ぐんネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ぐんネットは、群馬県前橋市高崎市渋川市を発着するバス事業者で共通に使用できる磁気式プリペイドカードである。

関越交通1994年(平成6年)4月1日、群馬県内では初めて他社に先駆けてバスカードを導入した。同社の方式を共通化し2000年(平成12年)12月12日から、関越交通、群馬バス群馬中央バス日本中央バス永井運輸で運用を開始。2002年(平成14年)から上信電鉄も運用に参加している。

正式名称は「群馬県共通バスカード」だが、愛称「ぐんネット」は一般公募で制定した。基本デザインカードの図柄(企画物以外)にあるキャラクターには、群馬県のマスコットであるぐんまちゃんが描かれている。

発行券種と特徴[編集]

制度上は回数乗車券の位置づけであり、1,000円(利用額1,100円)、3,000円(同3,550円)、5,000円(同6,050円)の3種類のカードがある。3,000円券と5,000円券は、かつて東京都神奈川県千葉県埼玉県で利用されていたバス共通カードよりもプレミアムが多い(3,000円券は190円、5,000円券は200円)。また、バス共通カードとの相互間の利用はできなかった。群馬県内に営業所・路線がある朝日自動車太田市)、国際十王交通伊勢崎市)でも使用出来ない(なお、朝日自動車はバス共通カードを導入していた)。

また、65歳以上が利用できる敬老カードも用意されている。こちらは発行する自治体によって発売金額が異なる。

利用方法など[編集]

「群馬県共通バスカード取扱車」ステッカー

本カードを使用できるのは「群馬県共通バスカード取扱車」(紫色のステッカー)の表示がある一般路線バスである。

小児運賃や複数人利用など、大人1人の料金でない場合はカードを通す前に乗務員に申告する必要がある。

乗車時と降車時にカードリーダーに通して利用する。群馬県ではほとんどの場合後扉より乗車、前扉から降車なので、乗車時に後扉付近のカードリーダーに通し、降車時は運賃箱のカードリーダーに通して利用する。

利用可能なバス[編集]

一般路線[編集]

コミュニティバス[編集]

  • ぐるりん(高崎市)(新町循環線・外来センター線では利用不可)
    • はるバス(榛名地域)
  • マイバス(前橋市)
  • 渋川タウンバス(渋川市)(日本中央交通が委託運行)

尾瀬カード[編集]

関越交通専用のバスカードで、発売額3,000円に対して4,350円利用できるバスカードである。割引率が高い代わりに乗車できる路線が限定されており、利根・沼田地域(おもに沼田駅水上駅上毛高原駅を発着する路線)と前橋・渋川地区の一部区間のみで利用できるバスカードである。なお、尾瀬カード適用路線・区間で、ぐんネットを使用することも可能である。

このカードにも敬老カードが設定されており、こちらも発行する自治体によって発売金額が異なる。

PASMOへの移行について[編集]

関東のほとんどのバス・鉄道で使えるICカードPASMO」は、2007年3月18日から順次サービスを開始しているが、ぐんネット導入事業者のPASMOへの移行については、2012年9月現在予定されていない。

参考資料[編集]

  • バスマガジン vol.12「おじゃまします バス会社潜入ルポ 関越交通」

関連項目[編集]