けの汁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
けの汁
味噌から作る調味料すましを使用した、けの汁。大根、人参、ごぼう、ふき、ぜんまい、わらび、油揚げ、凍り豆腐、こんにゃく、青大豆が入っている。出汁は昆布のみで精進になっている。

けの汁(けのしる)は青森県津軽地方から秋田県にかけての範囲で作られている郷土料理である。秋田県ではきゃの汁きゃのことも呼ばれる。細かく刻んだ野菜を昆布出汁で煮込んだ汁物で、名称は「の汁」に由来するとされる。

他地方の七草がゆに相当する小正月の行事食として作られている[1]

調理法[編集]

材料はダイコンニンジンワラビゴボウ凍豆腐油揚げこんにゃく、青大豆。地域や家庭によって具材に多少の違いがあるが、根菜を中心とした野菜と大豆製品を昆布出汁で煮込んだ精進料理であることは共通している。

  1. 材料のうち、大豆を含めた乾物や塩蔵物を水で戻す。
  2. 大豆以外の材料を全て細かく刻み、昆布出汁で煮込む。この間に、水でもどした大豆をすり鉢で磨り潰す。
  3. 野菜が煮えたところで味噌すましで味を整え、じんだ(磨り潰した大豆)を入れて仕上げる。

行事との関連[編集]

東北地方では小正月を「女の正月」として祝い、けの汁を仏前に供える[2]。その折にけの汁を大鍋で大量に作って数日がかりで食べるが、これは日ごろ炊事などの家事に追われる主婦を休ませる意味合いもある[2]

出典[編集]

  1. ^ あおもり産品情報サイト、2016年4月23日閲覧
  2. ^ a b 秋田の海・山・里の伝統食100選 きゃのっこ汁”. 秋田県 あきた食の国ネット. 2014年1月15日閲覧。
  • 『日本の食生活全集 青森の食事』 日本の食生活全集青森編集委員会、農山漁村文化協会〈日本の食生活全集〉、1986年8月ISBN 4540860324
  • 『日本の食生活全集 秋田の食事』 日本の食生活全集秋田編集委員会、農山漁村文化協会〈日本の食生活全集〉、1986年2月ISBN 4540850660

外部リンク[編集]