しずてつジャストライン焼津営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

しずてつジャストライン焼津営業所(しずてつじゃすとらいんやいづえいぎょうしょ)は、かつて静岡県焼津市に存在したしずてつジャストライン株式会社の事業所である。ペットマークは鰹であった。藤枝営業所と共に岡部営業所に移転統合され、しずてつジャストライン岡部営業所の焼津車庫となった。

所在地[編集]

静岡県焼津市塩津294-5

現在は静鉄グループの観光・貸切バス事業会社である静鉄ジョイステップバス本社営業所となっている。

概説[編集]

沿革[編集]

所管していた路線[編集]

しずてつジャストライン焼津営業所の発足時に所管していた路線は次の6路線であった。(自主運行バスを除く)

朝比奈線[編集]

  • 概説
  • 沿革
    • 1934年(昭和9年)藤相鉄道の時刻表には「焼津驛(山ノ手廻り)岡部間乗合自動車」が掲載されており、これが「朝比奈線」の源流である。[2][18]
      • 焼津駅 - 中里 - 策牛 - 三輪 - 岡部役場 - 岡部
    • 1939年(昭和14年)の静岡乗合自動車の路線図・運賃表付の乗車券では、小園まで延伸している。[19]
      • 焼津駅 - 中里 - 策牛 - 三輪 - 岡部学校前 - 岡部北口 - 村良 - 小園
    • 1953年(昭和28年)9月改正の静岡鉄道の時刻表では「朝比奈線」として次の2系統が存在した。[20]
      • 焼津 - 岡部 - 村良 - 小園
      • 焼津 - 岡部 - 村良 - 小園 - 玉取
    • 1977年(昭和52年)の路線図では小布杉(こぶすぎ)まで延伸している。また、焼津駅北口の開設に伴い上り焼津駅前方面行が北口に乗入れている。[21]
      • 焼津駅前 -(←焼津駅北口←)- 西町 - 岡当目 - 中里 - 三輪 - 岡部小学校前 - 岡部役場前 - 岡部中学校入口 - 朝比奈小学校前 - 玉取 - 小布杉
    • 1985年(昭和60年)の時刻表では次の3系統が存在した。[22]
      • 焼津駅前 -(←焼津駅北口←)- 西町 - 岡当目 - 中里 - 三輪 - 岡部小学校前 - 岡部役場前
      • 焼津駅前 -(←焼津駅北口←)- 西町 - 岡当目 - 中里 - 三輪 - 岡部小学校前 - 岡部役場前 - 岡部中学校入口 - 朝比奈小学校前 - 玉取
      • 焼津駅前 -(←焼津駅北口←)- 西町 - 岡当目 - 中里 - 三輪 - 岡部小学校前 - 岡部役場前 - 岡部中学校入口 - 朝比奈小学校前 - 玉取 - 小布杉
    • 1993年(平成5年)の時刻表では小布杉系統は日曜祝日は運休となっている。[23]
    • 1994年(平成6年)の系統図では焼津駅南北のアクセス向上のため「吉永線」直通で水産加工センターに乗入れる系統が誕生している。[24]
      • 水産加工センター - 市営住宅前 - 一色 - 田尻 - 下小田 - 焼津市立病院 - 石津新田 - 園田病院前 - 小川小学校前 - 水産高校前 - 市役所入口 - 駅前通り - 焼津駅前 -(←焼津駅北口←)- 西町 - 岡当目 - 中里 - 三輪 - 岡部小学校前 - 岡部役場前
    • 1998年(平成10年)5月 - 焼津駅前 - 岡部役場前 区間が事業者単独で維持できない不採算路線として「乗合バス不採算路線計画」に盛り込まれ、静岡鉄道より沿線市町に廃止の申し入れが行われた。[14]
    • 1999年(平成11年)4月1日 沿線市町(焼津市岡部町藤枝市)との協議の結果、欠損補助方式で路線が維持された。[25]
    • 2006年(平成18年)4月1日 - しずてつジャストライン岡部営業所に移管され、翌2007年(平成19年)4月より「焼津岡部線」となった。

大覚寺線[編集]

  • 概説
    • 藤相鉄道時代から大覚寺経由の焼津駅 - 岡部間の路線が運行されていたが、戦後静岡鉄道時代には焼津駅と藤枝大手を結ぶ路線として承継された。
    • 1980年代には藤枝大手付近の道路拡幅と藤枝大手北部の宅地開発により五十海北(いかるみきた)まで延伸し、藤枝市花倉に日本ビクター藤枝工場が開設され、同工場への乗入れを開始した。
    • 1990年代にはビクター系統がマイカー通勤の普及で廃止される一方、宅地開発の進む清里地区まで延伸したが利用者減少に歯止めがかからず、2000年代に廃止された。
    • 現在は大覚寺地区は焼津市自主運行バス、清里、五十海地区は西焼津駅に乗入れる「五十海大住線」が運行されている。
  • 沿革
    • 1934年(昭和9年)藤相鉄道の時刻表には「焼津驛(藤枝廻り)岡部間乗合自動車」として記録が残る。[2][18]
      • 焼津駅 - 大覚寺 - 保福島 - 藤枝(大手)- 八幡橋 - 横内 - 岡部
    • 1958年(昭和33年)の静岡鉄道の時刻表では次の経路を運行していた。[26]
    • 1977年(昭和52年)の路線図では次の経路を運行していた。[21]
    • 1981年(昭和56年)3月 日本ビクター藤枝工場の開設により日本ビクターまで延伸した。
    • 1985年(昭和60年)の時刻表では次の2系統が存在し、平日の朝晩には「葉梨線」の日本ビクターまで乗り入れる便が運行されていた。[27]
    • 1993年(平成5年)の時刻表ではビクター系統は消滅し、五十海北系統のみとなっている。なお平日上り18便、下り19便、日祝日上り14便下り15便が運行されていた。[28]
      • 焼津駅前 - 大覚寺 - 平島 - 藤枝大手 - 五十海北
    • 1994年(平成6年) 藤枝市中薮田地区に大規模な宅地開発が行われ清里として分譲を開始。清里二丁目に停留所と反転地が整備され、翌年より清里まで延伸した。
      • 焼津駅前 - 大覚寺 - 平島 - 藤枝大手 - 五十海北 - 清里
    • 1998年(平成10年) - 事業者単独で維持できない不採算路線として静岡鉄道より焼津、藤枝両市に廃止の申し入れが行われた。[14]
    • 1999年(平成11年)4月1日 - 欠損補助方式で路線が存続した。[25]
    • 2006年(平成18年)4月1日 - しずてつジャストライン岡部営業所に移管され、翌2007年(平成19年)3月末を以って廃止された。

