さいたま赤十字病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg さいたま赤十字病院
Saitama Red Cross Hospital 3.JPG
情報
英語名称 Saitama Red Cross Hospital
前身 埼玉支部療院
埼玉支部与野療院
埼玉県支部与野病院
与野赤十字病院
大宮赤十字病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器科、消化器科、循環器科、小児科、外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科
許可病床数

605床


一般病床:605床
職員数 1,006人(2009年3月現在)
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 日本赤十字社埼玉県支部埼玉県知事
管理者 加藤泰一(院長)
開設年月日 1934年7月6日
所在地
338-8553
埼玉県さいたま市中央区上落合8-3-33
位置 北緯35度53分58秒
東経139度37分23秒
二次医療圏 さいたま
PJ 医療機関
テンプレートを表示
赤十字の標章

さいたま赤十字病院(さいたませきじゅうじびょういん)は、埼玉県さいたま市中央区にある医療機関である。日本赤十字社埼玉県支部設置の病院である。救急病棟32床 ・ICU6床、CCU14床を備える。

概要

旧称は大宮赤十字病院。旧与野市にあったものの大宮と名乗った理由は、当時の浦和町大宮町に建設しようとしたところ、両町の医師会から反対を受け、やむなく与野町と大宮町の境に用地を取得して建設したこと、最寄駅が大宮駅であるにも関わらずその名称のため与野駅から来院する者が多々いたこと、与野の名称では埼玉県所在とすぐに分からずに説明を要したことなどによる[1]

移転

東日本大震災後の防災意識の中で、建物の老朽化と耐震性の問題がクローズアップされ、さいたま新都心第8-1A街区医療拠点整備事業として埼玉県立小児医療センターと併設新築されることとなった。2016年末に開院予定で、移転に際して母子医療を拡充させ、小児医療センターと併設する事により、連結・連携して、総合周産期母子医療センターの機能を整備する。

また、災害時に防災基地・大規模避難施設となるさいたまスーパーアリーナや国の官公庁が入る合同庁舎が集まる地区に移転することで、緊急時の医療拠点となることを期待されている。赤十字病院の用地は、埼玉県さいたま市日本赤十字に貸与し、赤十字は旧病院の土地を賃貸して、費用を捻出する方針である。建物移転・建設費用は、埼玉県と赤十字病院がそれぞれ負担する。現病院跡地は防災公園の整備を検討している。

新しい赤十字病院には、県内2番目となる母体・胎児集中治療室(MFICU)を9床新設する。

沿革

  • 1934年昭和9年)7月3日 - 日本赤十字社埼玉支部療院落成式。7月6日より診療開始
  • 1940年(昭和15年)11月1日 - 日本赤十字社埼玉支部与野療院に改称。
  • 1942年(昭和17年)12月22日 - 日本赤十字社埼玉県支部与野病院に改称。
  • 1943年(昭和18年)1月4日 - 与野赤十字病院に改称。
  • 1947年(昭和22年)1月17日 - 大宮赤十字病院に改称。
  • 1947年(昭和22年)11月3日 - 本館塗装工事中に出火。本館・第一病棟を焼失。
  • 1957年(昭和32年)10月25日 - 総合病院の名称許可
  • 1964年(昭和39年)6月12日 - 救急病院の指定。
  • 1968年(昭和43年)10月31日 - 鉄筋5階建新病棟完成
  • 1972年(昭和47年)4月1日 - 臨床研修病院に指定。
  • 1975年(昭和50年)10月22日 - 新病棟新築
  • 1980年(昭和55年)1月31日 - 埼玉県救命救急センター完成(1987年に大宮赤十字病院救命救急センターに名称変更)
  • 1999年平成11年) - 埼玉県災害拠点病院に指定。
  • 2003年(平成15年) - さいたま赤十字病院に改称。
  • 2005年(平成17年)1月17日 - 地域がん診療連携拠点病院に指定。
  • 2011年(平成23年) - 建物の老朽化・耐震の観点から、さいたま新都心に移転決定。
  • 2013年(平成25年) 新病院着工
  • 2016年(平成28年)8月 - 新病院完成予定。
  • 2016年度(平成28年) - 移転開院予定。

標榜診療科

救命救急センター

さいたま市のほぼ中央に位置し、埼玉県中央部の3次救急の中心的な役割を担っている。 大規模災害時には埼玉県特別機動援助隊(埼玉SMART)災害派遣医療チーム(DMAT)として医師や看護師を派遣する。

診療協働部門
  • 看護部
  • 健診部
  • 病理部
  • 放射線科部
  • 薬剤部
  • 栄養課
  • 検査部
  • 臨床工学技術課

医療機関の指定等

交通アクセス

関連項目

脚注

  1. ^ 昭和22年1月6日付埼赤第4号「病院名改正認可申請書」日本赤十字社社長宛文書。

参考文献

  • 『赤十字埼玉百年史』日本赤十字社埼玉県支部、1988年

外部リンク