とりしも

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とりしも
プロフィール
生誕 1970年代
日本の旗 日本新潟県
死去 2017年2月20日
日本の旗 日本新潟県
サークル 修羅場計画
公式サイト Unplanned Plot
代表作
一般ゲーム 萌え萌え大戦争☆げんだいばーん++(オリガ)
アダルトゲーム North Wind(儚、佳暖、水澄)
Green Strawberry(桜子)
挿絵 撲殺天使ドクロちゃん
森口織人の陰陽道
漫画 ぼくたちのみなみさん
ぼくたちのみなみさん2

とりしも(1970年代[注 1] - 2017年2月20日)は、日本イラストレーター。男性[3]新潟県出身。

来歴[編集]

新潟県出身[4]。1997年、C53に個人サークル「修羅場計画」として参加し[5]、2016年のC91まで断続的に参加していた[6]。ゲーム制作に関わりたいと思い上京し、関連会社に就職するも、不幸が重なり制作物が発売される前に会社がなくなる[4]。その後、とりしものウェブページを見た担当から連絡があり、2002年8月の『電撃hp』Vol.19『VISUAL WEAPON』コーナーで商業誌デビュー[4][7]。2003年、おかゆまさき『撲殺天使ドクロちゃん』の挿絵、イラストを担当。最初に持ったイメージは「なんつー題名だ」だという[4]。その後は登場人物である「南さん」がお気入りであることが語られている[4]。その思いが叶ってか、2006年には「南さん」を主人公にした4コマ漫画『ぼくたちのみなみさん』を『電撃hp』にて開始。掲載誌の休刊で終わったものの、『電撃文庫MAGAZINE プロローグ2』にて『ぼくたちのみなみさん2』となって再開し、本編である小説が終了後も連載した。2008年、ドクロちゃんの著者による『森口織人の陰陽道』の挿絵、イラストを担当。2007年からはカードゲーム『ハヤテのごとく!TCG』にイラストを提供。その後も『Weiß Schwarz』や『カードファイト!! ヴァンガード』へと提供した。挿絵やイラスト以外にも2004年には『North Wind』、2010年には『Green Strawberry』とゲームの原画も担当しており、当初の思いであるゲームの制作に関わりたいという思いを成し遂げている。2014年、出生地である新潟県へ引っ越す[6][3]。2017年3月3日、活動初期の頃に「修羅場計画」へ委託していた個人サークル「県央高速交通」から2月20日に急逝したことが報告された[8][2]。通夜、葬式は2月23日、24日に本名名義で執り行われた[2][8]

作品[編集]

小説挿絵[編集]

ゲーム原画[編集]

イラスト[編集]

カードゲーム[編集]

  • ハヤテのごとく!TCGKONAMI
    • エントリー 第1弾「絶叫! 海辺でサマーソルトキック!!」(2007年、「ナギ」)
    • ブースター 第2弾「湯けむり!あきらめきれない温泉卓球!」(2007年、「マリア」)
    • ブースター 第3弾「アウト?セーフ?真冬のゲレンデ野球拳!!」 (2007年、「ヒナギク」)
    • ブースター 第4弾「パジャマ!寝起きで百烈まくら投げ!!」(2008年、「咲夜」)[10]
    • ブースター 第5弾「初鰹!プールサイドでフィッシュオン!!」(2008年、「ヒナギク」)[10]
    • スペシャルブースター「世界の制服」 (2008年、「ナギ」)[10]
    • ブースター 第6弾「栗ごはん!紅葉をたずねてハンティング!!」(2008年、「ヒナギク 」)[10]
    • ブースター 第7弾「苺パフェ!ネコみみルックで初デート!!」(2008年、「マリア」)[10]
    • ブースター 第8弾「桜もち!バニースーツでひざまくら!!」(2009年、「愛歌」)
    • ブースター 第10弾「秋のナイショ」 (2009年、「ハヤテ」)
    • スペシャルレジェンドブースター「世界の水着」2009年、「ヒナギク」)
    • ブースター 第11弾「冬のオネガイ」(2009年、「伊澄」)[9]
  • Weiß Schwarzブシロード
    • 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」(2010年、「アリサ」)[9]
    • 「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」(2013年、「なのは」「はやて」)[6]
  • カードファイト!! ヴァンガード(ブシロード)
    • エクストラブースター 第2弾「歌姫の饗宴」(2012年「ウェッデル」)[6]
    • エクストラブースター 第10弾「歌姫の二重奏」(2014年、「シャルウィーン」「サリナス」)[6]
    • クランブースター 第1弾「歌姫の学園」(2015年、「サーニャ」「ルリー」)[6]

