ただよび

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ただよび
公式サイト 公式ウェブサイト
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年
ジャンル 教育
登録者数 ベーシック文系21.8万人
ベーシック理系6.89万人
ビジネス2590人
教養419人
(2022年1月)
総再生回数 ベーシック文系34,483,682回
ベーシック理系7,193,966回
ビジネス111,780回
教養29,740回
(2022年1月)
関連人物 𠮷野敬介
森田鉄也
宗慶二
寺島よしき
チャンネル登録者数・総再生回数は
2021年3月12日時点。
テンプレートを表示

ただよび は、株式会社StuDeeplが運営する日本大学受験向けインターネット予備校(動画コンテンツ) の名称である。原則YouTube上で活動する[1]

概要[編集]

大学受験のための予備校の授業料を無料化を目的とする[注釈 1][1][2]。また、元講師の森田鉄也は、大学受験生に限らず誰でも無料で視聴が可能なことをメリットとしている。教育の無償化に加え、従来の予備校講師の固定観念に捉われない講師の発掘にも重視している。現状の予備校業界では、講座の特別感を出すためにベテランがより重宝され、反対に若手講師の活躍の場が狭まって収入面でも苦しい状況にあると指摘し、オーディション等で若手講師の「引き抜き」を考えているとのこと[3]

スマートフォンを用いてユビキタスな授業体制の整備を目標としており、短時間で内容を確認できるように動画は10分程度でまとめられている[1][2][4]。YouTubeから得られる広告収入のほか、教育への貢献というCSRの一環としてスポンサーになる企業からのタイアップ収入によって事業を成立させる見込みだという[1]

吉野敬介東進ハイスクールで講師を勤めていた際に「世の中、すべてが不平等な中でせめて大学に入るまでの教育は無償にできないか」、「都会と地方の教育環境の格差が大きい」と、保護者の収入や居住地域による教育の格差の是正を考えていた。一方で、森田はYouTuberとしても活動する中、公開授業などで地方へ赴いた際に詳細な受験情報が教職員にさえ行き届いていないと都会との情報格差を感じた[3][5]。吉野は以前から社長の慶長と交流があった株式会社レッドクイーンと、2019年からYouTubeでの講師活動について対談した。吉野と森田は2020年3月31日付で東進ハイスクールを辞職し、翌日から「ただよび」にて活動を始めた。

名称の由来[編集]

当初は名称を「YouTube予備校」と検討したが既出のため採用されず、広告制作者が「YouTubeや予備校というワードは、他のサイトがたくさんヒットしてしまうため検索ワードとして適していない」「濁音、半濁音を入れた名前は好まれる」「4文字がいい」との意見から「ただよび」に決定された。カタカナひらがなのどちらにするかについては、ひらがながやわらかいイメージを持つことや検索のし易さの点から決定された[6]

沿革[編集]

2020年[編集]

  • 4月1日 - インターネット予備校「ただよび」の設立を発表[7]
  • 4月6日 - 新型コロナウイルスの流行予防のため全国各地で高校が休校になる中でサービスを開始[2][4]
  • 10月1日 - ただよびオンラインストアが開店[8]
  • 10月9日 - 英語講師で設立関係者でもある森田鉄也が辞任[9]
  • 11月27日 - 英語講師の森田鉄也が辞任したため「NMB48 吉田朱里TOEIC試験チャレンジ企画」の企画及び企画の配信を中止[10]
  • 12月15日 - 講師陣の体制変更を行うことを発表。これは、先般の森田の辞任に伴い、一部講師においてコンプライアンスに抵触する行為が発覚したためであり、再発防止策として新たな顧問を招聘することを検討する[11]
  • 12月27日 - 出口汪の学びチャンネルにて、出口汪が顧問に就任することが発表された[12]

2021年[編集]

  • 1月1日 - 出口汪が顧問に就任したことを正式に発表[13]
  • 2月2日 - 今後の方針として「ただよびプレミアム(仮)」有料配信チャンネルの開始、学習参考書や問題集では水王舎と連携して「ただよびシリーズ」として書店で発売する予定が発表された[14][15]

ただよびベーシックとプレミアム構想[編集]

基礎固めの講座を配信するYouTubeチャンネルと並行して2021年4月より、有料配信チャンネル「ただよびプレミアム」がスタートした。有料配信チャンネルでは、応用内容・演習・過去問対策などの発展内容の授業を配信しており、「どのオンライン大学受験予備校よりも安く、誰でも志望校合格を目指せる社会を創る!」をコンセプトに日本全国の人気予備校講師による授業を受けられるように準備する予定であるとされる。現在、無料配信しているものは、「ただよびベーシック」となる。

