すごい論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すごい論
SUGOIRON
メンバー 岡田萌枝
寺田友葉
結成年 2013年
解散年 2020年
事務所 吉本興業
活動時期 2013年5月 - 2016年6月
2017年11月 - 2020年9月
出身 NSC東京校17期
出会い NSC同期
現在の活動状況 解散(それぞれピンで活動)
芸種 漫才
ネタ作成者 両者
同期 空気階段ラフレクラン侍スライスオズワルドくらげなど
公式サイト すごい論 岡田萌枝の『ターン』
受賞歴
第三回楽笑杯優勝
テンプレートを表示

すごい論(すごいろん)は、吉本興業にエージェント契約で在籍するお笑いコンビ2013年結成。2016年6月解散。2017年11月に再結成するも、2020年9月に再解散した。

メンバー[編集]

  • 岡田 萌枝(おかだ もえ、1987年10月16日 - )
    ツッコミ担当。広島県広島市出身。A型。
    趣味は将棋[1]
    ゴスペル部に所属していたことがあり声量がある[2]
    本当は美術部に入りたかったのだが、通っていた高校に美術部が無く、友達のいるゴスペル部に入部した。

来歴・芸風[編集]

NSC東京校17期生で同期生。ピンでの活動に行き詰まりを感じていた岡田に寺田が結成のアドバイスを送ったことがきっかけで結成[3]

スローテンポで不思議な世界を展開するファンタジー漫才[4]

おぎやはぎと言われる[5]

コンビ名は、まず「論」という言葉が浮かんで、これにしょうもない言葉を付けたら馬鹿みたいなコンビ名になるということになり、岡田が「すごい」という言葉を選んで名付けた[3]

2016年5月25日に、6月いっぱいで解散することを発表。解散後はそれぞれピンで活動していくが、喧嘩別れではなく、これからもユニットを組んでネタを披露することもあるかもしれないとのこと[6][7]2017年11月1日に再結成を発表したが、2020年9月いっぱいで再解散。

2020年2月より吉本興業とエージェント契約を交わすフリーランスという扱いになっており、再解散後もそれぞれピンで契約を継続する。

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

出典[編集]

  1. ^ すごい論 岡田萌枝 twitter 2013年6月19日(2015年5月15日閲覧)
  2. ^ 2015年6月16日放送 日本テレビ 今夜くらべてみました”. ワイヤーアクション (2015年6月16日). 2016年5月15日閲覧。
  3. ^ a b すごい論 寺田友葉”. 馬鹿よ貴方は 新道竜巳の「女芸人研究室」 (2016年5月10日). 2016年5月25日閲覧。
  4. ^ 【スローテンポなファンタジー漫才】すごい論とは”. ワイヤーアクション (2015年6月16日). 2016年5月15日閲覧。[リンク切れ]
  5. ^ 色っぽすぎるREINA&なぜか胸を揉む岡田萌枝...個性派女芸人がセクシーショットで話題に”. ウートピ (2016年3月1日). 2016年5月15日閲覧。
  6. ^ すごい論 岡田萌枝 twitter(2016年5月25日)(2016年5月26日閲覧)
  7. ^ \すごい論/\ともは/ twitter(2016年5月25日)(2016年5月26日閲覧)

外部リンク[編集]