焼津吉田線[編集]

五十海大住線[編集]

一色線[編集]

  • 運行系統および主要停留所
    • 焼津駅前 - 浅草幸町 - 水産高校 - 園田医院 - 石津新田 - 焼津市立病院入口 - 下小田 - 田尻 - 一色 - 水産加工センター
    • 焼津駅前 - 浅草幸町 - 水産高校 - 園田医院 - 石津新田 - 焼津市立病院前 - 焼津市立病院入口 - 下小田 - 田尻 - 一色 - 水産加工センター

和田浜線[編集]

  • 運行系統および主要停留所[29]
    • 焼津駅前 - 市役所入口 - 浅草幸町 - 水産高校 - 園田医院 - 石津 - 小川港前 - 水天宮 - 和田橋 - すみれ台団地 - 田尻団地 - 下浜東洋水産前 - 横須賀ディスカバリーパーク - 浜一色福祉会館
  • 概説
    • 藤相鉄道時代から続く焼津駅と和田地区を結ぶ路線から、一時期は県道355号線に沿って大井川港まで延伸したが、利用者減少により区間縮小し1990年代末期には旧焼津市内の一色地区まで路線を縮小した。
    • 焼津市による欠損補助路線であり、現在は「一色線」と統合され「一色和田浜線」となっている。
  • 沿革
    • 1930年(昭和5年)6月 - 藤相鉄道が焼津自動車を買収し「和田線」の免許を承継した。[30]
    • 1934年(昭和9年)の時刻表では「焼津驛和田濱間乗合自動車」として1日12往復を運行していた。[2][18]
    • 1953年(昭和28年)9月改正の静岡鉄道の時刻表では「和田浜線」として一日10往復が運行されている。[20]
    • 1959年(昭和34年)の路線図では次の経路を運行していた。[31]
      • 焼津駅 - 新屋 - 北浜通 - 仲町 - 新富町 - 昭和通五丁目 - 小川二丁目 - 田子の橋 - 南浜入口 - 会下の島(えげのしま) - 乙女ヶ丘遊園地前 - 小川港前 - 水天宮前 - 和田橋
    • 1966年(昭和41年)- 1970年(昭和45年)頃 - 時期不詳 国道150号新道焼津工区の付け替えに伴い、浜通りから園田病院前を経由する運行経路に変更され「吉永線」の大井川港系統を吸収し、大井川港まで延伸した。また旧ルートの焼津駅 - 乙女ヶ丘遊園地前に「南浜線」が開設された。
    • 1975年(昭和50年)の時刻表では次の系統が存在した。[32]
    • 1977年(昭和52年)の路線図では次の3系統が存在した。[21]
    • 1985年(昭和60年)の時刻表では平日朝6時代から9時代の大井川発の上りが毎時2本、日中は毎時1本、下りも7時代から19時代まで毎時1本または2本が運行されていた。[33]
    • 1993年(平成5年)の時刻表では、焼津駅前 - 大井川系統は朝の上り1本、夕方の下り1本の1日1往復まで減便されており、同年度を以って廃止された。[34][35]
    • 1997年(平成9年)7月 - ディスカバリーパークの開館を機に「横須賀清水食品前」停留所が「横須賀ディスカバリーパーク」に名称変更された。
    • 1998年(平成10年)- 事業者単独で維持できない不採算路線として「乗合バス不採算路線計画」に盛り込まれ、存続について焼津市と協議が行われた。[14]
    • 1999年(平成11年)4月1日 - 焼津市の欠損補助により系統が維持された。[25]
    • 2006年(平成18年)4月1日 - しずてつジャストライン岡部営業所に移管され、2010年(平成22年)4月1日のダイヤ改正では「一色線」と統合され「一色和田浜線」となった。

受託していた自主運行路線[編集]

焼津市自主運行バス[編集]

廃止・休止路線[編集]

志太循環線[編集]

  • 概説
    • 1953年(昭和28年)9月改正の時刻表では外回りが「吉永廻り」内回りが「大手廻り」として掲載されており、次のルートを105分を掛けて廻る長大循環路線であった。[20]
    • 1958年(昭和33年)の時刻表では焼津駅 - 藤枝大手間は「大覚寺線」に、藤枝大手 - 吉永間は「飯淵線」に、焼津駅 - 吉永間は「吉永線」に整理され廃止されている。[26]
      • 吉永線:焼津駅 - 新屋 - 北浜通 - 仲町 - 幸町 - 昭和通五丁目 - 田子の橋 - 会下の島 - 石津 - 田尻 - 一色 - 吉永 - 飯淵
      • 飯渕線:藤枝大手 - 藤枝駅 - 青島中学校入口 - 忠兵衛 - 上新田駅 - 宗高新町 - 吉永 - 飯淵