トレーディングカード[編集]

  • とらのあな 夏の大感謝祭 '05 トレカ(とらのあな、2005年、2点)
  • とらのあな 冬の大感謝祭 '09 トレカ(とらのあな、2009年、2点)[9][10]

ソーシャルゲーム[編集]

  • ハーレムゲイン 〜僕はカードに恋をスル〜(とらのあな、2013年 - 2016年、ミザール・アルコル・ネージュほか)[6][11]

その他[編集]

  • Sound Catalog Millennium(ProjectS2001年、同人音楽CD)[12]
  • クリケット チラシイラスト(2002年)[13]
  • AugusticHoliday チラシイラスト(2003年)[14]
  • クリケット2 チラシイラスト(2004年)[15]
  • おしかけおさなづま3 -Unintended three little wives- 初回封入特典「おしかけおさなづまのおまけ本」ゲストイラスト(ロール、2005年)[10]
  • 盗んでmy Heart 初回特典ビジュアルブックレット 応援イラスト(LOVERSOUL、2005年)[10]
  • ひぐらしのなく頃に ビジュアルファンブック(一迅社、2005年)[10]
  • コンプティーク 2005年7月号 美少女イラストミュージアム(角川書店、2005年)[10]
  • コレクションタペストリー SP005 TYPE-MOONver. 翡翠&琥珀(とらのあな、2009年)
  • けいおん! アンソロジーコミック 第3巻(芳文社、2010年、表4[9]
  • メガミマガジン クリエイターズ vol.22(学研、2010年)[9]
  • オリジナルマイクロファイバータオル 2011(とらのあな、2011年)[6]
  • オリジナルiPhone5ケース No.141、No.142(とらのあな、2012年)[6]
  • バトラン絢爛姫章〜銃火器編〜(とらのあな、2011年、「COLT PYSON」)[6][16]
  • 魔法少女まどか☆マギカ the illustrated book(芳文社、2013年、「仁絵」「まどか」)[6]
  • Earphone Girls Collection 2015(サエクコマース、2015年、『DynamicMotion』購入者プレゼントキャンペーン)[6]

漫画[編集]

同人誌[編集]

個人誌(修羅場計画)[編集]

  • くるくる(C53、1997年)
  • あつめて! 恋の経験値(C56、1999年)
  • 見習い魔女はお騒がせ(C58、2000年)
  • 遠野家模様(C60、2001年、ゲスト:はやし道士)[17]
  • 風味(C61、2001年、成年向け)[18]
  • 朝・昼・夜・朝(C63、2002年、成年向け)[19]
  • 今日もしました。(AugusticHoliday(オーガスティックホリデー)、2003年、成年向け)[20]
  • らぶなど(C65、2003年、成年向け)[21]
  • らぶなど+-(C66、2004年、成年向け)[22]
  • CとHのK(C67、2004年、成年向け)[23]
  • トラ!トラ!トラ! レンシュー大作戦(C70、2006年、成年向け、コピー誌[24]
  • ドラ -撲殺天使ドクロちゃん ラフ集-(C73、2007年)[9]
  • トラ!トラ!トラ! レンシュー大作戦+(C75、2008年、成年向け)
  • ボミラ ぼくたちのみなみさんラフ集 (C78、2010年)[9]
  • もうそうするツインテール(C80、2011年、成年向け)[6]
  • 追尾するツインテール(C81、2011年、成年向け)[6]
  • もうそうしたり追尾したりするツインテール(C82、2012年、成年向け)[6]
  • ぼくたちのみなみさん2 ラフ集1(コミティア102、2012年)[6]
  • もしもしあやさん(C84、2013年、成年向け)[6]
  • 装着なるツインテール(C84、2013年、成年向け)[6]
  • 装着なるツインテール 再販版(C85、2013年、成年向け)[6]
  • コミチ アヤ バリエーション(C85、2013年、無料配布)[6]
  • 銭湯とカレンとアヤヤ(C87、2014年、成年向け)[6]
  • タ、タイを引っ張ったらほどけてしまいますっ…(暫定版)(C89、2015年、成年向け)[6]
  • タ、タイを引っ張ったらほどけてしまいますっ…(COMIC1☆10、2016年、成年向け)[6]
  • ゆかりかわいい本。準備号(C91、2016年、成年向け、コピー誌)[6]

CG集[編集]

