じゃじゃ丸忍法帳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
じゃじゃ忍法帳
ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ファミリーコンピュータ
開発元 ジャレコ
発売元 ジャレコ
デザイナー 二条院翁
プログラマー かずひろ
音楽 ハーブ上條
美術 えいさく
シリーズ じゃじゃ丸シリーズ
人数 1人
メディア 2メガビットロムカセット[1]
発売日 日本 198903281989年3月28日
その他 型式:JF-22
テンプレートを表示

じゃじゃ丸忍法帳』(じゃじゃまるにんぽうちょう)は、ジャレコ1989年3月28日に発売したファミリーコンピュータロールプレイングゲームである。

概要[編集]

全4章構成。最初は1章から3章までしかプレイできないが、どの章からでも始められる。一つの章をクリアすると、次の章に進むか中断するか選べる。次の章になるとレベルにアイテムに武器、防具がリセットされる。1章、2章、3章をクリアすると、最終章をプレイできる。最終章では最後にクリアした章の時のレベルや装備が引き継がれている。プレイヤーはじゃじゃ丸とさくら姫の2人パーティを操作して、日本列島を旅する。じゃじゃ丸は攻撃術を使えるが術の力の量が低いため、多用できない。さくら姫は回復術を得意としており、術の力の量も高いが防御力は低い。

ストーリー[編集]

なまず太夫を倒し、さくら姫を無事救出したじゃじゃ丸は後に修行の旅に出る。そんなある日、じゃじゃ丸は久しぶりに城を訪れた時、殿から重大な事件の調査を依頼される。全国に妖怪たちが現れ、各地で大変な出来事が起こり始めているとの事。忍びの里に古くから代々伝わる忍びの書がからす天狗という妖怪に盗まれてしまったり、江戸の町が大入道により町の人々が妖怪にさせられてしまったり、竜神山に住む竜神様が人々が連れ去った上に雨も降らせず人々を苦しめていたり…。じゃじゃ丸は殿の依頼を引き受け、この三つの事件に挑む。じゃじゃ丸を慕うさくら姫も付いて行き、二人の妖怪退治の旅が始まった。

登場キャラクター[編集]

じゃじゃ丸
さくら姫
殿様
なまず太夫
おゆき
宮本武蔵
水戸黄門
竜神

スタッフ[編集]

  • 企画:二条院翁
  • 絵師:えいさく
  • ソフト:かずひろ
  • 音楽:ハーブ上條
  • ソフト協力:中華衿、斗野郎

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体 結果
ファミ通 28/40点[2]
ファミリーコンピュータMagazine 19.84/30点[1]

ゲーム誌『ファミコン通信」の「クロスレビュー」では合計28点(満40点)[2]ファミリーコンピュータMagazineの読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、19.84点(満30点)となっている[1]。また、同雑誌1991年5月10日号特別付録の「ファミコンロムカセット オールカタログ」では、「RPGの初心者や『じゃじゃ丸』ファンに最適のゲームだ」と紹介されている[1]


項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.71 3.27 3.27 3.35 3.12 3.12 19.84

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「5月10日号特別付録 ファミコン ロムカセット オールカタログ」、『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第9号、徳間書店1991年5月10日、 152頁。
  2. ^ a b じゃじゃ丸忍法帳 まとめ [ファミコン] / ファミ通.com” (日本語). KADOKAWA CORPORATION. 2017年6月4日閲覧。