つっこみ養成ギプス ナイス★ツッコミ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

つっこみ養成ギプス ナイス★ツッコミ』(つっこみようせいギプス ナイスツッコミ)は、企画・販売をナムコ(後の「バンダイナムコゲームス」)が行い、メトロが下請けとして制作した2002年7月12日に発売した体感アーケードゲームである。

概要[編集]

プレイヤーは漫才コンビのツッコミ役となって、人形相手に相槌を打ったりツッコミを入れたりして漫才を上手に進めていき、ノルマ達成をめざす。

ゲームのシステム[編集]

プレイヤーはまず漫才ネタの中から好きなものを選ぶ。ネタは20本(1週目が9本、2週目が6本、3週目が5本)あり、全て松竹芸能所属の9組の芸人による書き下ろしとなっている(ますだおかだのみ4本で、それ以外は2本ずつ)。ネタ選択後、画面でボケる相方のトークの間を読みつつ人形にアクションを加える。指示はテロップの色で表される。黒→何もしてはいけない。緑→ペダルを踏んで相槌をうつ。赤→人形を叩いてツッコム。ツッコミの種類は叩く部位に応じて変化し、後頭部では「やかましわ!」、おでこでは「わけわからんわ!」、胸では「なんでやねん!」と3種類(後述する「ノリツッコミ」も入れると4種類)あり、タイミング(「はやすぎ!」「はやっ!」「OK」「おそっ!」「おそすぎ!」とあり、最も良いのは「OK」)や内容(良い順に「イケてる」「ボチボチ」「それちゃう」「アカン!」となる)に応じて評価が変化、評価が良ければ観客が増える。ミス(突っ込むべきところで突っ込まない・明らかに間違ったタイミングで突っ込んだ等)をすれば相方に怒られ観客が20人減る。ツッコミの種類とタイミングの両方が完璧ならば「ナイスツッコミ」となり、観客が20人増える。ネタ終了の時点で観客をノルマ以上に増やせば1週勝ち抜きとなり次のステージに進める。3週勝ち抜くとゲームクリアとなる。

特殊なツッコミ[編集]

相槌やツッコミを正しくこなすごとにアイテムゲージが貯まり、一気に観客が増やせる「ツッコミアイテム」が手に入る。使う場合は後頭部と胸の2箇所を同時に叩く。アイテムはゲージを貯め続ければハリセン(15人)→たらい(35人)→斧(60人)→手榴弾(90人)→スタンガン(125人)と5段階にパワーアップしていく。なお、アイテムを使うと、そのボケに対しツッコミにどこを使ったらいいのかが分かる。

突っ込むべきところでペダルを踏んで相槌をうつと「ノリツッコミ」モードに入り、通常と違う掛け合いが楽しめる。一度乗ったボケをさらに乗ることはできない。また、ネタの最後のボケはノリツッコミできず、やろうとすると「いつまでやっとんねん!」とミス扱いになる。ノリツッコミでナイスツッコミが発生するボケはネタ1本につき原則として1箇所(ごく一部のネタは2箇所)存在する。

反響[編集]

目の付け所の斬新さからマスコミから多くの取材を受けたが、ドツキに対する人形の反応が悪く(叩いても感知されない事が度々あった)、あまり受けずに姿を消した。更に、一部番組では「ネタを完全に覚える事が高得点のカギ」という攻略法が紹介されており、実際にゲームに採用された芸人がゲームをやってみたが、タイミングが合っていてもミスとカウントされる事が多々有り、難易度が異常に高いというのも欠点だった。それに加え、ネタを覚えたとしても、どのタイミングでどのツッコミをするかは何度もプレイしてみなければ分からず、完全攻略には数多くのプレイが必要だった。また、ゲームセンターに多くの体感シミュレーションゲームは存在していたものの、本作をプレイする際には1人で機械につっこむ勇気が必要で、それを気にしてプレイしなかった人も多かった。さらに関西では名の知れている松竹芸人でも、全国的に無名の芸人のネタも収録されている。

登場する芸人[編集]

左から順にキャッチフレーズ・コンビ名・ネタのタイトル

  • 「日本一のホラ吹き漫才」横山たかしひろし 大金持ちのホラ吹き男(1週目) あぁ、つらいのぉ。(3週目)
  • 「毒針漫才師!」シンデレラエキスプレス シンプレ的社会問題(1週目) シンプレ的環境問題(3週目)
  • 「I am キロバトル」ますだおかだ 病院(1週目) DJ(2週目) 旅行(2週目) 心霊写真(3週目)
  • 「男二匹」TKO ロボット(1週目) ゲーム(2週目)
  • 「屁理屈バーリトゥーダー」ダックスープ 世の中、わけわからん(1週目) グルメ番組(2週目)
  • 「浪花の紅い爪」アメリカザリガニ カーチェイス(1週目) レストラン(3週目)
  • 「浪花の恋泥棒」Over Drive 喫茶店(1週目) 結婚相談所(3週目)
  • 「きびだんごボーイズ」オーケイ デート(1週目) プロポーズ(2週目)
  • 「モーレツ切り込み隊長」 オジンオズボーン 京都の女の子(1週目) 寿司屋(2週目)

外部リンク[編集]