ごきぶりポーカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ごきぶりポーカー
デザイナー ジャック・ゼメフランス語版
販売元 ドイツの旗ドライ・マギアドイツ語版
日本の旗メビウスゲームズ
発売日 2004年
ジャンル カードゲーム
プレイ人数 2 - 6人
対象年齢 8歳以上
プレイ時間 約20分
必要技能 ブラフ

ごきぶりポーカー (: Kakerlakenpoker) とは、ドイツ玩具メーカー、ドライ・マギアドイツ語版が2004年から発売しているカードゲームである。ジャック・ゼメフランス語版制作。日本ではメビウスゲームズから販売されている。プレイ人数は2 - 6人。プレイ時間は約20分。対象年齢は8歳以上。

8種類の「嫌われ者」の動物や害虫ゴキブリネズミコウモリハエカエルクモサソリカメムシ)が描かれたカードを押し付けあうゲーム。ブラフポーカーフェイスなどの心理的要素が重要となる。

ルール[編集]

ゲームの準備[編集]

  • 全てのカードを、全員が同じ枚数となる範囲で配る。5人なら各12枚ずつ、6人なら各10枚ずつ。これは、手札の数が出題(後述)できる回数(言い換えると親となれる回数)であり、手札の少ない方が不利だからである。配り切らずに余ったカードはゲームでは使わないため、邪魔にならないところによけておく。
    • 配る枚数は、プレイ時間短縮のため適宜減らしてもよい。減らした方が、同じ種類のカードが出切っている状況を低減できるためゲーム性が上がる。なお、各動物のカードは8枚ずつあり、計64枚である。
  • 適当な方法で、最初のプレイのを決める。親は最初の出題者となり、手札が他プレイヤーより一枚少ない状態から始まり若干不利となるため、カードが余っているなら一枚与えてもよい。

ゲームの進行[編集]

  • は適当なプレイヤーを1人選び、手元のカードから1枚、絵柄を宣言しながら(例えば「このカードはゴキブリです。」)伏せた状態で渡す。この時、宣言する絵柄は真実でも嘘でも構わない(例えば「このカードはゴキブリです。」と宣言しながらサソリのカードを渡すこともできる)。以下、出題者と呼ぶ。
  • 伏せたカードを渡されたプレイヤー(以下、回答者と呼ぶ)は、「渡されたカードの真偽判定を行う」か、勝負を避けて別のプレイヤーに対して同様に出題するかのどちらかを行う。
    • 渡されたカードの真偽判定を行う場合、直前の宣言が正しいかどうか宣言してから(例えば「これは本当にゴキブリです。」あるいは「これはゴキブリではありません。」)カードを表にする。
      • 判断が正解であれば(出題者の嘘を見破った、あるいは本当のことを言っている出題に本当だと答えた)、カードは出題者(直前に宣言をしたプレイヤー)の前に表にして置かれる。
      • 判断が間違いであれば(嘘なのに本当だと答えた、あるいは本当なのに嘘だと答えた)、カードは回答者の前に表にして置かれる。
    • 勝負を避ける場合、そのカードを出題した以外のプレイヤーを1人選び、同様にカードの絵柄を宣言しながら伏せた状態で渡す。この時点で、新たにカードの絵柄を宣言したプレイヤーが出題者となり、前の出題者はカードの押し付け合いとは関係がなくなる。
      • 出題する前に、カードの絵柄を(自分にだけ見えるように)見て、出題が本当だったのかを確認してもよい。カードの絵柄を確認した上、前の出題者のとおりに宣言するのも(「ゴキブリでした」)、違う絵柄を宣言しても(「ゴキブリではなくカメムシでした」)、もちろん本当のことを言うのも自由である。賭けになるが、顔に出るのを防止するために敢えてカードの絵柄を確認しないまま他のプレイヤーにカードを回すのもルール違反ではない。
      • 同一ターンでは、一度カードの絵柄を出題したプレイヤーには再度出題することができない(出題時にカードを見て真実を知っているため)。カードが巡り続け、最後にカードの絵柄を出題された(自分以外にカードの絵柄を出題していないプレイヤーがいない)プレイヤーは、カードを別のプレイヤーに回すことは出来ず、必ず出題の真偽を回答しなくてはならない。
  • カードを押し付けられたプレイヤーが新たなとなり、#ゲームの終了までこれを繰り返す。

ゲームの終了[編集]

一人のプレイヤーが以下のどれかの状態となった時点で、そのプレイヤーは敗北し、それ以外のプレイヤーは全員勝者となる。

  • 押し付けられた動物カードの内、同じ動物のカードが8枚中4枚揃った。
  • 押し付けられた動物カードが、8種類全て揃った。[要出典]
  • 手元のカードが全て無くなった。手札が無くなった時点ではプレイを続行できるが、手札が無くなった状態でカードの押し付け合いに負けると、次の出題が不能となるため敗北となる。

ゲームを続ける場合、負けたプレイヤーが次のゲームでの最初の親となる。

関連項目[編集]