さそり座ニュー星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さそり座ν星
Nu Scorpii
さそり座ν星の構造を簡易的に示した図
さそり座ν星の構造を簡易的に示した図
仮符号・別名 ジャバハー[1]、Jabbah[2][3]
星座 さそり座
視等級 (V) 4.00[4]
分類 七重連星系
位置
元期:J2000.0[4]
赤経 (RA, α) 16h 11m 59.73568s[4]
赤緯 (Dec, δ) -19° 27′ 38.5361″[4]
赤方偏移 0.000008[4]
視線速度 (Rv) 2.4 km/s[4]
固有運動 (μ) 赤経: -7.65 ミリ秒/[4]
赤緯: -23.71 ミリ秒/年[4]
年周視差 (π) 6.88 ± 0.76ミリ秒[4]
(誤差11%)
距離 約 470 光年[注 1]
(約 150 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) -1.8[注 2]
Scorpius constellation map.svg
Cercle rouge 100%.svg
ν星の位置
物理的性質
スペクトル分類 B2V[4]
別名称
別名称
さそり座14番星[4]
HD 145502[4]
HIP 79374[4]
HR 6027[4]
BD-19 4333[4]
SAO 159764[4]
GSC 06209-01537[4]
2MASS J16115974-1927381[4]
Template (ノート 解説) ■Project
さそり座ν星A
視等級 (V) 4.349[5](4.37 + 6.90 + 6.62[6]
分類 三重連星系
位置
元期:J2000.0[5]
赤経 (RA, α) 16h 11m 59.740s[5]
赤緯 (Dec, δ) -19° 27′ 38.33″[5]
物理的性質
質量 6.27 / 2.31 / 2.50 M[6]
スペクトル分類 B3V[6] / ? / ?
光度 2,900[7] / ? / ? L
表面温度 22,000 K[7]
色指数 (B-V) +0.05(Bも含む)[8]
色指数 (U-B) -0.63(Bも含む)[8]
Aaに対するAbの軌道要素
軌道要素と性質
軌道の種類 周回軌道
軌道長半径 (a) 5.55206 ± 0.00003 [9]
離心率 (e) 0.11 ± 0.05[9]
近点引数 (ω) 267 ± 23°[9]
準振幅 26.5 ± 1.3 km/s[9]
Template (ノート 解説) ■Project
さそり座ν星B
視等級 (V) 6.60[10]
分類 恒星
位置
元期:J2000.0[10]
赤経 (RA, α) 16h 11m 59.746s[10]
赤緯 (Dec, δ) -19° 27′ 36.94″[10]
物理的性質
質量 3.91 M[6]
光度 1,300 L[7]
表面温度 22,000 K[7]
Template (ノート 解説) ■Project
さそり座ν星C/D
視等級 (V) 6.30[11](6.90 + 7.39 + ?[6]
分類 恒星 / 二重連星系
位置
元期:J2000.0[11]
赤経 (RA, α) 16h 11m 58.603s[11]
赤緯 (Dec, δ) -19° 27′ 00.15″[11]
赤方偏移 -0.000047[11]
視線速度 (Rv) -14 km/s[11]
固有運動 (μ) 赤経: -4.2 ミリ秒/[11]
赤緯: -18.0 ミリ秒/年[11]
物理的性質
質量 2.31 / 1.99 / ? M[6]
スペクトル分類 B9III / B9III / ?[6]
光度 80 / 40 L[7]
表面温度 12,000 / 10,600 K[7]
別名称
別名称
HD 145501[11]
HR 6026[11]
BD-19 4332[11]
SAO 159763[11]
2MASS J16115858-1927003[11]
Template (ノート 解説) ■Project

さそり座ν星英語: Nu Scorpii)は、地球から見てさそり座の方向に約500光年離れた位置にある、4等級の恒星である。

特徴[編集]

さそり座ν星は、7つの恒星から成る七重連星系である。現時点で発見されている七重連星系は、他にはカシオペヤ座AR星しかない。最も明るい恒星Aaは、太陽の約6倍の質量と、2,900倍の光度を持つB型主系列星である。Aaから0.865ミリ秒離れた位置にある、6.9等級の伴星Abは[6]Aaの周りを軌道離心率0.11のやや潰れた円形軌道を5.552日で公転している[9]。Aa-Ab系から0.063秒離れた位置に、伴星Acがあり、8.324年でAa-Ab系を公転している[6]。さらに、Aから1.305秒(175au[7])離れた位置にある、5.40等級の恒星Bは、太陽の3.91倍の質量を持ち、A系を674.670年かけて公転しているとされている[6]

このA-B系から41.1秒[6](5,500au[7])離れた位置には、恒星C、Da、Dbから成る三重連星系があり[6]、A-B系と区別して、「HR 6026」という名称としても知られる[11]。Cは6.9等級のB型巨星で、Daも7.39等のB型巨星である[6]。Dbに関しては、質量も視等級も分かっていない。Da-Db系はCから2.4秒離れている[6]

さそり座ν星は、「さそり座上部アソシエーション」の中に存在しており、周辺に存在する恒星と共に、星雲IC 4592を明るく照らしている[1]

名称[編集]

さそり座ν星は、固有名としてジャバハー[1]Jabbah[2][3])という名を持つ。2017年6月30日に、国際天文学連合の恒星の固有名に関するワーキンググループは、Jabbahを、さそり座ν星Aaの固有名として正式に承認した[3]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記

出典[編集]

  1. ^ a b c さそり座の多重星、ジャバハー”. ナショナルジオグラフィック (2011年11月28日). 2017年7月30日閲覧。
  2. ^ a b Allen, Richard Hinckley. “Star Names — Their Lore and Meaning: Scorpio”. 2017年7月30日閲覧。
  3. ^ a b c IAU Catalog of Star Names”. 国際天文学連合. 2017年7月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r SIMBAD Astronomical Database”. Result for nu. Sco. 2017年7月30日閲覧。
  5. ^ a b c d SIMBAD Astronomical Database”. Result for nu. Sco A. 2017年7月30日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n Nu Scorpii”. Multiple Star Catalog. 2017年9月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年7月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h Jabbah”. STARS. Jim Kaler. 2017年7月30日閲覧。
  8. ^ a b Nicolet, B. (1964). “Catalogue of homogeneous data in the UBV photoelectric photometric system”. Astronomy and Astrophysics, Supplement Series 34: 1–49. Bibcode1978A&AS...34....1N. 
  9. ^ a b c d e Levato, H.; Malaroda, S.; Morrell, N.; Solivella, G. (1987). “Stellar multiplicity in the Scorpius-Centaurus association”. Astrophysical Journal Supplement Series 64: 487–503. Bibcode1987ApJS...64..487L. doi:10.1086/191204. 
  10. ^ a b c d SIMBAD Astronomical Database”. Result for nu. Sco B. 2017年7月30日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m n SIMBAD Astronomical Database”. Result for HR 6026. 2017年7月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]