SCA-自

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
すかぢから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
すかぢ
SCA-自
プロフィール
生誕 12月20日
日本の旗 日本東京都小平市
所属 ムーンフェイズ株式会社
公式サイト 39computer
代表作
アダルトゲーム こちらを参照
テンプレートを表示

SCA-自(すかぢ、男性、12月20日 - )は、日本ゲームクリエイターシナリオライター原画家。ゲーム制作会社ムーンフェイズ株式会社代表取締役を務めている。ケロQの総統括でもある。東京都小平市出身、千葉県育ち。名前の由来はScatolo自殺の略字[1][2]

経歴[編集]

漫画好きの少年時代を送り、中学生の時円英智の漫画『ロマンシア』に影響を受ける。高校時代は美術部に所属したが、当時の顧問はRCサクセションぼくの好きな先生』のモデルとなった美術教師だった[3]

高校生の時『不思議の海のナディア』などのアダルト漫画同人誌を執筆する同人作家として活動し、大学卒業後就職も出来ずにいた所、にのみー隊長ら同人仲間に誘われて有限会社ケロキュウ発足メンバーとなり、『終ノ空』の企画を立ち上げシナリオ・原画を担当しプロデビューを果たす。この後ケロキュウの代表取締役となり、ケロQのほぼ全作品の企画・プロデュース・シナリオ・原画を手掛け現在に至る。

人物[編集]

ケロQのリリースするアダルトゲームの世界観の主たる構成者である。

一時期戦後ヤクザについて調べたり、定期的にアウトローな書物を読んだりするため、作風に物騒な雰囲気が見受けられる。薬理凶室などの危ない科学を好む。[4]

イラストは、比較的細身な少女を描くことが多い一方で、筋骨隆々の男性を描くことも間々ある。また、人物以外に小物類(銃や剣などの武器類など)も度々描くほか、レースやプリーツの多い絵を描くことも多い。元気なキャラ、暴れているキャラが好みで、おしとやかなタイプのキャラは苦手。そのタイプを得意とする基4%に任せている。

ラフイラストに於いては、一本線を描かずにデッサン風な描画をすることも、特徴の一つである。

主な業績[編集]

ケロQ[編集]

[編集]

ANIPLEX.EXE[編集]

画集[編集]

  • works SCA自 illustrations

漫画脚本[編集]

上記の単行本には、本人によるショートコミックも掲載されている。(ただし「えびてん3巻」は未掲載)

小説[編集]

参考文献[編集]

  • カラフルピュアガール、2002年10月号「美少女絵師列伝、SCA-自の章」、ビブロス刊。同誌でコラムの連載も行っていた。

脚注[編集]

  1. ^ https://twitter.com/SCA_DI/status/366909320643887105
  2. ^ https://twitter.com/SCA_DI/status/366933435769561089
  3. ^ 2010/12/16 twitter
  4. ^ https://twitter.com/sca_di/status/1269879932273848320” (日本語). Twitter. 2020年7月27日閲覧。
  5. ^ サクラノ刻”. 枕. 2020年6月7日閲覧。
  6. ^ ATRI -My Dear Moments-”. ANIPLEX.EXE. 2020年6月7日閲覧。
  7. ^ アートディレクター以外の役職はスタッフロールで判明。

外部リンク[編集]