吉永線[編集]

  • 概説
  • 沿革
    • 1924年(大正13年)
      • 5月5日 - 駿南自動車株式会社が焼津駅構内 - 吉永間の免許を取得した。
      • 12月1日 - 駿南自動車が吉永 - 焼津駅間に1日16往復の定期乗合自動車の運行を開始した。[36]
    • 1928年(昭和3年)9月8日 - 駿南自動車が吉永 - 飯淵間の免許を取得し、焼津駅 - 飯淵間に路線を延伸した。
    • 1934年(昭和9年)10月 - 藤相鉄道が駿南自動車を買収し「焼津駅・吉永線」の免許を承継した。同年12月現在の時刻表には「焼津驛吉永間乗合自動車」として次の経路を運行していた。[2][18]
      • 焼津駅 - 田子橋 - 石津 - 下小田 - 田尻 - 下小杉石井病院前 - 下小杉 - 藤守 - 吉永 - 飯淵
    • 1953年(昭和28年)9月改正の時刻表では「海岸本線」の支線扱いで「吉永線」がひとつに纏められており、静岡駅 - 島田駅間まで延伸している。なお静岡 - 用宗間の運行経路は「海岸本線」が用宗街道(県道416号)広野経由であったのに対して「吉永線」は長田街道(県道366号)青木経由であった。[20]
      • 青木廻り:静岡 - 轟橋 - 青木 - 用宗 - 大崩 - 焼津 - 石津 - 田尻 - 吉永 - 宗高新町 - 忠兵衛 - 道悦島(六合公民館前)- 島田
      • 大富廻り:焼津 - 大富 - 宗高新町 - 吉永
    • 1958年(昭和33年)の時刻表では 轟橋経由の静岡 - 用宗間が「用宗線」(のちに「小坂線」に分離)に、用宗 - 焼津間が「海岸本線」に整理される一方、吉永から飯淵まで延伸している。さらに島田系統は分離され、飯淵 - 忠兵衛間が「志太循環線」の吉永 - 忠兵衛 - 藤枝大手間と統合して藤枝営業所の管轄する「飯淵線」に、島田 - 忠兵衛間が島田営業所の管轄する「細島線」となっている。一方、焼津 - 島田間の乗り換えなしの直通運転では、当時の旧東海道と現在の県道222号上青島焼津線を経由して島田 - 焼津間を結ぶ「島田焼津線」が誕生している。[26]
      • 吉永線:焼津駅 - 新屋 - 北浜通 - 仲町 - 田子の橋入口 - 田子の橋 - 会下の島 - 石津 - 田尻 - 一色 - 吉永 - 飯渕
      • 飯渕線:藤枝大手 - 藤枝駅 - 青島中学校入口 - 忠兵衛 - 上新田駅(駿遠線)- 宗高新町 - 吉永 - 飯渕
      • 細島線: 島田駅 - 六合公民館前 - 細島 - 忠兵衛
      • 島田焼津線:島田駅 - 六合公民館前 - 瀬戸新屋 - 藤枝駅 - 築地 - 豊田 - 三ヶ名 - 市立病院前 - 元焼津 - 仲町 - 北浜通 - 新屋 - 焼津駅
    • 1959年(昭和34年)には飯淵から大井川太平橋を経由して榛原町まで延伸した「吉永川尻線」が開設され、「吉永線・吉永川尻線」としてひとつの時刻表に纏められていた。[37]
    • 1964年(昭和39年)頃 時期不詳 大井川港に支線が開設された。
      • 焼津駅前 - 新屋 - 北浜通 - 仲町 - 田子の橋入口 - 田子の橋 - 会下の島 - 石津 - 田尻 - 一色 - 小杉浜 - 藤守水門 - 大井川港
    • 1966年(昭和41年)- 1970年(昭和45年)頃 時期不詳 - 国道150号新道の焼津工区の開通に伴い焼津駅 - 下小田間の経路が変更され、大井川港系統は「和田浜線」に付け替えられた。
    • 1975年(昭和50年)の時刻表では次の2系統が存在した。[38]
    • 1984年(昭和59年)の路線図では、一色から水産加工センターへの支線が新たに設定されている。また、焼津市立病院が三ヶ名から道原に移転し、日中は市立病院経由となっている。[39]
      • 焼津駅前 - 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田( - 焼津市立病院前 - 焼津市立病院入口 -)下小田 - 田尻 - 一色 - 下小杉 - 吉永辻 - 飯淵
      • 焼津駅前 - 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田( - 焼津市立病院前 - 焼津市立病院入口 -)下小田 - 田尻 - 一色 - 水産加工センター
    • 1998年(平成10年)- 事業者単独で維持できない不採算路線として「乗合バス不採算路線計画」に盛り込まれ、存続が沿線自治体と協議された。[14]
    • 1999年(平成11年)焼津駅 - 飯渕系統が廃止され大井川町内の区間は大井川町営バスに継承された。残る水産加工センター系統は「一色線」となり「吉永線」は廃止された。これにより焼津駅から吉永、飯淵地区への路線は消滅したが、「藤枝吉永線」の飯淵乗り入れにより飯淵車庫は藤枝営業所の車庫として存続した。[25]

