とちぎ秋まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
とちぎ秋まつりの山車
とちぎ秋まつりの山車(万町一丁目)
とちぎ秋まつりの山車の人形(万町二丁目・関羽雲長)
山車の幕に施された飛龍の刺繍(万町二丁目)

とちぎ秋まつり(とちぎあきまつり)とは、栃木県栃木市で開催される山車を引き回す

概要[編集]

栃木市のメインストリートである蔵の街大通りを主会場に行われる。この祭は山王祭で引き回されていた「静御前の山車」(山王祭九番。江戸時代の山王祭の山車行列参照)や、宇都宮にあった「諫鼓鶏の山車」を明治7年(1874年)に栃木の商人が買い取り、栃木県庁で行われた神武祭で披露したことを起源とする。以来、各町が新たに三国志の人形の山車などを製作し、栃木で慶事がある都度にこれらの山車を市中で披露し、昭和12年(1937年)以降はほぼ5年毎に山車祭りが開かれるようになった。この山車祭りを主催事とし秋に隔年開催としたのが「とちぎ秋まつり」で、隔年11月の土曜・日曜に亘って2日間開かれる。

祭当日は本行事のために東京発着の臨時列車も運転され、他地域からの観光客も多く訪れる。

開催時期[編集]

  • 11月中旬2〜3日間(※2年に1度の開催である[注釈 1]

次回開催[編集]

開催場所[編集]

  • 蔵の街大通り(万町交番〜室町)
  • 銀座通り(倭町〜幸来橋

催し物[編集]

  • 栃木市内の各町が所有する山車・獅子頭などが蔵の街をねり歩く。

山車[編集]

以下は泉町の諫鼓鶏の山車と大町の武蔵坊弁慶の山車を除けば、いずれも鉾台型の山車である。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2006年以前は5年に1度の開催だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]