さそり座AH星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さそり座AH星
AH Scorpii
星座 さそり座
視等級 (V) 6.7 - 9.5[1]
変光星型 SRC[2][3]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α)  17h 11m 17.0228220330s[4]
赤緯 (Dec, δ) −32° 19′ 30.723257250″[4]
視線速度 (Rv) -13.4 ± 2.4 km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経: -4.999 ミリ秒/[4]
赤緯: -2.041 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 1.7338 ± 0.2216ミリ秒[4]
(誤差12.8%)
距離 7,370 光年
(2,260 パーセク[5]
物理的性質
半径 1,411 ± 124 R[6]
スペクトル分類 M5 Ia-Iab[7]
光度 3.31 ×105 L[6]
表面温度 3,682 ± 190 K[6]
色指数 (B-V) 2.57[7]
別名称
別名称
AN 223.1907, CD-32 12429, GSC 07365-00527, HD 155161, HIP 84071, IRC -30282, IRAS 17080-3215, 2MASS J17111702-3219308, RAFGL 1927, SAO 208506[4]
Template (ノート 解説) ■Project

さそり座AH星(さそりざAHせい、AH Scorpii、AH Sco)は、さそり座に位置する脈動変光星である。

特徴[編集]

さそり座AH星は、リーヴィットハーバード大学天文台写真乾板の中から、変光星であることを発見した[8]

さそり座AH星は、6.7等と9.5等の間を714日の周期で半規則的に変光しており、変光星としての分類はSRC型とされている[1][2]変光星総合カタログでは、明るさの変化は8.1等から12.0等と記載されているが、これは写真等級による数値である[2][3]。SRC型は、準周期的に変光する赤色超巨星の脈動変光星が分類される階級で、さそり座AH星自身、スペクトル型はM5 Ia-Iabの赤色超巨星である[9][7]。さそり座の赤色超巨星としてはアンタレスが有名だが、スペクトル型の光度階級からアンタレスよりさそり座AH星の方が光度が大きいことがわかる[注 1]。ただ、さそり座AH星は、アンタレスより遠距離にあるため、アンタレスと異なり肉眼で観ることは出来ない。

名称[編集]

さそり座AH星に固有名はない。さそり座AH星という名称は、変光星の命名規則に従って付与されたもので、さそり座で62番目の変光星であることを示す。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ アンタレススペクトル型がM1.5 Iab-Ibで光度階級はIab-Ib[10]、さそり座AH星のスペクトル型はM5 Ia-Iabで光度階級はIa-Iab[7]超巨星の光度階級は添え字がbよりaの方が光度が高いので、一般にアンタレスの方が暗いことになる。実際、アンタレスの光度が太陽の10万倍程度なのに対し、さそり座AH星の光度は太陽の33万倍と見積もられている[11][6]

出典[編集]

  1. ^ a b VSX : Detail for AH Sco”. AAVSO (2011年7月15日). 2018年11月8日閲覧。
  2. ^ a b c Samus, N. N.; et al. (2009-01), “General Catalogue of Variable Stars”, VizieR On-line Data Catalog: B/gcvs, Bibcode2009yCat....102025S 
  3. ^ a b Hirschfeld, Alan; Sinnott, Roger W., eds. (1985), Sky Catalogue 2000.0 Volume 2: Double Stars, Variable Stars and Nonstellar Objects, Cambridge, MA: Sky Publishing Corporation and Cambridge University Press, p. 244, ISBN 0-93334638-7 
  4. ^ a b c d e f g AH Sco -- Red supergiant star”. SIMBAD. CDS. 2018年11月8日閲覧。
  5. ^ Chen, Xi; Shen, Zhi-Qiang (2008-07), “VLBI Observations of SiO Masers around AH Scorpii”, Astrophysical Journal 681 (2): 1574-1583, Bibcode2008ApJ...681.1574C, doi:10.1086/588186 
  6. ^ a b c d Arroyo-Torres, B.; et al. (2013-06). “The atmospheric structure and fundamental parameters of the red supergiants AH Scorpii, UY Scuti, and KW Sagittarii”. Astronomy & Astrophysics 554: A76. Bibcode2013A&A...554A..76A. doi:10.1051/0004-6361/201220920. 
  7. ^ a b c d Humphreys, R. M.; Ney, E. P. (1974-12-15), “Visual and infrared observations of late-type supergiants in the southern sky”, Astrophysical Journal 194: 623-628, Bibcode1974ApJ...194..623H, doi:10.1086/153282 
  8. ^ ten Bruggencate, P. (1932), “First elements of the four variable stars: SS Scuti, AH Scorpii, BH Scorpii and BI Scorpii”, Annals of the Bosscha Observatory Lembang (Java) Indonesia 2: C45-C52, Bibcode1932AnBos...2C..45T 
  9. ^ GCVS Variability Types and Distribution Statistics of Designated Variable Stars According to their Types of Variability”. General Catalogue of Variable Stars. Sternberg Astronomical Institute (2016年12月). 2018年11月8日閲覧。
  10. ^ Keenan, Philip C.; McNeil, Raymond C. (1989-10), “The Perkins catalog of revised MK types for the cooler stars”, Astrophysical Journal Supplement Series 71: 245-266, Bibcode1989ApJS...71..245K, doi:10.1086/191373 
  11. ^ Pecaut, Mark J.; Mamajek, Eric E.; Bubar, Eric J. (2012-02), “A Revised Age for Upper Scorpius and the Star Formation History among the F-type Members of the Scorpius-Centaurus OB Association”, Astrophysical Journal 746 (2): 154, Bibcode2012ApJ...746..154P, doi:10.1088/0004-637X/746/2/154 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 星図 17h 11m 17.0228220330s, −32° 19′ 30.723257250″