せち焼き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

せち焼き(せちやき)は、溶き卵焼きそばを固めた料理。せちそばとも呼ばれる。和歌山県御坊市ご当地グルメである。

歴史[編集]

御坊市のお好み焼き店「やました」の初代店主である山下夏子が、1960年頃に考案した。山下は当時の来店客から「焼きそばを卵でせちごうてくれ」という注文を受けた。「せちがう」は御坊弁で「無茶苦茶にする、いじめる」の意であるところ、山下はそのような注文にどう応えるべきか試行錯誤し、焼きそばを溶き卵でお好み焼き状に固めたものを提供した。これがせち焼きの始まりである[1][2]

2011年9月に「やました」が「せち焼き」を商標登録した[1]。それにもかかわらず2012年頃から大阪府のお好み焼き店が「せち焼き」の提供を開始したため、商標権侵害を理由とする訴訟が提起されたが、2016年に和解が成立した[3]

特徴[編集]

キャベツ魚介が入った焼きそばを作り、焼きそばの上から卵を割り入れ、かき混ぜ、卵が半熟になりある程度固まるまで火を通す。お好み焼き同様にソースマヨネーズ鰹節青のりで調味して食するが、小麦粉は使われていないため、お好み焼きとは味・食感が異なる。食べている途中でも卵に火が通っていくため、半熟から固焼きに食感が変化していくのを楽しむことができる[2]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 「せち焼き」について”. 「やました」公式ウェブサイト. せち焼き やました. 2017年8月8日閲覧。
  2. ^ a b 金居達朗 (2017年5月16日). “和歌山)御坊名物せち焼きって? 名前は地元の方言から”. 朝日新聞デジタル. オリジナル2017年5月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170528184128/http://www.asahi.com/articles/ASK5F61DWK5FPXLB00F.html 2017年8月7日閲覧。 
  3. ^ “和歌山)御坊名物せち焼きって? 名前は地元の方言から”. 産経WEST. (2016年2月2日). オリジナル2017年6月6日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20170606100510/http://www.sankei.com/west/news/160202/wst1602020040-n1.html 2017年8月7日閲覧。 

外部リンク[編集]