こおり鬼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

こおり鬼(こおりおに、英語:freeze tag)とは子供の遊びの1つで、鬼ごっこから派生したものである。

ルール[編集]

  1. じゃんけんなどによって、参加者を鬼と子に分ける。鬼は1人の場合も複数の場合もある。
  2. 鬼は決められただけ数をかぞえ、その間に子は逃げる。
  3. 鬼は子を追いかける。子に触ることができた場合、子は凍った状態、つまり動くことができなくなる。この状態は、他の子に触ってもらうことで解かれる(凍った子のの下をくぐることで解かれるというルールもある)。
  4. 鬼が全ての子を凍った状態にできたら、ゲームは終わる。その他、皆が飽きてきた場合も同様に終了する。再度新しくゲームを始める場合は、前回最初に鬼に触られたものが鬼になる。

バナナ鬼のように、普通の鬼ごっことは異なり、鬼はゲームが終わるまで鬼のままである。鬼はよほど足が速くない限り、全員を凍った状態にすることは難しい。

地域特有のルール[編集]

  • じゃんけんなどによって、参加者から鬼を決める。鬼は通常1人である。
  • 鬼は決められただけ数をかぞえ、その間に子は逃げる。
  • 鬼は子を追いかける。子に触ることができた場合、触られた子が新しい鬼となり鬼は子になってゲームを続ける(その場でずっと氷になっている場合もある)。
  • 子は「こおり」と宣言することによって、鬼に触られても鬼の交代を免れることができる。ただし「こおり」を宣言した子はそれ以降凍った状態、つまり動くことができなくなる。この状態は、他の子に触ってもらうことで解かれる(自ら解除することができるというルールもある)。
  • 「こおり」を宣言した状態で動くことおよび、他の全ての子が凍っている状態で唯一動ける子が「こおり」を宣言することは反則である。鬼が反則者へ交代するペナルティを与えられるのが通例である。
  • 他の鬼ごっこと同様、ゲームの終了は規定されておらず皆が飽きてきた場合などに終了する。