  • 修羅場計画 JPEG CG集 Vol.1 AFTER WARD+(3.5インチFD
  • 修羅場計画 JPEG CG集 こみぱっぱ(C56、1999年、3.5インチFD)
  • 修羅場計画 CG集 SPLICE(CD-R
  • もえっぷり。(C59、2000年、ゲスト:はやし道士、CD-R)[17]
  • 修羅場計画「月姫」CG集 月々(C61、2001年、CD-R)[18][25]
  • 修羅場計画 CG集 すみかことか(C62、2002年、成年向け、CD-R)
  • 修羅場計画 CG集 すみかことか プレス版(2002年、成年向け、CD-ROM)[26]

参加した同人誌[編集]

  • MARIGAN 2(Expensive Noise、2003年)
  • ユニコレ Uniform Illust Collection(K-BOOKS、2006年)
  • 12周年記念本 モエシチュ!(K-BOOKS、2006年、非売品、特定の金額以上購入でプレゼント)
  • be thankful(とらのあな、2006年)
  • ポニテヒロインズ(水輝屋&HEXIVISION、COMIC1☆3、2009年、イラスト)
  • あにたいぼん 7 ぷれびうばん(水輝屋、C80、2011年、イラスト)[6]
  • あにたいぼん 7 かんぜんばん(水輝屋、2012年、イラスト)[6]
  • あにたいぼん 賢者の扉 第2章(水輝屋、C84、2013年、イラスト)[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 広坂兼六(1975年生[1])の高校の先輩[2]

出典[編集]

  1. ^ 広坂兼六 (2016年7月25日). “自己紹介”. 広坂兼六雑記帳. 2017年3月6日閲覧。
  2. ^ a b c 広坂兼六 (2017年3月3日). “県央高速交通雑記帳代理店”. 広坂兼六雑記帳. 2017年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  3. ^ a b トップページ”. はやし道士HP BEAT EMOTION (2017年3月4日). 2017年3月4日閲覧。
  4. ^ a b c d e 電撃文庫インタビュー 第34回 とりしもさん”. 電撃文庫. メディアワークス (2005年5月25日). 2005年5月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  5. ^ 修羅場計画『くるくる』(同人誌、C53、1997年12月29日)。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad とりしも (2016年12月28日). “トップページ”. Unplanned Plot. 2017年3月4日閲覧。
  7. ^ 『電撃hp』Vol.19『VISUAL WEAPON』コーナー。
  8. ^ a b kikka、ねとらぼ (2017年3月4日). “撲殺天使ドクロちゃんのイラストレーター・とりしもさん亡くなる Twitterで悲しみ広がる”. ねとらぼ. 2017年3月4日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i j とりしも (2011年8月31日). “トップページ”. Unplanned Plot. 2011年9月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  10. ^ a b c d e f g h i j とりしも (2012年8月5日). “最近のお仕事”. Unplanned Plot. 2017年3月5日閲覧。
  11. ^ サンシャインクリエイション60×とらのあな池袋店連動フェア!”. とらのあな (2013年6月14日). 2013年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  12. ^ とりしも (2001年10月31日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2001年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  13. ^ トップページ”. Marronオンリー同人誌即売会 クリケット (2002年7月7日). 2002年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  14. ^ トップページ”. オーガスト作品オンリー同人誌即売会 AugusticHoliday (2003年9月26日). 2017年3月6日閲覧。
  15. ^ トップページ”. Marronオンリー同人誌即売会 クリケット (2004年5月4日). 2017年3月4日閲覧。
  16. ^ 妄想具現化(メガロマニアオーバードライブ)!!人々の熱い想いを受け咲き誇る、可憐な少女達――の、缶バッジ!”. とらのあな (2011年7月7日). 2017年3月4日閲覧。
  17. ^ a b とりしも (2001年6月6日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2001年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  18. ^ a b とりしも (2002年10月16日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2002年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  19. ^ とりしも (2003年8月6日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2003年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  20. ^ とりしも (2003年8月6日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2003年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  21. ^ とりしも (2004年4月9日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2004年4月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  22. ^ とりしも (2004年8月14日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2004年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  23. ^ とりしも (2005年3月23日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2005年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  24. ^ とりしも (2006年12月26日). “トップページ”. Unplanned Plot. 2006年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  25. ^ とりしも (2002年2月10日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2002年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。
  26. ^ とりしも (2002年10月16日). “修羅場計画”. Unplanned Plot. 2002年10月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年3月4日閲覧。

外部リンク[編集]