種類 内容 発進媒体 費用
ただよび

ベーシック

基礎基本 YouTube 無料
ただよび

プレミアム

応用発展

演習等

公式サイト 有料

教科・講師[編集]

文系(文系チャンネル)[編集]

英語[編集]

国語[編集]

  • 宗慶二現代文) - 現代文チーフ。
  • 𠮷野敬介古文) - 設立関係者。元ヘッドマスター。
  • 朝倉吏(古文漢文
  • 出口汪(現代文・小論文) - 2021年1月1日付でただよび顧問に就任し、2021年5月1日より小論文の講師として参加。「STU48 瀧野由美子の大学受験チャレンジ企画」において、『勉強の仕方を指導する講座』を担当。

地理歴史・公民[編集]

  • 井上宏昭(地理
  • 田中結也(日本史
  • 矢﨑聖(日本史)
  • 鈴木悠介(世界史
  • 久保田幸平(世界史・政治経済)
  • miniいけ先生(公民)

理系(理系チャンネル)[編集]

数学[編集]

  • 髙瀬仁宏
  • 谷口貴仁
  • 鈴木真人
  • 岩崎達浩(情報科も担当)
  • 小俣和也
  • 石原正

理科[編集]

  • 飯泉摩美(物理
  • 若原周平(化学
  • 田中龍之介(生物
  • 佐藤雅巳(地学メインで理科全科担当)

過去に在籍していた講師[編集]

文系[編集]

  • 森田鉄也(英語) - 設立関係者、元英語科チーフ。2020年10月に一身上の都合により辞任[9]

理系[編集]

  • 永島豪(数学)- 2020年5月末より参加、元理数科チーフ。2020年8月末に一身上の都合により辞任[16]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 社長の慶長は「視聴者全員に奨学金を出すのと同じ」と表現している。

出典[編集]

  1. ^ a b c d 無料予備校「ただよび」、ユーチューブで開校…元東進カリスマ講師・吉野敬介氏が校長”. Business Journal. 2020年4月12日閲覧。
  2. ^ a b c ヤンキー先生からユーチューバー先生…吉野氏が独立”. 日刊スポーツ. 2020年4月7日閲覧。
  3. ^ a b 緊急事態宣言下の受験生に朗報「教育格差をなくしたい」カリスマ元予備校講師が始めた驚きのYouTube授業”. 週刊朝日オンライン. 2019年9月3日閲覧。
  4. ^ a b カリスマ“ヤンキー先生”の男気授業6日スタート 前代未聞の無料ユーチューブ予備校開設”. 東京スポーツ. 2020年4月7日閲覧。
  5. ^ 元暴走族のヤンキー先生がオンライン予備校「ただよび」でYouTubeへ殴り込み!完全無料で教育格差をぶっ壊す”. 週プレNEWS. 2019年9月3日閲覧。
  6. ^ ただよびWikipediaに載る”. YouTube. 2020年10月9日閲覧。
  7. ^ 元暴走族予備校講師 吉野敬介氏“無料予備校”をユーチューブで6日スタート”. スポーツニッポン新聞社. 2020年4月7日閲覧。
  8. ^ ただよびオンラインストア開店のお知らせ”. ただよび. 2021年2月3日閲覧。
  9. ^ a b ただよび英語科講師 森田鉄也氏の辞任について”. ただよび. 2020年10月9日閲覧。
  10. ^ 森田鉄也先生の辞任に伴う一部企画の終了のお知らせ”. ただよび. 2021年2月3日閲覧。
  11. ^ 講師陣の体制変更のお知らせ”. ただよび. 2020年12月31日閲覧。
  12. ^ モリテツ先生登場!~そして、重大発表!”. YouTube. YouTube. 2020年12月31日閲覧。
  13. ^ 出口 汪先生の「ただよび」顧問就任のお知らせ”. ただよび. 2021年1月2日閲覧。
  14. ^ 「ただよび」今後の方針について”. 2021年2月2日閲覧。
  15. ^ 【ただよびプレミアム・参考書問題集発表動画】”. YouTube. 2021年2月3日閲覧。
  16. ^ ただよび数学科講師 永島豪氏の辞任について”. ただよび. 2020年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]