こんばんは21世紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こんばんは21世紀
ジャンル スペシャルドラマ
放送時間 日曜日 20:30 - 21:30(60分)
放送期間 1964年4月12日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 東京12チャンネル
演出 若林一郎田原総一朗
原作 安部公房
脚本 柾木恭介
出演者 フランキー堺観世栄夫
岡本太郎加賀まりこ
オープニング 別宮貞雄
エンディング 同上
テンプレートを表示

こんばんは21世紀』(こんばんは にじゅういっせいき)は、安部公房作・構成のテレビドラマ1964年(昭和39年)4月12日(日曜日)に東京12チャンネル(現・テレビ東京)開局記念番組として放映された[1]

あらすじ[編集]

21世紀の機械化された法廷裁判長検事席に相当するところにはコンピューターとオッシログラフがあり、それらが発言すると波形が現われる。それと並んでスクリーンがあり、必要に応じて映像が現われる。傍聴席にはマンガの人間たち。突然、機械の検事が、われわれは人間を起訴する、人間はもういらなくなった、と示す。それに憤ったフランキー堺が人間を弁護して断固、法廷で闘う。

原始時代の人間の諍いから、大砲を発明した時代、原水爆時代に至るまでの歴史が流れる。検事は、人間が機械を発明したのではなくて、実は機械が人間を使って、進化発展したのだと主張し、わたしたちの先祖の「棒」は人間が機械を育てるのを待っていたのだと言う。検事と弁護人・フランキーは様々な応酬をする。

最後にフランキーは、「宇宙船も電子計算機も、孫の手爪楊枝と同じように、人間の欲望の産物でもあるのです」「かつて人間が幾度か訪れた危機を、みずからを変えることによって、乗りこえてきたように、現在の電子計算機時代、コンピューター時代という危機をくぐり抜けるためには、新しい価値基準をつくりあげる以外に道はありません。それができない人間は、物語としてではなく、現実に機械の裁判を受け、有罪を宣告されるでありましょう……そして、それは、決して遠い未来のことなのではありません」と結ぶ。

登場人物[編集]

被告、弁護人、検事、原始人A、原始人B(女)、原始人C、証人(数学者)、証人(精神主義者)、特別弁護人、妻、夫、少女、歌手、TVドラマ要員

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「作品ノート18」『安部公房全集 18 1964.01-1964.09』(新潮社、1999年)

参考文献[編集]

  • 『安部公房全集 18 1964.01-1964.09』(新潮社、1999年)