じょう子内親王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「穠子内親王」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

穠子内親王(じょうしないしんのう[1]建保4年(1216年) - 弘安2年11月21日1279年12月25日))は、鎌倉時代皇族女院順徳天皇の皇女で、母は内大臣坊門信清の娘・大納言局。女院号は永安門院(えいあんもんいん)。

藤原隆清に扶持されていたと伝えられている[1]建長3年(1251年11月2日内親王宣下があり、同月13日准三宮宣下および院号宣下が行われた。2年後の建長5年(1253年8月29日に38歳で出家し、法名を理智覚と称した。弘安2年(1279年)に64歳で薨去した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『朝日日本歴史人物事典』「永安門院」

参考文献[編集]

  • 芳賀登 他編『日本女性人名辞典』(日本図書センター、1993年) ISBN 978-4-8205-7128-5 P163.
  • 秋山喜代子「永安門院」『朝日日本歴史人物事典』(朝日新聞社、1994年) ISBN 978-4-02-340052-8 P253.
  • 志村有弘 編『天皇皇族歴史伝説大事典』(勉誠出版、2008年) ISBN 978-4-585-06063-5 (谷山俊英「順徳天皇」) P543.