しまねきよし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

しまね きよし1931年昭和6年)2月11日 - 1987年(昭和62年)7月12日)は、日本の思想史家。本名、嶋根 清千葉県出身。

東京外国語大学フランス語科卒。思想の科学研究会会員。思想の科学研究会の共同研究「転向」に参加。

1965年から1968年、雑誌『思想の科学』編集長。近代日本の社会主義思想を転向の観点から研究した。「日本社会主義人名事典」を作りたいと願った、しまねの膨大なカードを基に、彼の没後、彼の遺志を継いだ者-いいだもも大野明男田村紀雄鶴見俊輔、山領健二、輿石正、渡辺一衛、安田常雄、余川典子、石井紀子-たちの手で、『近代日本 社会運動史人物大事典』(日外アソシエーツ、1997年)が刊行された。

日本ジャーナリスト専門学校の講師も務めた。

著書[編集]

  • 『転向-明治維新と幕臣』三一新書 1969
  • 『入門・社会主義思想史』三一新書 1969
  • 『民権思想と転向』紀伊国屋新書 1969
  • 『もうひとつの日本共産党 宮本顕治体制に隠された真実』サンケイ新聞社出版局 1975
  • 『明治社会主義者の転向』東洋経済新報社 1976
  • 『日本共産党スパイ史』新人物往来社 1983
共著
  • 『二十世紀の思想』田村紀雄,後藤宏行,鶴見俊輔共著 青木書店 1967

翻訳[編集]

参考文献[編集]