太鼓

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
たいこから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
和太鼓(長胴太鼓)
ティンパニ

太鼓(たいこ)は、薄い膜を中空の枠(胴)に張り、それを自らのまたは枹(ばち)でたたいて音を出す打楽器の一種である。楽器分類学においては膜鳴楽器に含まれる。

歴史[編集]

太鼓は非常に古くから存在する楽器のひとつで、世界各地に広く分布し、地域によって特色ある太鼓が存在している。腹鼓という言葉に象徴されるように、人間の腹部を打って楽器とすることは世界中に広く見られ、やがてそれが太鼓に発展したと考えられている[1]。古代メソポタミア文明においてはすでに、大太鼓[2]やティンパニ型の鍋型太鼓[3]が存在していた。また太鼓は、笛と並んで古代から基本的構造がほとんど変わらなかった楽器である[4]。日本においても、群馬県伊勢崎市の天神山古墳から太鼓を打つ人物の埴輪が出土しており、古墳時代にはすでに太鼓が出現していたことが判明している[5]

構造[編集]

太鼓は世界に広く分布するが、基本構造として円形の開口部を持った堅い胴に薄い膜を張り、これを振動させて音を出すことが多い。ただし木鼓のように膜を持たず、中空の胴をそのまま叩いて楽器とするものも存在する[6]ペルーカホンも同様に、膜を持たず中空の胴をたたいて音を出す太鼓である。またブラジルクイーカのように、膜に垂直に棒を取り付け、それを擦ることで音を出すような特殊なものも存在する。

太鼓は胴と膜の枚数によって、うちわ太鼓のように円形の枠に1枚の膜を張るもの、筒状の胴の片側に膜を張るもの(片面太鼓)、筒状の胴の両側に膜を張るもの(両面太鼓)、ティンパニのように状の胴に膜を張るもの(鍋型太鼓)に分類される。

太鼓に張る膜は動物の皮などで作られていたが、技術の進歩により合成樹脂なども使用されるようになった[7]。膜を胴に張るには、膜の周囲にを通したり、あるいはで止める、ねじで締めるなどの方法がある。紐やねじで止めた場合、膜が緩んだ場合に締め直すことができるため調律が容易であり、鋲を打った場合は締め直しができないためあらかじめ限界まで強く締めてから膜を張るため、非常に堅牢に出来上がるのが特徴である[8]。太鼓はどの部分を叩いても同じ音が出るわけではなく、中心部を叩けば低い音が、胴に近い縁を叩くとより高い音が出る。太鼓の胴は主にまたは金属からなる。太鼓をたたく桴は1本のみ使用するものと2本使用するものがあり、またなどのように手でたたく太鼓も民族楽器を中心に多く存在している。また、桴の形状も太鼓の音に大きく影響する[9]。なお、特殊なものとしてでんでん太鼓のように楽器そのものを振り、紐でくくりつけられた玉で膜を打って音を出すものも存在する。

用途[編集]

ロシアブリヤート共和国において太鼓を持つシャーマン
ナイジェリアオスン州においてパレードに参加するドラマー

太鼓はそれ自体のみで音楽を演奏するほか、オーケストラブラスバンドなどの器楽合奏にも広く用いられ、またロックポップスジャズの演奏に複数のドラムとシンバルなどを組み合わせたドラムセットは欠かせないものである。オーケストラにおいては17世紀にティンパニが導入され構成楽器として確定した[10]ほか、必要に応じてバスドラムなどほかの楽器が構成に組み入れられる。歌舞伎においては下座音楽と呼ばれる効果音囃子において中心的に使用される[11]祭囃子盆踊りなどの祭礼芸能にも太鼓は多用される[12]宗教や芸能への太鼓の使用は日本のみならず、アジア諸国では広く見られる[13]

太鼓はその大きな音から、しばしば祭器として神事に使用されることがあった[14]。特にシャーマニズムにおいて太鼓は重要な役割を果たすことが多く、この場合シャーマンが太鼓をたたきながらトランス状態に入り神霊を呼び出す[15][16]。日本においては鉦や太鼓の音は異界にも届くものと考えられており、神隠しにあった子供を探す時などは、大きな音をさせて子供が気付きやすくすることと異界へ音を届けることの両面から、鉦や太鼓をにぎやかに叩いて捜索を行っていた[17]

