紐によって斜めに二分されて胸が強調される状態の「パイスラショット」を得意としている[16]。本人は「パイスラ革命」と呼んでいる[15]
  • アイドルグループを6つ経験したことがSNS作りに大きく影響する。1人でMCを回したこと。14才からアイドルを始めて肝が据わったこと。"恋愛禁止、ファンの皆さんが彼氏"というアイドルの掟を真面目に守ったことで、どうしたら男性ファンの方が喜んでくれるか考えてきたこと。自分のために"大切な時間"と"大切なお金"を使って来てくれてるからこそ、なな茶に会いに来てよかったと思ってほしいと心掛けている[15]。アイドル時代からファンの変化に気づく努力は毎回考えていた。今でもファンの服装や髪型など変化は欠かさない[15]
  • TikTok視聴者は88%が男性で大半を占めているものの、男性向けコンテンツだけでなく、女性が楽しめる「恋人動画」「バストケア術」「スタイルキープ」「香水」「化粧品」なども取り上げている[15]

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

Webドラマ[編集]

  • 第三の盗撮者(2022年12月14日 - 、NWシネマズ) - モエ 役(主役)[19]

映画[編集]

  • 脱脱脱脱17[17]
  • TURNING POINT - 水野はな 役[17]

インターネット番組[編集]

JR車内放送[編集]

イベント[編集]

雑誌[編集]

写真集[編集]

