さぬき夢街道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高松市内の通り
Japanese National Route Sign 0011.svgJapanese National Route Sign 0032.svg
さぬき夢街道
国道11号高松東道路
路線延長 11.9 km
制定年 2004年
道路の方角 東西
起点 三木町大字池戸
香川大学医学部北交差点
終点 高松市檀紙町
檀紙交差点
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
終点檀紙交差点

さぬき夢街道(さぬきゆめかいどう/Sanuki yumekaido)は、国道11号高松東道路のうち、一般道路となっている区間の愛称である。香川県木田郡三木町大字池戸(三木町・高松市境付近)の香川大学医学部北交差点から高松市檀紙町の檀紙交差点に至る[1]11.9kmの区間を指す。この愛称は国土交通省の地元ラジオ局を通じた公募によって決定された[1]2004年2月12日に愛称を発表した。 その殆どは高松自動車道高架橋の下を通る。沿線に高松檀紙インターチェンジがある。

備考[編集]

国道11号高松東道路のさぬき三木IC前交差点から香川大学医学部北交差点の区間は、さぬき夢街道に含まれない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 高松東道路愛称決定!!”. 国土交通省 四国地方整備局 香川河川国道事務所. 2016年3月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月15日閲覧。

関連項目[編集]