だいらんど

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

だいらんど』(DIELAND)は、がぁさんによる日本漫画作品。『ヤングキングアワーズ』(少年画報社)にて1998年6月号から1999年9月号にかけて連載された。単行本は大都社のハードコミックスから全1巻。

概要[編集]

オズの魔法使い』『青い鳥』『不思議の国のアリス』等をベースにしたオリジナル作品。作中にもこれらの童話のパロディが頻繁に登場する。作者が単行本のあとがきで「本当にやりたいネタ」をやらせてくれたアワーズ編集部に感謝の意を述べている。

あらすじ[編集]

冴えない中年ヤクザ・正は敵対勢力の要人暗殺に失敗し、夜の街を独り逃走。追っ手に囲まれて撃つか撃たれるかという最中、メルヘンな異世界「だいらんど」内の「お昼の国」に迷い込む。正は裏でこの様子を見て笑ってる奴がいると確信し、正をこの世界に連れてきた「夜の王様」に会いに、偶然命を救ったために懐かれたメリーアン姫とともに「夜の国」へと向かう。

だいらんどの設定[編集]

「昼の国(お昼の国)」、「大人の国」、「子供の国」、「動物の国」、「海の国」、「夜の国」の6つの国から成っており、次の国に進むためには「パスポート」を手にする必要がある。パスポートを持たずに国外に出ようとすると「お昼の国」に強制送還させられる。

それぞれの国は、入国者の子供の頃に形成された価値観を揺さぶったり、トラウマを刺激したりして、入国者を国民化させようとする。国民となった者は外見がディフォルメ化され、アニメのようなリアクションを取るようになり、それまでの記憶を失って国の一部として組み込まれてしまう。

主な登場人物[編集]

正(まさ)
本名:正雄。冴えない中年ヤクザ。36歳。
ジャック
「夜の王様の忠実な家来」を名乗る、下半身のないピエロの人形。各世界の紹介をしつつ、だいらんどに迷い込んだ者を「夜の国」にいざなう役目を担う。だいらんどの中で唯一、正を本名で呼ぶ。
メリーアン姫
「お昼の国」のひまわり城の王女。22歳。巨大ハンバーガーに押し潰されそうになっているところを正に助けられて以降、正に懐いている。ただし、正が最初自己紹介をするときにチンピラと名乗ったために、正の事を「チンピラ様」と呼ぶ。
ルーシー
「大人の国」の大統領補佐官を務めていた女性。正を気に入り、その後も帯同する。
夜の王様
「夜の国」に住み、だいらんど全体をつかさどる存在。彼に会うことができれば元の世界に帰れるとされている。

外部リンク[編集]