くろべ牧場まきばの風

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:施設外観の画像提供をお願いします。2014年8月

座標: 北緯36度50分53.9秒 東経137度30分28秒 くろべ牧場まきばの風(くろべぼくじょうまきばのかぜ)は、富山県黒部市宇奈月町栃屋字広谷にある牧場。かつて、魚津市黒部市滑川市の3市で構成される一部事務組合の新川育成牧場組合が設置した牧場で[1]、2014年3月までは「新川育成牧場」(通称「新川牧場」)という名称であった。

概要[編集]

牧場は標高240mから424mの丘陵地にあり、約85haの敷地を有する[2]乳牛などの放牧が行われている。高台にあるため、眼下には黒部川扇状地片貝川、さらに富山湾を挟んで能登半島を眺望することができ景観が非常によい。またレジャー施設を併設し、一般人も利用できる。

1969年(昭和44年)に富山県東部の酪農振興を目指し、黒部市魚津市滑川市等を主体に新川育成牧場組合が設立され、下新川郡宇奈月町栃屋字広谷にて牧場施設の整備を開始し、1971年(昭和46年)4月20日に当時富山県内最大規模の牧場として開牧した[2][3][4]。その後、1974年(昭和49年)に造成が完了し[2]1976年(昭和51年)に新川畜産公社が設立され、牧場の運営管理を行っていたが、2013年(平成25年)9月30日を以て新川畜産公社が解散、同年10月1日に黒部市に移管された[5]2014年(平成26年)3月21日には、『くろべ牧場 まきばの風』に改称する事が発表され、同年4月に正式に改称。

観光施設[編集]

  • うしのいえMOOガーデン
当牧場内になる特産物流通施設で、1996年(平成8年)に整備が始まり、2000年(平成12年)4月28日にオープニングセレモニーが行われた[2]。当牧場の牛乳を使ったジェラートソフトクリームシュークリームプリンパンケーキピザが味わえる。
  • バーベキューハウス
  • 六角堂

送信施設[編集]

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数 開局日
新川コミュニティ放送
愛称「ラジオ・ミュー」
JOZZ5AG-FM 76.1MHz 20W 19W 黒部市 約-世帯 1997年12月24日

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 新川育成牧場組合規約
  2. ^ a b c d 『魚津市史 続巻 現代編』(2012年3月31日、魚津市教育委員会発行)235 - 236ページ。
  3. ^ 『うおづ便利帳』(2012年4月、魚津市役所発行)16 - 17ページ『市制60周年の歩み』より。
  4. ^ 『黒部市史 歴史民俗編』(1992年3月25日、黒部市発行)838ページより。
  5. ^ 北日本新聞 2018年4月7日朝刊15面『黒部市まちづくり特集 市民が奏でる黒部交響曲』より。

外部リンク[編集]