そっちこそどうなんだ主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

そっちこそどうなんだ主義(そっちこそどうなんだしゅぎ、英語: Whataboutism[1]冷戦時期においてソビエト連邦(ソ連)が対西側諸国で使用したプロパガンダの手法英語版。ソ連が批判されたとき、その返事が「(西側諸国における事件を挙げて)~こそどうなんだ?」(: What about...)になることから名づけられた[2][3]。いわゆるお前だって論法英語版[4]、つまり相手の論点に直接反論せず、相手の言動が主張と矛盾していると指摘して相手の論点の信用をなくそうとする論理的誤謬の一種である。

「Whataboutism」という語は2008年にエドワード・ルーカス英語版エコノミストではじめて使用した。ルーカスによると、この手法はソ連崩壊後のロシアで見られ、ロシアの指導者の間に冷戦とソ連時代のメンタリティが復活した証拠である[2]

また、Whatabouteryというほぼ同じ意味の用語が北アイルランド問題の時期にイギリスで使われた[5]

概要[編集]

ジ・アトランティック英語版の報道によると、そっちこそどうなんだ主義の早期における例の1つは1947年におきた。当時、アメリカ合衆国商務長官ウィリアム・アヴェレル・ハリマンは演説で「ソ連帝国主義」を批判したが、イリヤ・エレンブルグプラウダでアメリカの種族と社会的少数者に関する法律と政策を批判し、ソ連はそれらを「人類の尊厳を侵害している」ものとして扱うが、戦争を起こす口実としては使わないとした[4]

冷戦が終結すると、この手法もあまり見られなくなったが、ソ連崩壊後のロシアでは人権侵害などの批判に対して再び使われるようになった[2]ガーディアンの記者ミリアム・エルダー英語版ウラジーミル・プーチン大統領の報道官ドミトリー・ペスコフがこの手法を多用し、多くの人権侵害の批判に対する返答はついぞ行われなかったとコメントした。例えば、エルダーがモスクワドライクリーニングをすることの困難さについて記事を書くと、ペスコフはロシア人がイギリスへ行くための査証発行の困難さをもって返答した[6]。2012年7月、RIAノーボスチのコラムニストであるコンスタンティン・フォン・エッゲルト(Konstantin von Eggert)はロシアとアメリカが中東で異なる政府を支持したとき、そっちこそどうなんだ主義の手法を使用したことについて、記事を書いた[7]

そっちこそどうなんだ主義の使用はどんな民族や信仰の人でも見られるが、エコノミストの報道によると、ロシア人はこの手法を多用した。同じ報道ではそっちこそどうなんだ主義への対抗法が2つ紹介された。1つはロシアの指導者の言葉を反論に使うことで反論を西側諸国に転用させないことであり、もう1つは西側諸国が自らのメディアと政府にもっと自己批判をすることである[2]

この用語はロシアによるクリミア・セヴァストポリの編入およびロシアによるウクライナへの軍事介入英語版により再び注目を受けた[8][9]。またアゼルバイジャンに対しても使われたが、これは人権記録を批判されたことに対しアゼルバイジャン国会はアメリカの問題に関する公聴会を開くことで応じたためである[10]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本語名の出典:John Lubbock; Yuko Aoyagi (2015年7月18日). “「嘆きの時」を未来の糧に:米国史上最大の奴隷オークション”. 2017年4月11日閲覧。
  2. ^ a b c d Staff writer (2008年1月31日). “Whataboutism”. The Economist. http://www.economist.com/node/10598774 2012年5月16日閲覧。 
  3. ^ Staff writer (2008年12月11日). “The West is in danger of losing its moral authority”. European Voice. http://www.politico.eu/article/the-west-is-in-danger-of-losing-its-moral-authority/ 2012年5月16日閲覧。 
  4. ^ a b Khazan, Olga (2013年8月2日). “The Soviet-Era Strategy That Explains What Russia Is Doing With Snowden”. The Atlantic. https://www.theatlantic.com/international/archive/2013/08/the-soviet-era-strategy-that-explains-what-russia-is-doing-with-snowden/278314/ 2015年7月7日閲覧。 
  5. ^ Ian Linden (2014年3月19日). “In Defence of ‘Whataboutery’”. The Huffington Post. http://www.huffingtonpost.co.uk/ian-linden/northern-ireland-whataboutery_b_4992638.html 2016年9月28日閲覧。 
  6. ^ Elder, Miriam (2012年4月26日). “Want a response from Putin's office? Russia's dry-cleaning is just the ticket”. The Guardian. https://www.theguardian.com/world/2012/apr/26/russia-abuses-bureaucracy-putin-drycleaning 2012年5月16日閲覧。 
  7. ^ von Eggert, Konstantin (2012年7月25日). “Due West: 'Whataboutism' Is Back - and Thriving”. RIA Novosti. http://en.rian.ru/columnists/20120725/174777687.html 
  8. ^ The Long History of Russian Whataboutism”. Slate.com (2014年3月21日). 2014年11月17日閲覧。
  9. ^ Drezner, Daniel (2014年8月20日). “Ferguson, whataboutism and American soft power”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/posteverything/wp/2014/08/20/ferguson-whataboutism-and-american-soft-power/ 2014年11月17日閲覧。 
  10. ^ Azerbaijan Concerned About Human Rights -- In The United States.”. RFERL (2015年1月16日). 2017年4月11日閲覧。