ちよだ (潜水艦救難艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ちよだ
JS Chiyoda(ASR-404) left front view at Kawasaki Heavy Industries Kobe Shipyard Novenber 11, 2017 01.jpg
基本情報
建造所 三井造船 玉野事業所
運用者  海上自衛隊
艦種 潜水艦救難艦
級名 ちよだ型潜水艦救難艦
前級 ちはや (潜水艦救難艦・2代)
次級 最新
建造費 508億円
母港 横須賀
所属 潜水艦隊第2潜水隊群
艦歴
計画 平成26年度計画
発注 2014年
起工 2015年10月13日
進水 2016年10月17日
就役 2018年3月20日
要目
基準排水量 5,600t
満載排水量 7,100t
全長 128.0 m
最大幅 20.0 m
深さ 9.0m
吃水 5.1m
機関 ディーゼルエンジン×2基
推進 可変ピッチ・プロペラ×2軸
速力 20ノット
搭載艇 ・深海救難艇(DSRV)×1隻・11メートル作業艇×2隻
・無人潜水装置 (ROV)
搭載機 ヘリコプター甲板のみ
レーダー 航海用×2基
その他 ・深海潜水装置 (DDS)
・大気圧潜水装置
・自動艦位保持装置 (DPS)
・潜水救難装置(DSRS)
テンプレートを表示

ちよだローマ字JS Chiyoda, ASR-404)は、海上自衛隊潜水艦救難艦。艦名は千代田城に由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては5代目である。

設計[編集]

老朽化していた潜水艦救難母艦「ちよだ」(56AS)の代替艦として建造された。設計面では、潜水艦救難艦「ちはや」(08ASR)の拡大型とされている。

外観上、ちはや(08ASR)とほぼ同じだが、マストは塔型に改められた。搭載のDSRVとROVはともに新型で、DSRVは1回の潜水で救難できる人数を「ちはや」搭載艇の12名から16名に増し、バッテリーを銀電池からリチウム・イオン電池に変更し、充電時間の短縮を図った。ROVは運動性・捜索能力などが格段に向上しており、従来DSRVが担当してきた遭難潜水艦の正確な状況確認が可能になっている。

能力[編集]

ちよだ(56AS)、ちはや(08ASR)と同様に、艦には潜水艦の乗員を救出するための深海救難艇 (Deep Submergence Rescue Vehicle, DSRV) に加え、新たに遠隔操作式の無人探査機 (Remotely Operated Vehicle,ROV) を含む潜水救難装置(DSRS)一式も装備される。救出後の対応のために潜水病治療用の再圧タンクを3基備える。

しかしながら、ちよだ(56AS)にはあった潜水艦への燃料、魚雷、真水などの補給や、潜水艦乗員のための宿泊・休養施設といった母艦機能は省かれている。

また、大規模災害が発生した際に、医療支援や被災者の生活支援、入浴支援の拠点としての使用を想定しているちよだ(56AS)/ちはや(08ASR)と同じくし、さらにその能力を強化するために手術用寝台2床と病床約10床が設置されている。

主機はちはや(08ASR)と同様のディーゼルであるが、燃料タンクを大型化して高速航行でも十分な航続距離を有し、救難海域等の目的地に早く着けるようになった。

深海救難艇 (DSRV)[編集]

本艦搭載艇である深海救難艇は平成26年度計画深海救難艇として2015年1月28日に起工、2017年9月4日に川崎重工業神戸工場第4船台前岸壁にて船舶や潜水艦の進水にあたる着水が行われ、防衛省や川崎重工の関係者計160人が臨席した。1999年8月の「ちはや」の救難艇以来18年ぶり3艇目の建造で、艤装と海上運転、搭載試験を経て2018年3月に就役[1]

救難艇は長さ12.4m、幅3.2m、高さ4.3m、排水量約45t、水中速力は4ktで、2人が操縦し、他10人以上が乗り込める。建造費は127億円。これまでの救難艇に比べ排水量(容積)を5t増やすことで、救出できる人数が増えた。推進機関は電気推進(主推進装置×1基、スラスタ装置×4基)、耐圧殻には円筒型の調質超高張力鋼を使用し、機体設計を従来機の三連球型から円筒型に変更することにより高水圧に耐えるようにした[2]

艦歴[編集]

「ちよだ」は、平成26年度概算予算要求に基づく平成26年度計画潜水艦救難艦として、三井造船玉野事業所で2015年10月13日に起工され、2016年10月17日に進水、2017年6月22日に公試開始、2018年3月20日に就役し[3]第2潜水隊群に直轄艦として編入され、横須賀に配備された。

2018年5月1日15時過ぎ、相模湾初島北方での個艦訓練の仮泊のため、静岡県伊東港沖に投錨中に、付近を航行中のプレジャーボートから男女5名が転落するのを乗組員が視認し、溺者救助のため同艦から作業艇を降ろし救助救難活動を実施した。

同年6月14日、自衛隊横須賀病院、横須賀米海軍病院と米海軍マーシー級病院船マーシー」等とともに日米衛生共同訓練を行った。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
艤装員長
- 布田英二 2016.10.17 - 2018.3.19 熊本商科大
39期幹候
潜水艦隊司令部 ちよだ艦長
艦長
1 布田英二 2018.3.20 - 熊本商科大
39期幹候
ちよだ艤装員長  

参考文献[編集]

  • 世界の艦船』2016年12月、第850号、海人社
  • 『世界の艦船』2017年1月、第851号、海人社
  • 『世界の艦船』2017年7月増刊、第862号、海人社
  • 『軍事研究』2016年12月、Japan Military Review

関連項目[編集]