こじし座46番星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
こじし座46番星
46 Leonis Minoris
仮符号・別名 プラエキプア[1]
星座 こじし座
視等級 (V) 3.83[2]
位置
元期:J2000.0[2]
赤経 (RA, α) 10h 53m 18.70487s[2]
赤緯 (Dec, δ) +34° 12′ 53.5375″[2]
赤方偏移 0.000052[2]
視線速度 (Rv) 15.69 ± 0.19km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: 92.02 ミリ秒/年[2]
赤緯: -285.82 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 34.38 ± 0.21ミリ秒[2]
距離 94.87 ± 0.58光年[注 1]
(29.09 ± 0.18パーセク)[注 1]
絶対等級 (MV) 1.511[注 2]
物理的性質
スペクトル分類 K0III[2]
色指数 (B-V) 1.04[3]
色指数 (U-B) 1.07[3]
別名称
別名称
Praecipa[4]
BD +34 2172[2], FK5 412[2], HD 94264[2], HIP 53229[2], HR 4247[2], SAO 62297[2]
■Project ■Template

こじし座46番星 (46 LMi) は、こじし座で最も明るい恒星である。

名称[編集]

1801年のボーデのカタログから、こじし座O星 [注 3]と呼ばれることもある。

ヨハネス・ヘヴェリウスがこじし座を創作して約150年後の1845年、フランシス・ベイリーは、著書 British Association Catalogue の中で、こじし座で2番目に明るい星に「こじし座ベータ星」と命名したが、最も明るいこの星に対しては「こじし座アルファ星」と名付けなかった[4][5]

ラテン語で「チーフ」という意味のプラエキプア (Praecipua) という固有名を持つ[6]リチャード・ヒンクリー・アレンは、著書 Star Names, Their Lore and Meaningの中で、「ヨハネス・ヘヴェリウスによってこじし座で最も明るい星にこの名前が付けられ、後にジュゼッペ・ピアッツィが46番星の名前とした」と紹介した[4]。その結果、プラエキプアは46番星の固有名として世に知られることとなったが、実際にはヘヴェリウスの著書にこの名前は見られず、またピアッツィが「プラエキプア」と名付けたのはこじし座37番星であったとされる[4]

中国では「紫微垣の4番目の星」という意味で「勢四」と呼ばれる。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算(誤差も同様)、光年はパーセク×3.26より計算。各有効桁小数第2位
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。有効桁小数第3位
  3. ^ オミクロン星ではない

出典[編集]

  1. ^ 原恵 『星座の神話 - 星座史と星名の意味』 (新装改訂版) 恒星社厚生閣、1996年6月30日、92-93頁。ISBN 4-7699-0825-3 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME 46 LMi. 2015年7月2日閲覧。
  3. ^ a b イェール輝星目録第5版
  4. ^ a b c d Ian Ridpath. “Star Tales - Leo Minor”. 2015年7月2日閲覧。
  5. ^ Wagman, Morton (2003). Lost Stars. Blacksburg, Virginia: McDonald and Woodward. ISBN 0-939923-78-5. 
  6. ^ Allen, R. H., (1963). Star Names: Their Lore and Meaning (rep. ed.). New York, NY: Dover Publications Inc.. p. 264. ISBN 0486210790. [1]