しろうま荘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
しろうま荘
ホテル概要
正式名称 信州白馬八方温泉しろうま荘
部屋数 18室
駐車場 20台
最寄駅 JR大糸線白馬駅
最寄IC 長野自動車道安曇野IC上信越自動車道長野IC
所在地 〒399-9301
長野県北安曇郡白馬村北城5004
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

信州白馬八方温泉しろうま荘(しんしゅうはくばはっぽうおんせんしろうまそう、Hakuba Onsen Ryokan SHIROUMA-SO)は、長野県白馬村にある旅館である。

2012年ワールドラグジュアリーホテルアワード日本初となるグローバルウィナー(世界一)を受賞。

概要[編集]

信州白馬八方温泉しろうま荘(しんしゅうはくばはっぽうおんせんしろうまそう、Hakuba Onsen Ryokan SHIROUMA-SO、以下しろうま荘)は、長野県白馬村八方尾根スキー場の麓の温泉宿2012年国際的に傑出した宿泊施設に贈られるワールドラグジュアリーホテルアワード日本初となるグローバルウィナーを受賞し、Luxury Ski Resortで世界一となる。[1][2][3][4][5][6] また、2015年には、英国の旅行雑誌が選ぶ世界の優れた観光業者を表彰するラグジュアリートラベルアワード日本初となる最高賞の大陸賞を受賞し、Luxury Mountain Retreatでアジア・オセアニアNo.1となり、世界で初めてマウンテンカテゴリーでこの賞の最高賞を受賞した。[7][8] 法人としての登記1988年であるが、1930年代民宿として宿泊業を開始した、白馬で最も古くからあるスキー民宿から始まった旅館の一つ。

しろうま荘のある八方細野地区は日本の民宿発祥の地と言われており、山案内人の家に登山客が泊まったり、「しろうま荘」のような農家にスキー客を受け入れたことにより、自然発生的に民宿スタイルが誕生し、1937年に16戸が警察から許可を得て民宿営業を行い、これが日本の民宿の発祥となった。[9][10]

1998年長野オリンピック前に改装をし、当時洋風建築が流行りであった白馬では数少ない近代和風建築を採用。200余年の農家時代のをエントランス部分に残し、現代建築の中に当時の素材を組み込んだ。 宿名は、白馬村の名の語源となった「代馬(しろうま)」に由来し、信州百名山宿として日本百名山でもある白馬岳の宿に登録されている。[11]

客室数18、白馬八方温泉を引き湯。家族経営の小規模温泉宿2008年頃より外国人宿泊客が増え、トリップアドバイザー等で人気が高まり、2011年に宿泊したワールドラグジュアリーホテルアワード関係者(覆面審査員)の推薦により、World Luxury Hotel Awards 2012にノミネートが決定した。[12]

支配人[編集]

支配人丸山俊郎。 受賞後、信州情報誌KURAの人気コーナー「阿部知事が行く〜地域を彩る信州人編〜」で長野県知事阿部守一氏と、対談。その際、知事がしろうま荘を訪れた。[13][14][15]

また、阿部知事が会長を務める信州キャンペーン実行委員会の総会に際し、第1回信州おもてなし大賞表彰式、活動報告の後、基調講演『世界が認めたおもてなし』の講師を務め[16]、その他、株式会社生活の木社長重永忠氏やパタゴニア日本支社長辻井隆行氏、世界不思議発見ミステリーハンター末吉里花氏らと共に、これからの時代のLUXURYを提唱するLUXUREARTHプロジェクトのフィロソファーを務めている。[17]

近隣の観光スポット[編集]

受賞歴[編集]

  • ワールド・ラグジュアリー・ホテルアワード2012 Luxury Ski Resort
  • ワールド・ラグジュアリー・ホテルアワード2013 Luxury Mountain Resort
  • トリップアドバイザー・トラベラーズチョイスアワード2014 旅館部門
  • ワールド・ラグジュアリー・ホテルアワード2014 Luxury Mountain Resort
  • トリップアドバイザー・トラベラーズチョイスアワード2015 旅館部門
  • ラグジュアリー・トラベルアワード2015 Luxury Mountain Retreat
  • トリップアドバイザー・トラベラーズチョイスアワード2016 旅館部門

脚注[編集]

外部リンク[編集]