とても大きな水しぶき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
画像外部リンク
とても大きな水しぶき

『とても大きな水しぶき』(とてもおおきなみずしぶき、A Bigger Splash)は、イギリスの画家デイヴィッド・ホックニーによるポップアートの絵画である。

大きさは、242.5センチメートル (95.5 in)×243.9センチメートル (96.0 in)である。これは、跳び込み板から跳び込んだところらしい姿の見えない人物が起こした大きな水しぶきに乱された、モダンな家の横のプールを描いている。1967年の4月から6月まで、アメリカ合衆国カリフォルニアで描かれ、当時ホックニーはカリフォルニア大学バークレー校で教えていた。ジャック・ハザン(Jack Hazan)のフィクション化された伝記映画『デヴィッド・ホックニー 彼と彼 とても大きな水しぶき』(A Bigger Splash)(1974年)は、ホックニーの、ピーター・シュレシンガー(Peter Schlesinger)との関係の破局に集中しているが、この作品にちなんで命名された

ルカ・グァダニーノの2015年の映画『胸騒ぎのシチリア』(A Bigger Splash。『太陽が知っている』のゆるいリメーク)もまた、この作品にちなんで命名された[1]

主題[編集]

『とても大きな水しぶき』は、典型的なカリフォルニアの日、温かく日当たりがよく雲の無い青空を見せている。後景では、2本のヤシが、平らな屋根と大きなガラス引き戸のある大きな平屋の家の上にそびえ、その前のピンク色のパティオには、足の交差した、だれもすわっていないディレクターズ・チェアがある。椅子の下の影は、正午ころの空高い太陽を連想させる。前景では、黄色の跳び込み板が下右角から傾き出て、見る者の視線を大きなプールの中央へ導き、そこでは水がちゅうに噴きあがり、何者かが跳び込んだ直後の瞬間を捕らえる。跳び込んだひとの姿は見えず、おそらくは水中にいる。椅子が、同じ対角線上、さらに遠くに在る。建物の平らな屋根の上の白い線が太くなっている箇所が、潜っている人が入水(にゅうすい)した箇所を強調している[2]

ホックニーの構図は、ある本のプールの写真と、ホックニーによるカリフォルニアの建物の初期のデッサンとをもとにしている。それは、細心の注意を払って作られ、シンプルにしてあるが、初期の『A Little Splash』(1966年)および『The Splash』(1966年)を拡大した(両者ともに私蔵されている。『The Splash』は2006年に260万ポンドでサザビーズで売られた[3][4])。 カンバス(ほぼ正方形)は、樹々、建物、およびプールの縁の力強い垂直線および平行線で支配されている。それは、上半分の空、建物、およびパティオと下半分のプールとに均等に分かれている。直線的な構図は、跳び込み板の傾いた突っ込みで破られている。構図全体の静けさは、跳び込んだ人が起こした激しい水はねと対照をなしている。ホックニーは、2秒間、続く一瞬を描くために2週間をかけたことの喜びを表現している。

作品は、白のコットン・ダック(cotton duck)のカンバスの上にアクリルのリキテックス(Liquitex)で描き、下描きは無い。ホックニーが使ったパレットは、限られており(コバルト・ブルー、ウルトラマリン・ブルー、ロー・シェンナ、バーント・シェンナ、ロー・アンバー_(色)、フッカーズ・グリーン(Hooker's green)、ネープルズ・イエロー(Naples yellow)、およびチタニウム・ホワイト(titanium white))、混ぜ合わせて使うかそれとも色合いとしてかいずれかで塗った。水しぶきは別として、作品は、ペイント・ローラー(paint roller)で2層ないし3層で一様に平坦に仕上げられており、数少ない細部(樹、草、椅子、反射)は、重ね塗りになっている。中央の水しぶきは、さまざまなブラシをつかって約2週間をかけて描き込んだ。広い縁と、中央のプールの縁の狭いストライプは、塗っていないままである。縁が、ポラロイド写真のような効果をあげている。作品は、初期の『Picture Emphasising Stillness』と、何時間ものあいだ撮った同一の被写体の多くの写真をコラージュして創作された後期の「ジョイナー」("joiners")肖像とのあいだの時間に関するホックニーの熟考のなかの重大なリンクと見なされてきた[5]

シェリダン・ハミルトン=テンプル=ブラックウッド(第5代ダファリン侯爵)(Sheridan Hamilton-Temple-Blackwood, 5th Marquess of Dufferin and Ava)はジョン・カスミン(John Kasmin)のギャラリーから完成作品を買い、1981年にテート・ギャラリーに売った。

2009年3月のテート・ギャラリーのためのインタビューで、「プールに跳び込んだのはだれですか?」と訊かれて、ホックニーは次のように答えた:「ほんとうにわかりません。水しぶきの写真から作りました。わたしが撮ったものではありませんが、それはコメントを続けています。イメージの静けさ。(...)絵の大部分は水しぶきに費やし、水しぶきは2秒間、続き、建物は永久にそこに在る。こんな話です、実際。細部をよく見ないといけません」[6]

脚注[編集]

  1. ^ A Bigger Splash: Luca Guadagnino Interview”. The Arts Shelf (2016年6月28日). 2016年9月15日閲覧。
  2. ^ WebMuseum
  3. ^ Hockney painting sells for £2.6m, BBC News, 22 June 2006
  4. ^ The Splash, Sotheby's, 21 June 2006
  5. ^ David Hockney, Paul Melia, Manchester University Press, 1995, 0-7190-4405-7
  6. ^ Tate: The archive twitter with David Hockney Archived March 3, 2016, at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]