なだしお (潜水艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
なだしお
基本情報
建造所 三菱重工業神戸造船所
運用者  海上自衛隊
種別 通常動力型潜水艦
艦級 ゆうしお型
経歴
計画 昭和55年度計画
発注 1980年
起工 1981年4月16日
進水 1983年1月27日
就役 1984年3月6日
除籍 2001年6月1日
要目
排水量 基準 2,300t
満載 2,900t
全長 76.0m
全幅 9.9m
吃水 7.4m
機関 川崎/MAN V8V 30AMTLディーゼルエンジン × 2基
発電機 × 2基
電動機 × 1基
蓄電池 × 480個
推進 ディーゼル・エレクトリック方式、5翼スクリュー1軸推進
出力 水上 3,447PS
水中 7,300PS
速力 水上 12kt
水中 20kt
潜航深度 450m程度
乗員 80名
兵装 HU-603 533mm魚雷発射管 × 6門
89式長魚雷およびハープーン対艦ミサイルを発射可能)
レーダー ZPS-6水上
ソナー SQS-36アクティブ
ZQQ-4パッシブ
探索装置・
その他装置
潜望鏡
電子戦
対抗手段
ZLA-6 ECM
テンプレートを表示

なだしおローマ字JS Nadashio, SS-577)は海上自衛隊潜水艦ゆうしお型潜水艦の5番艦。艦名はに由来する。

艦歴[編集]

「なだしお」は、中期業務見積りに基づく昭和55年度計画2,200トン潜水艦8092号艦として、三菱重工業神戸造船所で建造され、1981年4月16日起工、1983年1月27日進水、1984年3月6日に就役した後に第2潜水隊群第3潜水隊に配属された。この艦以降のゆうしお型は、ハープーンが発射可能となっている。

1985年3月12日に第2潜水隊群第2潜水隊に配属された。1988年7月23日、横須賀沖で遊漁船「第一富士丸」と衝突、この事故で「第一富士丸」の乗客乗員のうち30名が死亡した(なだしお事件)。1998年3月16日第1潜水隊群第1潜水隊に配属された。

2001年6月1日に除籍された。

登場作品[編集]

アナザー・ウェイ ―D機関情報―
1988年9月に公開された、日本とスイス合作映画。(原作:西村京太郎山下耕作監督作品。特技監督:川北紘一
映画前半部分で、極秘任務のためにスイスに派遣された主人公の関谷直人海軍中佐(演:役所広司)がドイツ領海まで日本海軍伊51潜水艦(モデルとなった実在の潜水艦は、太平洋戦争後期の1944年にドイツに派遣されたものの、往路の途中、ドイツ領海に到着する遥か手前の北大西洋上において、連合国軍駆逐艦部隊によって撃沈された伊52潜水艦)に便乗するシーンの映像と、特撮シーンを含めた連合国軍の駆逐艦部隊との戦闘シーン(ドイツ領海内で関谷中佐がドイツ海軍の高速魚雷艇に移乗した後、伊51潜水艦は、ドイツ領海内に侵入していた連合国軍の駆逐艦部隊のうちの2隻を雷撃で撃沈するものの、最後は、圧倒的な数の連合国軍駆逐艦部隊の集中攻撃を受けて撃沈される)の映像を交える形で作品中に登場する、海上自衛隊の涙滴型潜水艦は、太平洋戦争当時の伊号潜水艦とは姿形が全く違うものの、この映画の本編において、「なだしお」は伊51潜水艦に扮して撮影に使用された、と言われている(そのため、特撮シーンでの伊51潜水艦のミニチュア模型も、「なだしお」と思しき、「ゆうしお型涙滴型潜水艦」の実物をモデルにしている)。潜水艦内のシーンは、訓練用シミュレーターを利用したとされている。
また、最初の戦闘シーン(インド洋上での伊51潜水艦と連合国軍の駆逐艦部隊との戦闘シーン)の本編部分において、潜航直前の伊51潜水艦を砲撃する連合国軍の駆逐艦に紛して撮影に使用された海上自衛隊の護衛艦は、たかつき型護衛艦の2番艦の「きくづき」である(なお、南シナ海において、潜航中の伊51潜水艦が潜望鏡で発見した連合国軍の輸送船団を護衛していた駆逐艦の役も、「きくづき」である)。 

関連項目[編集]