吉永川尻線[編集]

海岸本線(静岡御前崎線)、急行海岸本線[編集]

焼津御前崎線、焼津相良線[編集]

静岡焼津線[編集]

  • 概説
  • 沿革
    • 1968年(昭和43年)頃 時期不詳 「海岸本線(静岡御前崎線)」の相良御前崎方面を、主要停留所のみに停車し上吉田経由として所要時間短縮を図った「急行海岸本線」に、残る新静岡 - 榛原車庫間を「静岡焼津線」に、元小浜 - 大島新田区間の旧道経由を「焼津大富線」として分離した。なお、当時の路線図の「急行停車停留所」欄には急行の「海岸本線」と共に、準急として「静岡焼津線」も掲載されていた。
    • 1971年(昭和46年)7月5日に石部地区で崩落により乗用車が被災する事故が発生するなど、現在の静岡市駿河区石部から焼津市浜当目までの大崩海岸付近は風水害のたびに通行止となることが多く、この問題を解消するため国道150号静岡バイパス新日本坂トンネルの建設工事が急ピッチで進められていた。
    • 1975年(昭和50年)の時刻表では次の4系統が存在した。日中は全て新静岡 - 榛原町間の運行で、区間便は朝晩のみの運行であった。
      • 新静岡 - 静岡駅前 - 手越 - 東新田 - 広野 - 用宗駅前 - 大崩入口 - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 焼津駅前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉 - 根松 - 静波二丁目 - 榛原町
      • 新静岡 - 静岡駅前 - 手越 - 東新田 - 広野 - 用宗駅前 - 大崩入口 - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 焼津駅前
      • 焼津駅前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉 - 根松 - 静波二丁目 - 榛原町
      • 焼津駅前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉
    • 1977年(昭和52年)の路線図では静岡駅 - 用宗駅間は丸子営業所の管轄する「用宗線」が併行しており、次の系統が存在した。なお、焼津地区には焼津駅 - 榛原町、焼津駅 - 住吉新田、焼津駅 - 大井川の区間便も存在した。[21]
      • 用宗線
        • 下川原経由:新静岡 - 静岡駅前 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 東新田 - 川原 - 長田東団地 - 下川原団地 - 広野 - 用宗駅前 (91
        • 変電所経由:新静岡 - 静岡駅前 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 東新田 - 川原 - 変電所前 - 広野 - 用宗駅前93
      • 静岡焼津線
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 東新田 - 川原 - 変電所前 - 広野 - 用宗駅前 - 石部 - 大崩入口(番号なし)- ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 焼津駅前94)- 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉 - 住吉新田(95) - 根松 - 静波二丁目 - 榛原町96
    • 1978年(昭和53年)国道150号静岡バイパス日本坂トンネルの開通を機に同バイパスを経由するルートがメインとなり、新静岡 - 焼津駅および新静岡 - 榛原町の系統は全て150号バイパス経由となった。また「花沢線」が「静岡焼津線」の野秋 - 焼津駅系統に整理統合され、焼津駅 - 保養センター系統は「保養センター線」(後述)として分離された。一方、大崩経由の旧ルートは新静岡 - 大崩入口間と用宗駅・大崩入口 - 焼津駅間に区間を分けて存続した。住吉経由には焼津駅 - 住吉新田、焼津駅 - 大井川の区間便も引き続き存在した。
      • 新通り150号経由
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 御幸町 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 広野口 - 小坂 - 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前94
      • 新通り経由
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 御幸町 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 広野口 - 広野 - 用宗駅前 - 石部 - 大崩入口(95
      • 住吉経由(準急)
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 御幸町 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 広野口 - 小坂 - 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前- 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉 - 住吉新田 - 根松 - 静波二丁目 - 榛原町96
      • 区間便
        • 用宗駅前 - 石部 - 大崩入口 - 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
        • 大崩入口 - 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅
        • 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅
        • 焼津駅前- 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川
        • 焼津駅前- 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉 - 住吉新田
        • 焼津駅前- 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 水産高校前 - 園田病院前 - 石津新田 - 道原 - 大島新田 - 宗高新町 - 大井川 - 富士見橋 - 大幡(150号) - 下神戸 - 片岡 - 川尻 - 住吉 - 住吉新田 - 根松 - 静波二丁目 - 榛原町
    • 1979年(昭和54年)東名高速道路静岡IC - 吉田IC間を経由する「特急静岡御前崎線」を増便し「急行海岸本線」と新静岡 - 榛原町の準急系統を廃止した上で、野秋・焼津駅 - 御前崎間を「焼津御前崎線」として新たに開設し、焼津駅 - 榛原町区間を同線の住吉経由として統合した。これに伴い「静岡焼津線」の新静岡 - 焼津駅系統が本通り経由に変更され、焼津営業所単独の管轄路線となった。
      • 本通り150号バイパス経由
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 県庁前 - 中町 - 本通三丁目 - 手越 - 広野口 - 小坂 - 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前94
      • 新通り経由
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 御幸町 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 広野口 - 広野 - 用宗駅前 - 石部 - 大崩入口(95
      • 区間便
        • 用宗駅前 - 石部 - 大崩入口 - 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
        • 大崩入口 - 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
        • 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
    • 1980年(昭和55年)4月 - サッポロビール焼津工場が竣工し、中里東-虚空蔵尊入口間にサッポロビール前停留所が設置された。
    • 1985年(昭和60年)静岡 - 大崩系統は丸子営業所の管轄する「用宗線」に整理され「用宗線」も下川原系統は「東新田団地線」と統合され「東新田下川原線」として分離されている。150号バイパス経由は同バイパスの渋滞に加え、国鉄が「するがシャトル」の高頻度パターンダイヤを編成するようになったため静岡 - 焼津間を通した利用が減少し、野秋 - 焼津駅の区間便が増加している。一方、大崩経由は元小浜地区の通学輸送のために維持されていた。[39][41]
      • 用宗線
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 紺屋町 - 常盤町 - 新通小学校前 - 手越 - 東新田 - 川原 - 変電所前 - 広野 - 用宗駅前(93) - 石部 - 大崩入口(95
      • 静岡焼津線
        • 新静岡 - 静岡駅前 - 県庁前 - 中町 - 本通三丁目 - 手越 - 広野口 - 小坂 - 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - サッポロビール前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前(94
        • 野秋 - 高崎 - 石脇 - 中里東 - サッポロビール前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
        • 用宗駅前 - 石部 - 大崩入口 - 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
        • 大崩入口 - 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前
    • 1990年(平成2年)利用者は減少の一途を辿り、静岡鉄道から沿線自治体に路線撤退の申し出がなされた。これを受けた地元との協議の結果、元小浜地区の通学児童対策として大崩入口 - 焼津駅前間は、市で年間200万円を助成することを条件に、引き続き通学バスとして運行することが決定した。野秋 - 焼津駅区間が「野秋線」として分離され、他の系統は全て廃止され「静岡焼津線」は同年度を以って消滅した。[42]

