すずめのたまご

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

すずめのたまごとは、駄菓子のひとつ。九州など西日本で食されている。

体裁は中にピーナツが入っていて周りを醤油ベースのピリ甘辛い味付けでコーティングしたもので、明治期からあったともいわれる。

駄菓子屋の店先で大きな瓶に入れられて量り売りされ、昭和初期には1銭で数十個、昭和40年前後には2個1円で販売されていた。30年ほど前より袋入りが流通している。

原材料[編集]

落花生寒梅粉小麦粉砂糖醤油食塩海苔など

主な製造メーカー[編集]