てだこまつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

てだこまつりは、沖縄県浦添市浦添運動公園及び、牧港漁港で行われるである。毎年7月ごろに行われる。また本番の前日には、同市の屋富祖大通りを歩行者天国にし、前夜祭が行われる。

浦添市を代表する祭であり、沖縄県内でも有数の大規模な祭であって、毎年、市の人口を上回る約15万人以上の人々が訪れる。第28回では花火ショーの前に市制35周年を記念して6300個の風船が参加者によって放たれた。

ちなみに「てだこ」とは、昔浦添が琉球王国首都であったときの「英祖王」の父が太陽であったという伝説があり、それにちなんで沖縄の方言で太陽を意味する「てだ」と、その太陽の子どもを意味する「こ」がくっつき「てだこ」といわれている。

沿革[編集]

始まりは1978年11月に「てだこの都市・浦添」づくりの一環として行われた「第1回てだこまつり」で、それ以来今日まで市を代表する祭として行われ続けている。なお1982年の第5回より7月に行われるようになり、また1997年の第20回より通商産業省電源地域産業育成支援補助事業として、「太鼓カーニバルinうらそえ」が祭初日に開催されている。

  • 1978年11月 第1回てだこまつり開催。
  • 1982年7月 第5回開催。開催月を11月から7月へ変更。
  • 1997年7月 第20回開催。太鼓カーニバルinうらそえの開催を始める。
  • 2003年7月19日、20日 第26回開催。
  • 2004年7月25日、26日 第27回開催。
  • 2005年7月23日、24日 第28回開催。
  • 2006年7月22日、23日 第29回開催。
  • 2007年7月21日、22日 第30回開催。
  • 2008年7月19日、20日 第31回開催。
  • 2009年7月18日、19日 第32回開催。
  • 2010年7月17日、18日 第33回開催。
  • 2011年7月23日、24日 第34回開催。
  • 2012年7月21日、22日 第35回開催。
  • 2013年7月27日、28日 第36回開催。
  • 2014年7月19日、20日 第37回開催。
  • 2015年7月18日、19日 第38回開催。[1]

日程[編集]

第30回の日程(毎年微妙に変わります)

  • 前夜祭
    • 屋富祖大通り・歩行者天国
  • 祭り1日目
    • 9:00~ サマーヤングフェスタ
    • 17:00~ ちびっ子エイサー
    • 17:30~ ゲストコンサート
    • 19:00~ てだこ火点火式、開会宣言、てだこレディ発表
    • 19:30~ 琉球三大王都まつり
    • 21:00~ 大花火ショー
  • 祭り2日目
    • 9:00~ 10人11脚走大会
    • 13:00~ サマーヤングフェスタ
    • 16:00~ ゲストコンサート
    • 17:00~ てだこ演舞まつり
    • 21:00~ 大花火ショー

アクセス[編集]

バス路線[編集]

臨時駐車場[編集]

  • 浦添市役所駐車場
  • 浦添てだこホール駐車場
  • 浦添市美術館駐車場
  • 浦添小学校・浦添中学校

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 浦添市ホームページ(2015年6月30日最終更新日)