それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アンパンマン > それいけ!アンパンマン > それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル
えいが それいけ!アンパンマン
ドロリンとバケ〜るカーニバル
監督 矢野博之
脚本 葛原秀治
原作 やなせたかし
出演者 戸田恵子
中尾隆聖
北川景子
DAIGO
ジャングルポケット斉藤慎二・おたけ・太田博久)
長沢美樹
音楽 いずみたく
近藤浩章
配給 東京テアトル
公開 日本の旗 2022年6月24日
上映時間 62分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国
テンプレートを表示

それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ〜るカーニバル』は、2022年6月24日公開[1]日本アニメ映画。『それいけ!アンパンマン』映画シリーズ通算第33作。

概要[ソースを編集]

オバケたちの街「オバケタウン」を舞台に、変身が苦手なオバケのドロリンとアンパンマンたちの大冒険を描く。

ゲスト声優として、女優の北川景子[2]と、お笑いトリオのジャングルポケット斉藤慎二・おたけ・太田博久)[3]が出演する。北川はドロリン役を、斉藤はオバケタウンの町長役を、おたけと太田は側近役をそれぞれ演じる。ジャングルポケットの配役については出演が発表された時点では未確定だったが、後にアンパンマン映画では異例の試みとして開催されたオーディションにより正式に決定した[4]。その後、北川の夫でミュージシャンDAIGO[5]の出演も発表された。

定番となっている、敵の能力で何かに変身させられてしまう展開が本作にはなかった。『よみがえれ バナナ島』(2012年公開)や『とばせ! 希望のハンカチ』(2013年公開)のように、一部のキャラクターが氷漬け、石化となってしまう。

また、以前映画に登場したことのあるキャラクターデザインも見られる(夢猫、グリンガー、ちびごん、ドロンコ魔王など)。

あらすじ[ソースを編集]

アンパンマンたちの下へ一通の手紙が届く。それは、オバケたちが住む街「オバケタウン」で開催される楽しく華やかな祭り「バケールカーニバル」の招待状だった。

変身が得意なオバケたちが様々なものに変身し人々を笑顔にするバケールカーニバル。しかし、変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンは心から祭りを楽しむことができず孤立してしまう。クリームパンダと出会ったドロリンは、衝突を繰り返しながらも少しずつ絆を深め合っていく。

ある時彼らは世界一の変身パワーを秘めた「まっくろマント」を探しに「おぞましの森」へ向かう。ところが、マントの力でカーニバルを台無しにしようとばいきんまんが大暴れする。

アンパンマンやドロリンたちは、ばいきんまんからオバケタウンを守ることができるのか。

登場キャラクター(キャスト)[ソースを編集]

詳細はアンパンマンの登場人物一覧を参照。

レギュラーキャラクター[ソースを編集]

アンパンマン
声 - 戸田恵子
ばいきんまん
声 - 中尾隆聖
「まっくろマント」の力でまっくろ魔王や氷の女王などに変身する。
ジャムおじさん
声 - 山寺宏一
バタコさん
声 - 佐久間レイ
めいけんチーズ
声 - 山寺宏一
ドキンちゃん
声 - 冨永みーな
ホラーマン
声 - 矢尾一樹
自身のキャラソン『ホラーマンメチャクチャチャ』を作中で歌う。『とべ! とべ! ちびごん』(1991年公開)のように、出番が多い。
しょくぱんまん
声 - 島本須美
カレーパンマン
声 - 柳沢三千代
メロンパンナ
声 - かないみか
ロールパンナ
声 - 冨永みーな
クリームパンダ
声 - 長沢美樹
「ルビー」「プルン」「魔法のランプ」に続いてメインとなっている。

その他の登場キャラクター[ソースを編集]

コキンちゃん
声 - 平野綾
今作では胸にKがかたどった青いTシャツを着ている。
シドロ&モドロ
声 - ドリーミング[注 1]
みみせんせい
声 - 滝沢ロコ
ちびぞうくん
声 - 坂本千夏
カバオくん
声 - 山寺宏一
ピョン吉
声 - 原えりこ
ウサ子
声 - 中村ひろみ
ネコ美
声 - 宮本侑芽
クマ太
声 - 鈴木琢磨
ブタ男

ゲストキャラクター[ソースを編集]

ドロリン
声 - 北川景子[2]
オバケタウンの、変身が苦手なオバケの男の子。クリームパンダと出会い仲が悪いながらも少しずつ絆を深めていく。
オバケタウンの町長
声 - 斉藤慎二ジャングルポケット[4]
側近A
声 - おたけ(ジャングルポケット)[4]
側近B
声 - 太田博久(ジャングルポケット)[4]
変身が大好きなオバケタウンの3人組。「バケールカーニバル」を盛り上げる。
まっくろ魔王
声 - DAIGO[5]
何にでも変身できる「まっくろマント」を身に纏った悪いオバケ。かつてオバケタウンを襲撃したが、現在ではマントのみが残っていて、封印されている。容姿はどことなく「メコイスの大魔王」に似ている。
グリンガ
ハピーの大冒険』(2005年公開)に登場した芋虫の悪役。本作はドロリンがイタズラで使ったおもちゃとして登場。
バイキン氷の女王
「まっくろマント」の力で氷の女王に変身したばいきんまん。口から氷の息を吐く。氷の息を浴びられたオバケたちは凍ってしまった。
バイキンすなおとこ
氷の女王に続いて、ばいきんまんが変身したキャラクター。テレビ版では、すなおとこに「変装」したことがある。身体がやわらかく、正々堂々と戦わず、攻撃を避けることもできる。また、砂笛を吹くことで砂嵐を起こすことができる。
バイキン化石の魔王
すなおとこに続いて、ばいきんまんが変身したキャラクター。化石の息で、カレーパンマン、しょくぱんまん、メロンパンナを化石にした。
バイキンドロンコ魔王
化石の魔王に続いて、ばいきんまんが変身したキャラクター。ホラーマンは、テレビ版『アンパンマンとどろんこ魔王』で初めて対面したため、今度はドロンコ魔王に変身したのだとわかった。泥の特殊攻撃ではなく、『キラキラ星の涙』(1989年公開)に登場したように、触手でアンパンマンたちを弾き飛ばそうとした。また、テレビ版『アンパンマンとどろんこ魔王』に登場したように、恐怖のシーンは殆ど見られなくなっている。
バイキンまっくろ魔王
ばいきんまんが、元気百倍アンパンマンに対抗するために、変身したキャラクター。黒い光線でアンパンマンを倒そうとするも、まっくろマントを掃除機に変身したオバケたちに吸い込まれそうになり苦戦する。その隙にアンパンチを喰らい、ばいきんまんは元の姿となって逃走した。容姿は『ばいきんまんの逆襲』(1990年公開)に登場した「バイキン大魔王」に似ている。
ヒヤリのゆうれい
おばけねこ
おばけコウモリ
おばけナマズ
おばけの木

用語[ソースを編集]

オバケタウン
バケールカーニバル
まっくろマント
おぞましの森

バイキンメカ[ソースを編集]

バイキンUFO
バイコング3号

スタッフ[ソースを編集]

楽曲[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[脚注の使い方]

注釈[ソースを編集]

  1. ^ 姉・寺田千代の1人2役。

出典[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]