くんち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

くんちとは、九州北部における秋祭りに対する呼称。収穫を感謝して奉納される祭である。「おくんち」と称される場合もある。

ほとんどのくんち行事に共通する要素として、神社から御旅所まで神輿による御神幸が行われることがある。またそこに大名行列稚児行列山車(曳山、山笠など)、囃子踊り獅子舞などが加わるが、何が加わるかについてはその地域ごとに大きく異なり、同じ「くんち」と一括りにできないほど多彩なものになっている。

現代においては御神幸よりもそれに加わるものの方がイベントとしてメインの扱いを受けており、神事としての意味合いはかなり薄れている。

語源[ソースを編集]

多くのくんちでは平仮名表記の「(お)くんち」を正式名称として使っているが、語源の説により「(御)九日」、「(御)供日」「(御)宮日」と幾つかの漢字表記がある。

九日説[ソースを編集]

旧暦9月9日重陽節句に行われた祭であることから「九日(くんち)」という呼び名が定着したという説。長崎など、この説を有力としている地区が多い。9月19日9月29日を含めた日程で三九日(さんくにち、みくにち)としての祭礼を行っている地域もあり、これが元ともいわれる。

現在は参加者の都合から休日などに日程をずらして行われているくんちも多い。この説をとる祭りが多いにもかかわらず漢字表記として「九日」が使われることがほとんどないのは、日程について誤解を与えないためであるとされる。

昔から九日に行われていなかったくんちもあるが、これに対しては呼び名だけが伝わったためという説明がされる。

供日説[ソースを編集]

収穫した作物を神に供える日、「供日(くにち)」から転じて「くんち」になったとする説。漢字表記がされる場合にはこの表記が使われていることも多いが、後から当て字として考えられたものともいわれる。

宮日説[ソースを編集]

お宮に対して祭を行うため「宮日」ということだが、くんちの呼称が秋祭りに限られることが説明しにくいため、後から当て字として考えられたものともいわれる。

各地のくんち[ソースを編集]

日本三大くんち[ソースを編集]

この「日本三大くんち」が選定されたのは、早くとも博多おくんちが始まった1953年(昭和28年)より後と考えられる。どこの誰がどういう基準で選んだものかについては、比較的近年のことだがわかっていない。

その他のくんち[ソースを編集]

福岡県[ソースを編集]

佐賀県[ソースを編集]

長崎県[ソースを編集]

※ 長崎市の各地域で行われるくんちを総称して、「郷(さと)くんち」とも呼ばれる。