太鼓は音が大きくよく通ることから、の指揮のために使用されることも多く、軍楽への使用も古代エジプトにまでさかのぼる[18]オスマン帝国は太鼓とズルナを中心とする軍楽隊を持ち、彼らの奏でるメフテルはヨーロッパ諸国の音楽にも大きな影響を与えた[19]。またヨーロッパ諸国は太鼓とによる鼓笛隊を組織して行進のために用いた。日本においても陣太鼓として近代以前の軍において広く使用された[20][21]

同様の理由で日本では時刻を告げるためにも使用された。戦国時代小田原城では太鼓で城中に時刻を知らせていたことが知られている[22]江戸時代においても、江戸城や各藩の城中においては時刻を伝えるための、いわゆる時の太鼓が使用されており、太鼓を置くための太鼓櫓は多くの城に設置されていた。民間においても太鼓は使用されていたが、音の伝わる範囲が狭いために寺院に設置されていた梵鐘に早々にとってかわられたところが多かった[23]

楽器として使用されるほか、西アフリカにおいては太鼓によって遠距離通信を行う、いわゆるトーキングドラムという使用法が広く行われていた[24]。これは音声言語の音調をなぞって太鼓を打ちメッセージを伝えるもので、ブルキナファソモシ人のように長大な歴史口承をトーキングドラムで行う民族も存在する[25]。ただし、こうしたトーキングドラムはいくつもの定型句からなっており、この定型句を知らないものは現地に長く居住していても太鼓の音の意味を理解することはできない。つまり、太鼓によって送っているものは厳密には言語というより符号であって、復号手法を身につけていないものは理解不能である。また、定型句以外のメッセージを自由に発信すると受け手はそれを言語化することができない。このため、トーキングドラムはあくまでも符号を送る手段に過ぎず、言葉を自由に「話す」ことはできないことに注意が必要である[26]

主な太鼓[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p55 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷
  2. ^ 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p149 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行 ISBN 978-4788714175
  3. ^ 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p142 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行 ISBN 978-4788714175
  4. ^ 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p152 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷
  5. ^ 「太鼓という楽器」p101-102 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行
  6. ^ 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p75 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷
  7. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  8. ^ 「太鼓という楽器」p100-101 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行
  9. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p38 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  10. ^ 「写真で分かる! 楽器の歴史 楽器学入門」p145 守重信郎 時事通信出版局 2015年9月30日発行 ISBN 978-4788714175
  11. ^ 「太鼓という楽器」p138-139 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行
  12. ^ 「太鼓という楽器」p138-139 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行
  13. ^ 「太鼓の文化誌」p11-12 山本宏子 青弓社 2017年12月30日第1刷
  14. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p189 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  15. ^ 「世界の民族楽器文化図鑑 大自然の音から、音を出す道具の誕生まで」p100 リュシー・ロー 別宮貞徳監訳 柊風舎 2013年12月15日第1刷
  16. ^ 「楽器概論」p18-19 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行
  17. ^ 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p202-205 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷
  18. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p66 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  19. ^ 「世界の楽器百科図鑑」p66 マックス・ウェイド=マシューズ 別宮貞徳監訳 東洋書林 2002年11月12日発行
  20. ^ 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p217-220 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷
  21. ^ 「太鼓という楽器」p133-135 小野美枝子編著 財団法人浅野太鼓文化研究所 2005年3月10日初版発行
  22. ^ 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p243 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷
  23. ^ 「中世の音・近世の音 鐘の音の結ぶ世界」p252 笹本正治 講談社学術文庫 2008年4月10日第1刷
  24. ^ 「楽器概論」p15 郡司すみ エイデル研究所 2009年4月30日初版発行
  25. ^ 『アフリカを知る事典』、平凡社、ISBN 4-582-12623-5 1989年2月6日 初版第1刷 p.259
  26. ^ 「アフリカ音楽の正体」p166-169 塚田健一 音楽之友社 2016年6月10日第1刷