それが大事

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
それが大事
大事MANブラザーズバンドシングル
初出アルバム『これも大事
B面 Autumn Avenueを君と
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ファンハウス
作詞・作曲 立川俊之
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1992年1月度月間1位(オリコン)
  • 1992年度年間4位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング71位
  • 大事MANブラザーズバンド シングル 年表
    何だっつんだSummer
    (1991年)
    それが大事
    (1991年)
    うたをうたおう
    1992年
    テンプレートを表示

    それが大事」(それがだいじ)は、大事MANブラザーズバンドの楽曲で、3枚目のシングルである。1991年8月25日に発売。

    概要[編集]

    最初はテレビ朝日系列で放送されていた『スポーツフロンティア』のエンディングテーマとして流され、この時はまだヒットするまでには至らなかったが、フジテレビ系『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』のテーマソングとして使用されるようになった後の1991年12月9日のチャートで17位にランクイン。翌週には5位入りを果たし、さらに翌週に2位、そして12月30日付のチャートで1位を獲得した。それから1992年1月27日付チャートまで連続して週間1位獲得し続け、トップ10には3月23日のチャートまでランクインし続けた。そして結果的にオリコン集計で160.3万枚の売り上げを記録した。

    1992年1月21日現在で出荷枚数が100万枚を突破(ファンハウス発表で104万3000枚)[1]し、累計売上は180万枚[2]

    なお、売れていた当時は、立川は「諸事情により、印税収入が全く入らなかった。」と後日語っている[3]

    収録曲[編集]

    • 全作詞・作曲:立川俊之
    1. それが大事
      編曲:大事MANブラザーズバンド&渡辺禎史
    2. Autumn Avenueを君と
      編曲:大事MANブラザーズバンド

    起用[編集]

    バージョン[編集]

    1. それが大事
      シングル「それが大事」
      アルバム「これも大事」
      ベストアルバム「SUPER BEST 2000」、「BEST SINGLES」、「GOLDEN☆BEST 大事MANブラザーズバンド」
    2. それが大事2007
      アルバム「DAY BY DAY」(「立川俊之」名義のソロアルバム)
    3. それが大事〜完全版〜
      シングル「君は想い出にならない / それが大事〜完全版〜」(「大事MANブラザーズオーケストラ」名義のシングル)
    4. それが大事〜Acoustic Edition〜
      アルバム「Restart From The Basic」(「立川俊之」名義のソロアルバム)
    5. それが大事〜Animal rights〜
    6. それが大事2016
      アルバム「喜楽人生」(「大事MANブラザーズ 立川俊之」名義のソロアルバム)

    カバー[編集]

    • 1992年10月、香港の歌手、ハッケン・リー(李克勤)が、「それが大事」を「紅日」というタイトルで、広東語でカバーしている。広東語版の作詞は李克勤本人が担当、中国語版の作詞は易家揚が担当。『寶麗金20世紀光輝印記』に収録。
    • 2006年7月、立川俊之が全面プロデュースした女性シンガーAllieの2ndアルバム『20th』内でカバー。
    • 2009年5月、松崎しげるがアルバム『Yes We Can!!』内でカバー。
    • 2010年10月、アイドルグループVe.ナースが『Ve.ナースヴァージョン』としてカバー。
    • 2011年6月、川嶋あいがアルバム『My Favorite Songs 〜WING〜』内でカバー。
    • 2012年1月、沼倉愛美原由実浅倉杏美ラジオ大阪の番組『THE IDOLM@STER STATION!!!』のコーナーの1つ「歌姫楽園2012」でカバーした。楽曲は2012年2月発売のアルバム『THE IDOLM@STER STATION!!! Nouvelle Vague』に収録。
    • 2015年11月、上述の『北斗の拳 イチゴ味』のテレビアニメ内で使用。歌はサウザー(銀河万丈)、シュウ(諏訪部順一)、シン(森川智之)、レイ(鳥海浩輔)、ユダ(谷山紀章)の5名が担当した。
    • 2017年5月、鬼龍院翔ゴールデンボンバー)がアルバム『オニカバー90's』内でカバー。

    脚注[編集]

    1. ^ 「埼玉のサザンが100万枚の一大事」『日経流通新聞』1992年2月4日付、23頁。
    2. ^ 「[あの人は]元・ロックンロールバンド「横浜銀蠅」リーダーの嵐ヨシユキさん」読売新聞1995年10月27日東京夕刊、5面。
    3. ^ TBS系音楽番組『うたばん』2010年1月26日放送分[出典無効]

    関連項目[編集]