さいだん座ミュー星b

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
さいだん座ミュー星b
太陽系外惑星 太陽系外惑星の一覧
Mu Arae b, Celestia.jpg
さいだん座ミュー星b, Celestia
主星
恒星 さいだん座ミュー星
星座 さいだん座
赤経 (α) 17h 44m 08.7s
赤緯 (δ) −51° 50′ 03″
視等級 (mV) 5.15
距離 50.6 ± 0.2 ly
(15.51 ± 0.07 pc)
スペクトル分類 G3IV–V
質量 (m) 1.10 ± 0.01 M
半径 (r) 1.36 ± 0.01 R
温度 (T) 5820 ± 40 K
金属量 [Fe/H] 0.30 ± 0.01
年齢 6.34 ± 0.40 Gyr
軌道要素
軌道長半径 (a) 1.497[1] AU
(223.9 Gm)
近点距離 (q) 1.304 AU
(195.1 Gm)
遠点距離 (Q) 1.689 AU
(252.6 Gm)
離心率 (e) 0.128[1]
周期 (P) 643.25 ± 0.90[1] d
(1.7611 y)
近日点引数 (ω) 22.0 ± 7.0[1]°
近日点通過時刻 (T0) 2452365.6 ± 12.6[1] JD
準振幅 (K) 37.78 ± 0.40 m/s
物理的性質
最小質量 (m sin i) 1.676[1] MJ
(533 M)
発見
発見日 2000年12月12日
発見者 ポール・バトラー,
ジェフリー・マーシー
発見方法 ドップラー分光計
観測場所 カリフォルニア州, アメリカ合衆国の旗 アメリカ
現況 公表
他の名称
HD 160691 b
参照データベース
Extrasolar Planets
Encyclopaedia
data
SIMBAD data

さいだん座ミュー星b(Mu Arae b)またはHD 160691 bは、さいだん座ミュー星の周囲を公転する太陽系外惑星である。少なくとも木星質量の1.5倍であり、軌道周期は643.25日である。2002年12月12日に発見が公表され、当初は高い軌道離心率を持つと考えられていた[2]。最近のモデルでは、さいだん座ミュー星には4つの惑星が存在し、さいだん座ミュー星bの軌道離心率も低いものとなっている[1]。惑星自体は固体の表面を持たない木星型惑星と考えられ、軌道半径は1.497天文単位と液体のを持ちうるハビタブルゾーンの範囲に入っている。つまり、もしこの惑星が衛星を持つとするとそこでは生命を維持できる可能性がある。しかし、生物の自然発生にとっては、主星からの紫外線が強すぎる可能性もある[3]。さらに、地球程度の大きさの衛星が木星型惑星の周囲に形成されるのかもはっきりとは分かっていない[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g Pepe, F.; Correia, A. C. M.; Mayor, M.; Tamuz, O.; Couetdic, J.; Benz, W.; Bertaux, J.-L.; Bouchy, F.; Laskar, J.; Lovis, C.; Naef, D.; Queloz, D.; Santos, N. C.; Sivan, J.-P.; Sosnowska, D.; Udry, S. (2007). “The HARPS search for southern extra-solar planets. VIII. μ Arae, a system with four planets”. Astronomy and Astrophysics 462 (2): 769–776. Bibcode 2007A&A...462..769P. doi:10.1051/0004-6361:20066194. 
  2. ^ Butler, R. Paul; Tinney, C. G.; Marcy, Geoffrey W.; Jones, Hugh R. A.; Penny, Alan J.; Apps, Kevin (2001). “Two New Planets from the Anglo-Australian Planet Search”. The Astrophysical Journal 555 (1): 410–417. Bibcode 2001ApJ...555..410B. doi:10.1086/321467. 
  3. ^ Buccino, Andrea P.; Lemarchand, Guillermo A.; Mauas, Pablo J. D. (2006). “Ultraviolet Radiation Constraints around the Circumstellar Habitable Zones”. Icarus 183 (2): 491 – 503. Bibcode 2005astro.ph.12291B. doi:10.1016/j.icarus.2006.03.007. 
  4. ^ Canup, R., Ward, W. (2006). “A common mass scaling for satellite systems of gaseous planets”. Nature 441 (7095): 834 – 839. doi:10.1038/nature04860. PMID 16778883. http://www.nature.com/nature/journal/v441/n7095/abs/nature04860.html. 

座標: 星図 17h 44m 08.7s, -51º 50' 03''