野秋線[編集]

  • 概説
    • 1990年(平成2年)「静岡焼津線」の焼津 - 野秋区間系統を「野秋線」として分離し開設された。
    • 1993年(平成5年)3月末を以ってサッポロビール前 - 野秋間が廃止となり「保養センター線」に整理統合され廃止となった。[14][43]

焼津大富線[編集]

  • 概説
    • 1968年(昭和43年)頃 時期不詳 - 「海岸本線」が「急行海岸本線」と「静岡焼津線」に分離され、国道150号新道経由となりワンマン化された際に、それまで運行されていた焼津駅 - 大島新田の旧道区間と元小浜 - 焼津駅間の通学便をツーマン路線の「焼津大富線」として分離した。大富地区には狭隘区間が多く1980年(昭和55年)に中型車両が導入される迄ツーマン運行であった。
    • 1977年(昭和52年)2月現在の路線図では次の経路を運行していた。
      • 元小浜 - 当目トンネル - ヘルスセンター前 - 虚空蔵尊入口 - 当目大橋 - 中港町 - 焼津駅前 - 郵便局前 - 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 元焼津 - 登呂田 - 小川矢師 - 大富中学前 - 大富 - 大富小学校前 - 河原中 - 上河原 - 大島新田
    • 1984年(昭和59年)4月現在の路線図では、元小浜 - 焼津駅前間の区間便は「静岡焼津線」に整理され廃止となり、焼津駅前が起終点となっている。[39]
    • 1993年(平成5年)の時刻表では大島タウンまで延伸している。[44]
      • 焼津駅前 - 市役所入口 - 浅草幸町 - 元焼津 - 登呂田 - 小川矢師 - 大富中学校 - 大富 - 大富小学校 - 河原中 - 上河原 - 大島新田 - 大島タウン
    • 1995年(平成7年)- 区画整理事業と市道整備に伴い焼津駅前 - 登呂田間の運行経路が変更されている。
      • 焼津駅前 - 焼津郵便局前 - JA焼津支店 - 保健センター前 - 登呂田 - 小川矢師 - 大富中学校 - 大富 - 大富小学校 - 河原中 - 木屋川 - 上河原 - 大島新田 - 大島タウン
    • 1998年(平成10年)- 事業者単独で維持できない不採算路線として「乗合バス不採算路線計画」に盛り込まれ、焼津市との路線維持に向けた協議を行った結果、河原中 - 上河原区間の廃止が決定された。[25]
    • 1999年(平成11年)4月1日 「焼津吉田線」に整理され廃止となった。さらに同年の12月から焼津駅前 - 大島タウン間に朝夕2便ずつの自主運行バスの試験運行が開始されたが2001年(平成13年)3月末を以って廃止された。[15]

小浜線、花沢線[編集]

  • 概説
  • 沿革
    • 1946年(昭和21年)6月20日 - 静岡鉄道が静岡清水線運動場前駅(当時)から国鉄静岡駅南口、旧石部隧道焼津を経由して駿遠線相川駅(大井川)に接続する新規鉄道路線「焼津延長線」(仮称)を申請し、1950年(昭和25年)12月23日に免許を得た。[45]
    • 1950年代中盤頃 時期不詳 「小浜線」が開設された。
    • 1958年(昭和33年)12月19日 - 東海道新線計画が閣議で承認され、東海道本線が使用していた日本坂トンネルを新線が使用し、旧石部隧道と磯浜隧道を改修して石部トンネルとして再び使用することが決定した。これを受け1950年(昭和25年)に免許を得ていた「焼津延長線」計画は断念されたが、石部トンネルの工事開始まで路線は維持された。同年の時刻表では「小浜線」は次の運行経路であり、1日5往復の内、朝晩の2往復が焼津-用宗間の運行であり、日中の3往復は焼津駅 - 小浜間の区間便であった。[46][26]
      • 焼津 - 港町 - 当目大橋 - 虚空蔵尊入口 - 本脇入口 - 花沢入口 - 小浜 - 磯浜 - 用宗
      • 焼津 - 港町 - 当目大橋 - 虚空蔵尊入口 - 本脇入口 - 花沢入口 - 小浜
    • 1961年(昭和36年)頃 - 東海道本線石部トンネル付け替え工事の開始に伴い区間縮小し「花沢線」となった。
    • 1968年(昭和43年)8月 焼津簡易保険保養センター(現・焼津かんぽの宿)が開業し、焼津駅と同センターを結ぶ系統が誕生した。
    • 1977年(昭和52年)2月の路線図では次の2系統が確認できる。[21]
      • 焼津駅前 - 当目大橋 - 虚空蔵尊入口 - 保養センター入口 - 石脇入口 - 小浜入口 - 野秋 - 吉津
      • 焼津駅前 - 当目大橋 - 虚空蔵尊入口 - 保養センター入口 - 保養センター前
    • 1978年(昭和53年)国道150バイパス開通により、野秋・吉津系統が「静岡焼津線」の国道150号バイパス系統に集約され、残る保養センター系統は「保養センター線」となり「花沢線」は廃止された。

