くにっこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「くにっこ」の車両
「くにっこ」の車両(立川バス塗色)

くにっこは、東京都国立市が運営するコミュニティバスである。2003年3月に開業し、愛称と車体デザインは市民公募で選ばれた。運行を立川バス上水営業所)へ委託している。

概要[編集]

国立市は、東京西部にある市で面積は狭いものの、鉄道は東西方向に走る中央線と市南部を通る南武線が存在するのみであった。また、市内の道路は狭隘である区間が多く、既存のバス車両によるバスの運行が困難で公共交通がない不便な地域が存在していた。

これらを解決するため、当局は2000年から部局を横断する形で検討会を市庁内に設置した。同時に、住民に対するアンケート調査も行われた。これらを基にして、2001年には「国立市コミュニティバス協議会設置要綱」を制定し、学識経験者、関係行政機関の代表、事業者団体等の代表、市民などからなる協議会を設置した。

この中で、「既存の交通手段では対応の難しい交通不便地域におけるモビリティを確保するバス」を中心にすえた4本のコミュニティバスのコンセプトを提起した。これに、コンサルタントによる調査、市民ニーズなどをすり合わせることにより、どのような路線が適切であるのかの検討を行い、市内の鉄道駅のうち国立駅と市役所をはじめとした公共施設集積地区を結ぶルートを提言することとなった。しかし、市の財政状況が厳しいこともあり、必要性の高い北西中地区を短期対応とし、ほか2ルートは中長期対応とした。また、そのほかに運賃や運営形態などの提言が行われた[1]

利用状況[編集]

初期は2台のバスを用いた47分に1本というサービスレベルであったが、運行開始当初から1日600人程度の利用が見られた。また、4割は東京都シルバーパスを利用した高齢者であり、これらの人々の外出支援としての役割を十分に果たしているといえた。なお、これらをあわせても、国立市の支出は当初見込みを下回ることとなった[1]

運行系統[編集]

2つの運行ルートがある。運賃は2017年4月1日に改訂され、全区間大人180円、小人90円均一である。また同日より、PASMOSuica等の交通系ICカードに対応した。なお、運行ルート名は全て運行区間の地域名を示している。
2014年4月15日まで「青柳・泉ルート」の運行系統もあったが休止となり、翌日よりワゴン車を使った乗合交通サービス「くにっこミニ」による試行運行が開始されている。

北西中ルート[編集]

  • 国立駅北口 - 第一公園西 - 青柳都営住宅 - (くにたち西児童館→ / ←西一丁目交差点) - 国立駅南口 - 国立学園 - (音高→ / ←都立五商南) - さくら通り西 - 国立市役所

国立駅北口を起点に国立市役所、国立駅北口など4路線中最も広範囲を運行。日中のみ47分間隔で1日11往復運転。

北ルート[編集]

  • 国立駅北口 - 北第一公園西

国立駅北口を起点に北西部にある都営団地を結ぶ。北西中ルートの区間運転で、朝夕のみ15分 - 32分間隔で1日17往復運転。

くにっこミニ[編集]

これまでのバス車両では通れない狭い道でも運行できるワゴン車型の乗合交通サービスを2014年4月16日から最長3年の試行運行開始。名称は、国立市コミュニティワゴン「くにっこミニ」である。
運賃は大人200円、小人100円で、くにっこの大人170円、小人90円より割高。しかし、70歳以上の高齢者や身障者は100円というくにっこには無い運賃制度がある。回数券も販売(50円22枚綴りで1,000円)されているが、くにっこには利用できない。
運行は、地元のタクシー会社である銀星交通(有)に委託している。

運行系統[編集]

青柳ルート[編集]

  • 国立市役所 - くにたち福祉会館 - 矢川駅 - 緑川 - 矢川駅 - 国立市役所

午前中は矢川駅発着、1日15本運転。

泉コース[編集]

  • 国立市役所 - くにたち福祉会館 - 矢川駅 - 河川敷公園 - 矢川駅 - くにたち福祉会館

1日13本運行

矢川・東ルート[編集]

  • 矢川北アパート南 - くにたち福祉会館 - 総合医療センター南 - くにたち福祉会館 - 矢川北アパート中央

1日10本運行

車両[編集]

くにっこ[編集]

日野ポンチョ初代(12人掛け)2台が2003年3月から運用を開始し、内1台が2006年11月に日野ポンチョ2代目と入れ替え。2012年1月に2代目がもう1台追加され3台体制になった。2014年4月に青柳・泉ルート休止に伴い、残る1台の初代車両が廃車となった。

くにっこミニ[編集]

トヨタ ハイエースを採用。乗車定員は9名で進行方向右側が横向きシート、左側が前向きシートで最後尾は車いす用のリフトが格納されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b North East Think Tank of Japan No.48 pp18-22

関連項目[編集]

外部リンク[編集]