くらわんか碗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くらわんか碗(くらわんかわん)とは、江戸時代の磁器製の普段使いの庶民の雑器。長崎県波佐見焼愛媛県砥部焼大阪府古曽部焼などの製品が伝存。

概要[編集]

昔はくらわんか碗に、ご飯にかぎらず、汁物などをよそったり、を飲んだりするのに使用した。

近年見直されている。

また、上記を参考に作られたお碗で、くらわんか碗を称するものもある。

関連項目[編集]