石脇線[編集]

  • 概説
    • 焼津駅と東益津・石脇上地区を結ぶ路線であった。
    • 1977年(昭和52年)の路線図では次の系統が確認できる。[21]
      • 焼津駅前 -(←焼津駅北口←)- 西町 - 岡当目 - 中里 - 東益津農協前 - 東益津診療所前 - 東益津小学校前 - 石脇
    • 1978年(昭和53年)国道150号バイパス開通により「花沢線」の野秋・吉津系統と共に「静岡焼津線」の150号バイパス系統に整理され廃止となった。

保養センター線、サッポロビール園線[編集]

  • 概説
    • 1978年(昭和53年)の国道150号バイパス開通を機に「花沢線」の保養センター系統を「保養センター線」として開設した。
    • 1990年代には「静岡焼津線」が廃止され「野秋線」になった後に再度「保養センター線」に編入された。
    • 末期はサッポロビール前まで区間が短縮され「サッポロビール園線」として存続したが2001年度を以って廃止されている。
  • 沿革

焼津広幡線[編集]

  • 概説
    • 1931年(昭和6年)4月 - 藤相鉄道が「焼津・子持坂線」を開設した。[30]
    • 1934年(昭和9年)藤相鉄道の時刻表では、後の「焼津広幡線」とほぼ同経路で運行されている。[2][18]
      • 焼津駅 - 八楠 - 越後島 - 下当間 - 横内 - 子持坂
    • 1970年(昭和45年)に相川学園静清工業高等学校(現静清高校)藤枝市潮に移転し、「焼津広幡線」および相川学園停留所が開設された。
    • 1972年(昭和47年)の路線図では次の経路を運行していた。
    • 1975年(昭和50年)の時刻表では平日9往復、日祝日8往復が運行されていた。[50]
    • 1977年(昭和52年)の路線図では「焼津広幡線」は次の経路を運行していた。[21]
      • 焼津駅前 - 大村 - フィッシュセンター - 八楠 - 越後島 - 平島団地入口 - 法の橋 - 相川学園
    • 1985年(昭和60年)の時刻表では平日4往復、土曜日のみ昼便が1往復追加の5往復、日曜祝日が3往復であった。[51]
    • 1992年(平成4年)3月末を以って利用者減少により廃止された。[14]

焼津平島団地線、さかなセンター線[編集]

東名さかなセンター線[編集]

  • 運行系統及び主要停留所
  • 概説
    • 1985年(昭和60年)10月6日 - 焼津さかなセンターの開業に伴い「さかなセンター線」と共に新設された路線であったが、利用者は伸びず数年で廃止されている。[52]
    • 使用車両は高速道路を経由するため、観光タイプのトップドア、冷房車を路線用に転用して使用していた。

藤枝循環線、焼津藤枝線[編集]

焼津築地線[編集]

焼津西益津線[編集]

  • 概説
    • 焼津藤枝線」の五十海系統と大手経由の焼津駅 - 藤枝駅系統を分離して開設された路線であった。
    • 1988年(昭和63年)4月1日現在の時刻表では次の経路を運行していた。[58]
    • 1993年(平成5年)の時刻表では焼津ー藤枝系統は廃止され、五十海北系統のみとなっている。[59]
    • 1994年(平成6年)- 藤枝市中薮田地区で分譲を開始した清里に停留所と反転地が整備され、翌年より清里まで延伸した。
    • 1997年(平成9年)3月末を以って休止路線となり、西焼津駅北口 - 清里間は「五十海大住線」に承継された。また、翌98年には事業者単独で維持できない不採算路線として「乗合バス不採算路線計画」に盛り込まれた。[14]
    • 1999年(平成11年)4月1日 全線が廃止された。

豊田和田循環線[編集]

