しろたん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

しろたんやまだえまがデザインしたタテゴトアザラシのキャラクターである。

キャラクター[編集]

しろたんと、その家族[編集]

しろたん
寒い所が好き。痛いときはつい「キュー」と鳴いてしまうらしい。
ママ
怒ると怖いが、いつもやさしく、お菓子作りが得意。心配症。
パパ
しろたんが生まれてすぐの修行に出たため、しろたんはパパの顔を知らない。凝り性で、いまだに帰って来ない(今は字の修行を終えたが、ママのために真珠を探している)。
しろ兄
しろたんと瓜二つ。冒険が好きで、ほとんど家にいない。高所恐怖症
おばあちゃん
しろたん達とは離れてみどりの国に住んでいる。縫物が得意。が好き。

しろたんの周りの人[編集]

カメたん
しろたんの一番の友達。うさももが好き。こうらハウスに住んでいる。ダジャレ好き。
うさもも
花のきれいな丘にあるログハウスに住んでいて、丘の花を月に一度街へ売りに行く。誕生日は4月15日
まるまる
うさもものペットブタ
ペンタ
おしゃべりが大好き。が大好物で、氷で出来た家を食べてしまい、両親に怒られたことがある。運動が苦手。
モコタ
一年中ウールコートを着ているので、夏は汗をかいている。肌は日焼けしている。
パンやのしろくまさん
読書が好きで、よくパン屋の隣にある図書館で本を読んでいる。本に夢中になってパンを焦がしてしまうことがたびたびある。いつか世界一のパンを作りたいと思っている。
イルカくん
ジャンプが得意。活発で人気者。関西弁をしゃべる。ファンクラブが存在する。
ミルミ
牛乳屋の一人娘。牛乳には人一倍こだわりがある。オススメは「メグミの森ミルク」。
ケーキやのセイウチさん
まだ若いが腕は一流のやさしいお姉さん。毎日新作作りに励んでいる。最近太ってきたのが悩み。
カニのチョッキー
かけっこが得意で、いつもしろたんとかけっこをしてはしろたんに勝っている。よく切れるはさみを持っていて、浜辺に住んでいる。
お魚三兄弟
全員郵便配達員。3人並んで泳ぐと速くなる。
ラママ
真珠屋の看板娘だった。
ラココ
ラママの子供。いたずら好き。
ジュゴンおじさん
すぐ勘違いをする。また、自分を人魚だと思いこんでいる。食欲旺盛。語尾に「ダワサ」をつけて喋る。
クジラさん
パンが大好物で、いつも自分の大きさに合ったパンが食べたいと思っている。小さいことは気にしない。
ピピピ姉妹のママ
誤って寒いこおりの国で卵を産んでしまった。
ピピピ姉妹
しろたんがあたためてくれたおかげで助かった。
シャチくん
頭はいいが、怒りっぽい。人気のあるイルカくんに嫉妬している。しろたんをさわるのが好き。
マンボウ
いつもボーッとしていて、動かない。置物と間違えられることもあるらしい。
カメ先生
書家で、しろたんのパパの字の先生。人里離れたところに住んでいる。かめたんとの関係については不明。
ケロくん
雨雲に住んでおり、くもりの日と雨の日にのみ現れる。また、雨雲と世界中を旅したらしい。身長はりんごより少し大きい位で、四つ葉のクローバーを持つと空を飛べる。歌とダンスが好き。
うさみみ
うさももの友達。
みるくちゃん
うさももの友達。

展開[編集]

  • 日本航空とコラボレーションした「JAL飛行機に変身しろたん」が、東京国際空港成田国際空港で限定発売されている[1]。なお、売り上げの一部が国際動物福祉基金(IFAW)に寄付される。
  • 千葉ロッテマリーンズ唐川侑己がしろたん抱き枕の愛用者である[2]。これを受け、2009年から同球団とのコラボレーショングッズが発売された。具体的には背番号26・ネームなしのユニフォームを着せたモデル、背番号19・「KARAKAWA」のネーム入りユニフォームを着せたモデルなどである。2010年には背ネームが「MARINES」のもの、2011年には千葉移転20シーズン記念マークを背負ったモデルが発売された。マリーンズストア及び千葉県内取り扱いショップでの限定発売(ライセンス商品のため、しろたんタウンでの取り扱いもなし)。
  • フジテレビアナウンサーの竹内友佳もしろたん抱き枕を愛用しており、唐川が彼女のファンで、2012年夏シーズンの取材の際に付き合い始め、現在唐川と竹内は交際中。
  • ぬいぐるみフルーツシリーズでは取り外し式の果物の被り物をしており、その被り物の内部にはポプリが入っている為実際にそのフルーツの香りがする。
    • 2017年8月12日からYouTubeで、短編アニメしろたんがいっぱい(全24話)が公式しろたんTVでの配信が始まる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]