デジタル写真集[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その後、2021年10月でアイドル活動は終了している。
  2. ^ 『週刊ヤングジャンプ』に掲載された同名グラビアのアザーカット集でもある[27]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g “TikTokのフォロワー数380万人のなな茶「料理が得意で、裸や下着姿で揚げ物をよく作っています」”. 週プレNEWS (集英社). (2023年5月15日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2023/05/15/119396/ 2023年5月15日閲覧。 
  2. ^ a b なな茶 プロフィール”. フィット. 2022年7月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 千葉奈々希(黒のシャーナ)|サキドルエースSURVIVAL SEASON11 21×21-TO×TO-”. 週刊ヤングジャンプ公式サイト. 集英社. 2021年11月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月9日閲覧。
  4. ^ a b c d e f “ヤングジャンプサキドルエース11代目グランプリ・なな茶 6つのアイドルグループを経験、現役女子大生でSNS総フォロワー数325万の彼女の素顔とは”. Deview (oricon ME). (2021年11月22日). https://deview.co.jp/News?am_article_id=2214853 2022年5月18日閲覧。 
  5. ^ a b “【現役インフルエンサーが解説!】あなたが知らない、「TikTok 4つの勘違い」”. ECタイムズ (WUUZY). (2022年11月17日). https://www.ecnopro.jp/times/tiktoker-ryota-nanacha 2022年12月21日閲覧。 
  6. ^ ““SNSフォロワー200万超”なな茶、グラビア特化型ボディのニューヒロイン”. クランクイン! (ブロードメディア). (2021年10月28日). https://www.crank-in.net/news/95754/1 2022年12月21日閲覧。 
  7. ^ a b “千葉奈々希改め なな茶、サキドルエースでグランプリを獲得しヤンジャンの表紙&グラビアに登場!”. ガジェット通信 (東京産業新聞社). (2021年10月30日). https://getnews.jp/archives/3150551 2022年12月21日閲覧。 
  8. ^ @nanaki_chibaの2022年3月22日のツイート2022年3月26日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m “Iカップ現役女子大生の「なな茶」、6つのアイドルグループを経てTikTok女王に転身!”. asageiMUSE (徳間書店). (2021年11月23日). https://asageimuse.com/excerpt/7481 2022年6月27日閲覧。 
  10. ^ “340万人のフォロワーをもつTikToker・なな茶がグラビア撮影の風景を動画で公開!”. マガジンサミット (富士山マガジンサービス). (2022年7月4日). http://magazinesummit.jp/gravure/416618 2023年5月15日閲覧。 
  11. ^ a b “なな茶「撮影中、結構ポロリが多くて…」“お客さんの前”での水着姿に緊張”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2022年7月16日). https://thetv.jp/news/detail/1093789/ 2023年5月15日閲覧。 
  12. ^ a b c d e “静岡が生んだ325万インフルエンサーがヤングジャンプグランプリ!現役 Iカップ女子大生・なな茶の素顔は・・・”. みんなの観光協会 (エスビージャパン). (2021年11月22日). https://minna-kanko.jp/news/detail/192689 2022年6月27日閲覧。 
  13. ^ “グラドル・なな茶、父親が“巡回ポリス”に「私のグッズが転売されていないかチェックしています!」”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2022年12月11日). https://thetv.jp/news/detail/1115495/ 2022年12月29日閲覧。 
  14. ^ a b “あざとかわいいパイスラ動画がバズり中のなな茶「私のカラダって、デブでも好きなんだって思ったのがキッカケです」”. 週プレnews (集英社). (2021年12月19日). https://wpb.shueisha.co.jp/news/entertainment/2021/12/19/115109/ 2022年5月18日閲覧。 
  15. ^ a b c d e “Iカップ女子大生・なな茶[インタビュー]<サキドルエース>グランプリ&総フォロワー数325万インフルエンサー活動を語る「女子大生・TikTok・グラビアの三刀流で頑張ってます!」”. Pop'nRoll (JAPAN MUSIC NETWORK). (2021年11月22日). https://popnroll.tv/articles/21651 2023年3月10日閲覧。 
  16. ^ “千葉奈々希(なな茶)、スゴすぎる『パイスラショット』公開「わざとだよ?」”. WWSチャンネル (WWS JAPAN). (2021年11月7日). https://www.wws-channel.com/news2/306455.html?view=more 2023年3月10日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q なな茶・インタビュー”. ACTRESSPRESS. 2021年11月23日閲覧。
  18. ^ @nanaki_chibaの2022年4月9日のツイート2025年5月15日閲覧。
  19. ^ 第三の盗撮者”. エムダブリューエンタテインメント (2022年12月14日). 2023年5月15日閲覧。
  20. ^ ヒカルが遂に虎の席へ。おっ○いで世の中をストレスから救いたい【FULL】【なな茶】[411人目]令和の虎 (YouTube). 令和の虎CHANNEL. 4 May 2023. 2023年5月15日閲覧
  21. ^ “TikTokフォロワー200万超・なな茶、豊満美バスト大胆披露”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2021年10月28日). https://mdpr.jp/news/detail/2838009 2022年5月18日閲覧。 
  22. ^ @nanaki_chibaの2021年12月13日のツイート2022年5月18日閲覧。
  23. ^ a b c d e なな茶”. 週プレ グラジャパ! -GRAVURE JAPAN!-. 集英社. 2023年5月15日閲覧。
  24. ^ ““2022年ブレイク必至” なな茶、包容力あふれる94cm美バスト百景”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2021年12月20日). オリジナルの2023年4月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230407073756/https://news.dwango.jp/gravure/66658-2112 2023年9月25日閲覧。 
  25. ^ “動画再生1500万オーバーの美女5人が集結 「ヤンジャンBuzzGirls」表紙&グラビアぶち抜き”. ORICON NEWS (oricon ME). (2022年3月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2226393/full/ 2022年5月18日閲覧。 
  26. ^ “あざとエロい動画投稿で話題!本人史上・最大露出で撮り下ろし。FLASHデジタル写真集発売!”. Smart FLASH (光文社). (2022年12月2日). https://smart-flash.jp/gravure/211933/1/1/ 2023年9月25日閲覧。 
  27. ^ 【デジタル限定】東雲うみ・美澄衿依・なな茶写真集「四季崎姉妹はあばかれたいコラボグラビア」”. 集英社 (2022年10月20日). 2023年5月15日閲覧。
  28. ^ ““Jカップインフルエンサー” なな茶、禁断のガチ自宅ロケで見せたのは…”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2023年5月15日). オリジナルの2023年5月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230520100212/https://news.dwango.jp/gravure/91225-2305 2023年9月25日閲覧。 
  29. ^ 【デジタル限定】なな茶写真集「なな茶120パー」”. 集英社. 2023年6月17日閲覧。

外部リンク[編集]