  • 概説
    • 1958年(昭和33年)の時刻表には「豊田・和田循環線」として記載が残り、田尻廻りと豊田廻りが存在した。[26]
    • 1959年(昭和34年)の時刻表では田尻廻り、豊田廻り共に朝昼晩の1日3往復が運行されていた。[31]
      • 焼津駅 - 元焼津 - 市立病院前 - 豊田 - 大住 - 大富 - 田尻 - 上小田 - 田尻 - 石津 - 会下の島 - 南浜入口 - 青峯遊園地前 - 横町 - 北浜通 - 魚市場前 - 港町 - 焼津駅
    • 1975年(昭和50年)の時刻表では豊田廻りが朝のみ1本、田尻廻りが朝晩の2本運行されていた。また石津 - 焼津駅間は国道150号経由となっている。
    • 1977年(昭和52年)の路線図では「豊和循環」として次の経路が記載されている。[21]
      • 焼津駅前 - 郵便局前 - 焼津ジャスコ前 - 浅草幸町 - 元焼津 - 焼津中学前 - 市立病院入口 - 三ヶ名 - 豊田中学校前 - 豊田 - 柳新屋 - 小柳津 - 大住 - 中新田 - 大富 - 三郎兵衛新田 - 上小田 - 上一色 - 西浦 - 田尻 - 田尻田子重前 - 下小田 - 中の島 - 石津公会堂前 - 石津 - 園田病院前 - 小川小学校前 - 小川中学岡本病院 - 縦小路山政本店前 - 水産高校前 - 浅草幸町 - 焼津ジャスコ前 - 郵便局前 - 焼津駅前
    • 1984年(昭和59年)3月を以って「南浜線」と「焼津藤枝線」「大住線」に整理され廃止となった。[39]

大住線[編集]

焼津道原線[編集]

  • 概説
    • 1995年(平成7年)に区画整理事業に伴い「焼津相良線」等が当時の国道150号(現 県道416号)を経由して精華短大(現 静岡福祉大学)に乗入れるのに対して、新たに開通した市道焼津道原線を経由して精華短大まで乗り入れる系統が開設された。
    • 1998年(平成10年)- 事業者単独で維持できない不採算路線として「乗合バス不採算路線計画」に盛り込まれ、焼津市との路線維持に向けた協議を行った結果、小川矢師 - 大富中学校間の廃止され、他の区間は「焼津大富線」「焼津相良線」の存続区間と整理統合されることが決定した。[25]
    • 1999年(平成11年)3月末の運行を以って 「焼津吉田線」に整理され廃止となった。

焼津市内循環線[編集]

  • 概説
    • 1953年(昭和28年)の時刻表では「西まわり」「東まわり」共に1日9本づつの運行であった。焼津発時刻の掲載があるのみで路線図、経由地の記載が無く詳細は不明である。[20]
    • 1959年(昭和34年)の時刻表には詳細な路線図が掲載されており次の経路を運行していた。「西まわり」「東まわり」共に1日15本の運行であった。[31]
      • 焼津駅 - 港町 - 魚市場前 - 新屋 - 北浜通 - 仲町 - 横町 - 御幸町三丁目 - 田子の橋入口 - 青峯遊園地 - 南浜入口 - 田子の橋 - 小川町二丁目 - 昭和通五丁目 - 昭和通四丁目 - 新富町 - 幸町 - 元焼津 - 公会堂前 - 西校前 - 焼津駅
    • 1966年(昭和41年)頃 時期不詳 国道150号新道焼津工区の完成により、焼津駅 - 南浜入口区間が「南浜線」に整理され、残る区間は廃止となった。

南浜線[編集]

