すしらーめん《りく》

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すしらーめん《りく》
人物
生誕 (1999-05-30) 1999年5月30日(18歳)[1][2]
居住地 東京都の旗 東京都[2]
YouTube
チャンネルID UCljYHFazflmGaDr5Lo90KmA
活動期間 2013 - [3]
ジャンル 実験 検証
登録者数 180万人[3]
総再生回数 331,488,050回[3]
事務所(MCN) UUUM
チャンネル登録者数、総再生回数は2017年8月27日時点。
テンプレートを表示

すしらーめん《りく》1999年5月30日[1][2] - )は、日本YouTuberUUUM所属[4]。「銀の再生ボタン」[5][6]と「金の再生ボタン」を所有している。

来歴[編集]

YouTubeへの投稿を始めたきっかけは、中学2年生の時、友人とスイカに輪ゴムを大量に巻き付けて爆発させようとしていたところ、ちょうど友人がスイカを覗き込んだ瞬間にスイカが爆発し、その時に撮影していた映像が面白かったのでYouTubeに投稿したこと[7][8]

名前の由来は好きな食べ物[9][10]。中学時代は「すしらーめんりく」というグループで活動していた。卒業後、他の仲間とは別々の高校に通うこととなり単身での活動となるが、引き続き同じ名称を名乗り続けている[9]。仲間とは卒業後も仲が良いが、学校より動画の配信を禁止されているため、時々助手としてモザイク処理を施して出演してもらっているという[11]

2013年10月23日に、メインチャンネルである現在の「すしらーめん《りく》」を開設[3]し、その後は実験系の動画を投稿し続けた。2015年5月21日にはサブチャンネルとして「すしりく《サブチャンネル》」を開設した[12]

防具を付けてボクサーにパンチされたら痛いかを検証する動画の人気をきっかけに、登録ユーザーは20万人超まで増えた[9]。なお、同動画は2017年6月の時点で280万再生を突破している[9]

カメラはキヤノンのiVIS HF G20を主に使用[13]

ドッキリ動画が多数あり愛犬「ウェーブ」や祖母などに仕掛けることが多い

動画を撮る際にはまず自分が楽しむことを心がけているという[14]。多い時には週4日動画を投稿することがあるが、学業があるため毎日は投稿していない[15]。本格的にYouTuberになろうと思ったきっかけはアバンティーズだという[10]。そのアバンティーズとは2016年にペットボトル100本を用いた動画でコラボを果たしている[10][13]。同年に公開された炎炎ノ消防隊のコラボ動画では水溜りボンドらと共演した[16][17]

YouTubeで開設しているチャンネルの登録ユーザーは160万人を超えている[3]

2017年6月24日、自身のツイッターで短時期活動休止を発表[18]

メディア[編集]

2016年9月30日には、メディアソフト社から出版された『Future Creator magazine』の表紙を飾っている[19][20]2017年1月28日には「U-FES.TOUR Final in Tokyo」に参加[21]。後にその事を報じためざましテレビの「OH!めざめエンタNOW」にてはじめしゃちょーHIKAKINらと共に人気YouTuberとして紹介された[22]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b すしらーめん≪りく≫ (2016年6月10日). プリンを一気にプッチンする動画【誕生日ありがとう!】 (インターネット番組). YouTube.. 該当時間: 0分09秒. https://www.youtube.com/watch?v=hEPso0vwbXo 
  2. ^ a b c 『Star Creators! YouTuberの本』第5巻
  3. ^ a b c d e 概要”. YouTube. 2017年7月11日閲覧。
  4. ^ 根岸達朗 (2015年8月21日). “自分に合ったアプリを簡単に見つける! など、新人YouTuberのフレッシュな動画5本”. 日経トレンディネット (日経BP). オリジナル2017年3月8日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170308145431/http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150821/1066062/ 2017年3月8日閲覧。 
  5. ^ すしらーめん《りく》による2016年9月24日のツイート2017年3月8日閲覧。
  6. ^ Kikka (2016年9月24日). “チャンネル登録者数10万人で「銀の再生ボタン」! 人気YouTuberに贈られる記念品がカッコいい”. ねとらぼ (ITmedia). オリジナル2017年6月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170628013224/http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1609/24/news034.html 2017年3月8日閲覧。 
  7. ^ すしらーめん≪りく≫他 (2016年6月6日). 【質問コーナー】夢は宇宙で◯◯!? すしらーめん《りく》さんへ10の質問! (インターネット番組). UUUM.. 該当時間: 1分19秒. https://www.youtube.com/watch?v=0RNOhaLpl-U&t=79s 
  8. ^ 『Star Creators! YouTuberの本 May 2016』
  9. ^ a b c d 『Future Creator magazine』 p.9
  10. ^ a b c 『Creator Channel』第5巻
  11. ^ 『Creator Channel』第3巻 p.54
  12. ^ 概要”. YouTube. 2017年3月7日閲覧。
  13. ^ a b 『Creator Channel』第3巻 p.53
  14. ^ 『YouTuberマガジン』
  15. ^ 『Creator Channel』第3巻 p.55
  16. ^ 「炎炎ノ消防隊×水溜りボンド×すしらーめん《りく》」、『YouTuberマガジン』第2巻 pp.42-46
  17. ^ マガメガ MAGAMEGA 炎炎ノ消防隊”. 講談社 (2016年7月6日). 2017年4月10日閲覧。
  18. ^ すしらーめん《りく》による2017年6月24日のツイート2017年7月4日閲覧。
  19. ^ 『Future Creator magazine』
  20. ^ 『Future Creator magazine』にUUUM所属クリエイターが掲載されました!”. UUUM (2016年10月7日). 2017年3月14日閲覧。
  21. ^ 東京 U-FES.TOUR Final in Tokyo 開催概要”. UUUM/TOKYO-MX (2016年7月6日). 2017年4月10日閲覧。
  22. ^ "OH!めざめエンタNOW". めざましテレビ. フジテレビ系列. フジテレビ. 2017年1月30日放送. 2017年4月12日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]