MY HOME TOWN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
MY HOME TOWN
小田和正スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル Little Tokyo/ファンハウス
CD:FHCL-2001
プロデュース 小田和正
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 登場回数7回(オリコン)
小田和正 年表
sometime somewhere
1992年
MY HOME TOWN
1993年
LOOKING BACK
1996年
EANコード
ASIN B00005EJTG
JAN 4988027009342
『MY HOME TOWN』収録のシングル
テンプレートを表示

MY HOME TOWN』(マイ・ホームタウン)は、1993年10月27日にリリースされた、小田和正のソロとして5作目のオリジナルアルバム。発売元はファンハウス

解説[編集]

故郷を想うタイトルに沿って、ジャケット写真は根岸線山手駅で撮影された。前作『sometime somewhere』以来、1年10ヵ月ぶりのオリジナルアルバムであるが、この作品から次の『個人主義』まで、オリジナル・アルバムとしては6年半のブランクを要することになる。

収録曲[編集]

  • 全曲作詞・作曲・編曲:小田和正
  1. そのままの君が好き - (6:17)[1]
    アニメ映画『走れメロス』主題歌。
  2. またたく星に願いを - (5:28)[1]
    味の素ほんだし」CMソング。2000年のコンサートツアーから観客が両手を上に挙げて左右に振るパフォーマンス(これをワイパーと呼ぶ)があるほどの定番の曲[2][3]
  3. Come on - (4:56)[1]
  4. 渚ふたりで - (4:37)[1]
  5. 風の坂道 - (4:08)[1]
    シャープ液晶ビューカム」CMソング。
  6. だからブルーにならないで - (5:10)[1]
    三菱自動車ミラージュ・アスティ」CMソング。
  7. 今はきかない - (4:46)[1]
  8. それとも二人 - (5:11)[1]
  9. let me hold you baby - (4:29)[1]
  10. my home town - (6:04)[1]
    このアルバムのタイトル曲で、第一生命「パスポート5000」CMソング。同時にFM横浜が「ハマラジ」と呼称を変更した時のキャンペーンソングでもあった。小田が自身の故郷である横浜を歌ったもので、歌詞の中に根岸線が出てくる。また2008年12月からは京急本線金沢文庫駅の列車接近メロディにも採用された。小田のコンサートが横浜(主に横浜アリーナ)で行われた際のアンコールでは必ず歌われている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j MY HOME TOWN” (日本語). Amazon.co.jp. Amazon.com, Inc.. 2018年1月28日閲覧。
  2. ^ このパフォーマンスは、当時ツアーメンバーだった加藤いづみが考案した。
  3. ^ ほんだしのCMには、幼少期のえなりかずきが出演。CMのメインキャラクターは三田佳子。他に北村総一朗も出演。

外部リンク[編集]

SonyMusic