  • 概説
    • 1966年(昭和41年)- 1970年(昭和45年)頃 時期不詳 - 国道150号新道焼津工区の開通により「和田浜線」が浜通りから園田病院前を経由する運行経路に変更されワンマン化されたことに伴い、浜通りを経由する経路を「焼津市内循環線」と統合して「南浜線」として分離した。
      • 焼津駅 - 新屋 - 北浜通り - 田子の橋入口 - 青峰遊園地前 - 南浜入口 - 会下の島 - 乙女ヶ丘遊園地前
    • 1977年(昭和52年)の路線図では次の経路を運行していた。[21]
      • 焼津駅 - 新屋 - 北浜通り - 田子の橋入口 - 青峰遊園地前 - 南浜入口 - 小川港東
    • 1984年(昭和59年)4月 - 焼津市立病院の移転に伴い焼津市立病院まで延伸している。
      • 焼津駅 - 新屋 - 北浜通り - 田子の橋入口 - 青峰遊園地前 - 南浜 - 南浜入口 - 高橋 - 会下の島 - 石津 - 石津公会堂前 - 中の島 - 下小田 - 下小田上 - 道原市立病院入口 - 焼津市立病院
    • 1993年(平成5年)の時刻表では平日ダイヤは上り6便、下り5便、日曜祝日は1日4往復が運行されていた。[62]
      • 焼津駅 - 新屋 - 北浜通り - 田子の橋入口 - 青峰公園 - 南浜 - 南浜入口 - 高橋 - 会下の島 - 石津 - 石津公会堂前 - 中の島 - 下小田 - 下小田上 - 道原市立病院入口 - 焼津市立病院
    • 1994年(平成6年)3月末の運行を以って廃止された。[14]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『写真で綴る静岡鉄道70年の歩み』静岡鉄道、1989年4月、63頁。
  2. ^ a b c d e f 『鐡道自動車時刻表』藤相鐡道株式會社、1934年12月1日。
  3. ^ 阿形 昭『歴史に残す静岡鉄道駿遠線』静岡新聞社、2015年3月19日、113頁。
  4. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、289頁。
  5. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、57-58頁。
  6. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、48頁。
  7. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、58-63頁。
  8. ^ a b 加藤 佳一『BJニューハンドブックス No.39 しずてつジャストライン』BJエディターズ、2003年5月1日、22頁。ISBN 4-434-01904-X
  9. ^ a b 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、85頁。
  10. ^ a b c 『写真で綴る静岡鉄道70年の歩み』静岡鉄道株式会社、1989年4月、162頁。
  11. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、104頁。
  12. ^ 『市政30周年記念 写真集 懐かしの焼津』焼津市文化財保存協会、1981年10月25日、8頁。
  13. ^ 『藤枝市議会議事録 平成5年9月定例会』藤枝市、1993年9月8日。
  14. ^ a b c d e f g h i j k 『焼津市議会 平成10年6月定例会 議事録』焼津市、1998年6月2日。
  15. ^ a b 『焼津市議会議事録 平成12年11月定例会』焼津市、2000年11月2日。
  16. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、249頁。
  17. ^ 『令和2年度 地域公共交通確保維持改善事業(地域間幹線系統)第三者評価委員会資料』静岡県生活交通確保対策協議会、2021年2月15日。
  18. ^ a b c d e 阿形 昭『歴史に残す静岡鉄道駿遠線 -日本一の軽便鉄道-』静岡新聞社、2015年3月19日、112-113頁。ISBN 978-4-7838-9893-1
  19. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、48頁。
  20. ^ a b c d e f 『バス時刻表 昭和28年9月改正』静岡鉄道株式会社、1953年。
  21. ^ a b c d e f g h i j 『静岡鉄道全区間バス路線図 1977年2月現在』静岡鉄道。
  22. ^ 『静鉄バス時刻表 No.26 朝比奈線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  23. ^ 『静鉄バス時刻表 No.28 朝比奈線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  24. ^ 『静鉄バス全路線ガイド BUS STOP GUIDE』静岡鉄道株式会社自動車部、1994年7月10日。
  25. ^ a b c d e f g h i j 『焼津市議会議事録 平成11年2月定例会』焼津市、1999年2月3日。
  26. ^ a b c d e f 『バス時刻表 附 国鉄線 並 静鉄各鉄道線 1958.12.5改正』静岡鉄道、1958年。
  27. ^ 『静鉄バス時刻表 No.25 大覚寺線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  28. ^ 『静鉄バス時刻表 No.27 大覚寺線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  29. ^ 『バスルートマップ 中部地区保存版』しずてつジャストライン、2002年。
  30. ^ a b c 大井川町史編纂委員会『大井川町史 下巻』大井川町、1992年3月31日、280頁。
  31. ^ a b c 『バス時刻表 1959.10.16現在 静鉄バス』静岡鉄道、1959年。
  32. ^ 『静鉄バス時刻表 和田浜線 50.12.16現在』静岡鉄道株式会社、1975年。
  33. ^ 『静鉄バス時刻表 No.27 和田浜線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  34. ^ 『静鉄バス時刻表 No.29 和田浜線 93.4.1現在』静岡鉄道。
  35. ^ 『静鉄バス全路線ガイド BUS STOP GUIDE』静岡鉄道(株)自動車部、1994年7月10日、38頁。
  36. ^ 大井川町史編纂委員会『大井川町史 下巻』大井川町、1992年3月31日、278頁。
  37. ^ a b 『バス時刻表 1959.10.16現在 静鉄バス』静岡鉄道、1959年、24頁。
  38. ^ 『静鉄バス時刻表 吉永線 50.12.16現在』静岡鉄道株式会社、1975年。
  39. ^ a b c d e f g 『静岡鉄道全区間バス路線図 1984年4月現在』静岡鉄道。
  40. ^ 『大井川町制50周年記念写真集「おおいがわ」』大井川町役場、2005年3月、6頁。
  41. ^ 『静鉄バス時刻表 No.24 用宗線・東新田下川原線・小坂線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  42. ^ 『焼津市議会 平成8年9月定例会 議事録』焼津市、1996年9月。
  43. ^ a b 『静鉄バス時刻表 No.27 保養センター線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  44. ^ 『静鉄バス時刻表 No.27 焼津大富線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  45. ^ 『静鉄グループ百年史 過去から未来へのメッセージ』静岡鉄道株式会社、2020年3月、73頁。
  46. ^ 『焼津市史 市政施行50周年記念写真集「やきつべ」』焼津市、2001年3月1日、176頁。
  47. ^ 『静鉄バス時刻表 No.26 保養センター線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  48. ^ 『焼津市議会 平成13年11月定例会 議事録』焼津市、2001年11月3日。
  49. ^ 『焼津市議会 平成15年9月定例会 議事録』焼津市、2003年9月3日。
  50. ^ 『静鉄バス時刻表 No.11 焼津広幡線 50.12.10現在』静岡鉄道株式会社、1975年。
  51. ^ 『静鉄バス時刻表 No.25 焼津広幡線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  52. ^ a b 『写真で綴る静岡鉄道70年の歩み』静岡鉄道株式会社、1989年4月、165頁。
  53. ^ 『静鉄バス時刻表 No.30 さかなセンター線 62.4.1現在』静岡鉄道、1987年。
  54. ^ 『静鉄バス時刻表 No.28 さかなセンター線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  55. ^ 『静鉄バス時刻表 No.31 中部国道線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  56. ^ 『静鉄バス時刻表 No.25 焼津藤枝線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  57. ^ 『静鉄バス時刻表 No.26 焼津築地線 63.3.14現在』静岡鉄道、1988年。
  58. ^ 『静鉄バス時刻表 No.26 焼津西益津線 63.3.14現在』静岡鉄道、1988年。
  59. ^ 『静鉄バス時刻表 No.27 焼津西益津線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  60. ^ 『静鉄バス時刻表 No.26 大住線 60.4.25現在』静岡鉄道、1985年。
  61. ^ 『静鉄バス時刻表 No.28 大住線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。
  62. ^ 『静鉄バス時刻表 No.27 南浜線 93.4.1現在』静岡鉄道、1993年。