ごみ収集

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ごみ収集車、タイサコン・ナコーン英語版にて。
人力でごみを集める収集作業員たち、シンガポールブキット・バトック・ウェスト英語版にて。
ステッカーを貼られ、歩道脇におかれたごみ袋、アイルランドダブリン

ごみ収集(ごみしゅうしゅう)は、廃棄物処理の工程のひとつ。ごみとなるものが使用され、捨てられる場所から、何らかの処理が行われる場所、あるいは、埋立処分が行われる場所へと、ゴミを運搬すること。ごみ収集には、自治体による廃棄物転換英語版プログラムの取り組みの一環である、厳密には廃棄物ではないリサイクル可能なものの道路脇収集英語版も含まれる。

家庭ごみ[編集]

経済的な先進国における家庭ごみは、通常、ごみ箱やリサイクル用の回収箱に入れられ、ごみ収集車を使うごみ収集作業員によって集められる。

しかし、メキシコ[1]エジプト[2]などを含め、多くの開発途上国では、道路脇に置かれたごみ箱やごみ袋は、住民がごみ収集作業員に連絡しなければ、回収されないままとなる。

メキシコシティの住民は、各地区を巡回して頻繁に停車するごみ収集車のところまで、ごみを持っていかなければならない。ごみ収集作業員は、鐘を鳴らしたり、場合によっては叫び声を上げ、ごみの受け入れが可能であることを知らせる。住民たちは列を作り、各自のごみ箱を作業員に手渡すのである。地区によっては、その際にチップが期待されていることもある[1]。民間のごみ収集の下請け作業員が、ごみ箱をのせた台車を押し、鐘を鳴らし、呼び声を上げながら、最大一日あたり5回、地区内を回っている場合もある。こうした民間の下請け作業員たちは、給料をもらっているわけではなく、もっぱらチップの受け取りに依存して生き延びている[1]。彼らは、集めたごみを、後でごみ収集車のところへ持っていく。

ごみ収集車は、回収したごみをごみ一時保管所英語版に運ぶこともよくあり、そこで、より大きな運搬車に積み替えられたごみは、埋立処分場や、その他の廃棄物処理施設へと運び直される。

危険物など[編集]

ごみ収集に関して考慮されなければならない事柄には、ごみ箱の型や大きさ、設置位置、回収頻度などがある。詰め込み過ぎのごみ箱は、回収の際にごみの一部がこぼれる結果にもなる。石油缶の空き缶のような、危険物のごみは、収集車のプレス機構が稼働しているときに他のごみを発火させることもあり得る。ごみ収集の負担金を払っていない者が、ごみを投じることがないように、ごみ箱には、鍵がかけられたり、監視の目が届く安全な場所に設置されることもある。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]