どまんじゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

どまんじゅう(Der Grabhügel, KHM 195)は、『グリム童話』に収録されている作品である。「どまんじゅう」とは土饅頭、即ち墓の墳丘のことである。

あらすじ[編集]

あるところにとても裕福な農民がいた。彼の庭にはおいしそうな果実や麦がたくさん育っていた。小屋には馬や牛が元気に暮らしていた。

彼は家の金庫の近くでノックの音を聞く。そのノックはドアからではなく彼の心から聞こえているようである。自分の頭の中から声が聞こえてくる。そこで彼は自分がいかに貪欲かを悟る。空を手に入れても満足しないほどに。

そうしているとまたノックの音が聞こえてくる。今度は非常に貧しい隣人である。彼は子どもに食べさせるものもなくこの農民に食べ物を求めにきたのだ。この農民はある条件で彼にとうもろこしをあげる。その条件とはもしも彼が死んだら三日間お墓の見張りをするというものであった。彼はこの条件を飲みとうもろこしを手に入れる。

その農民は突然亡くなる。彼は約束したとおりにお墓の見張りをする。三日目に彼は一人の兵士に出会う。彼はその兵士と共に見張ることにする。すると悪魔がやってきて彼らに立ち去るように言う。が、彼らは断るので悪魔は金を使い彼らを立ち去らせようとする。そこで兵士が自分の靴一杯に金が入ったならば立ち去ろうと条件を出す。すると悪魔は持っているだけの金を出すが靴一杯にはならなかった。すると悪魔は金を取りに行くといって一度消えた。その間に兵士は地面に穴を掘り靴の底に穴を開けた。そして何度も悪魔は靴に大量に金を入れるが靴は一杯になる事はなかった。そうこうしていると日の出を迎える。その光で悪魔は消えてしまう。こうして彼らはお金を手に入れる。