つかまるのはごめん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
つかまるのはごめん
Dumb-Hounded
監督 テックス・アヴェリー
製作総指揮 フレッド・クインビー
出演者 ビル・トンプソン
フランク・グラハム
音楽 スコット・ブラッドリー
公開 アメリカ合衆国の旗 1943年3月20日
上映時間 7分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
前作 (今作が最初のシリーズ)
次作 アラスカの拳銃使い
テンプレートを表示

つかまるのはごめん』(原題:Dumb Hounded)は、アメリカ合衆国の映画会社、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)社に所属していたアニメーターのテックス・アヴェリーによる作品のひとつ。

スタッフ[編集]

内容[編集]

刑務所を脱獄したオオカミ(ド・ギャング)をドルーピー警察犬が追いかける。オオカミは全米各地から北極点、大都会とあちらこちらへ逃げ回るがことごとくドルーピーに発見されてしまう。最後はニューヨークにある高層ビルから自殺すると見せかけて落下し、脱出しようとするがドルーピーがビルの上から落とした大きな石に抑えられ御用となる。

この作品がドルーピーのデビュー作である。

登場するキャラクター[編集]

ドルーピー
声 - ビル・トンプソン
今回は警察犬役。後の作品と図柄がかなり異なっており、あごが垂れていて地面に擦れる程である。
オオカミ(ド・ギャング)
声 - フランク・グラハム
刑務所から脱獄。ビルの頂上から北極点まですばしっこく逃げ回るが、ドルーピーの敵ではなかった。

日本でのTV放映[編集]

トムとジェリー』の短編に挟まれ、「真ん中の作品」として放映されていた[要出典]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]