くじら座94番星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くじら座94番星
94 Ceti
星座 くじら座
視等級 (V) 5.07
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 03h 12m 46.43719s[1]
赤緯 (Dec, δ) -01° 11′ 45.9613″[1]
視線速度 (Rv) +18.96 km/s[1]
固有運動 (μ) 赤経: 193.56 ミリ秒/[1]
赤緯: -69.01 ミリ秒/年[1]
年周視差 (π) 44.29 ± 0.28 ミリ秒[1]
距離 73.7 光年
(22.6 ± 0.1 パーセク
絶対等級 (MV) 3.32
別名称
別名称
GJ 128, HR 962, BD-01 457, HD 19994, LTT 1515, SAO 130355, FK5 116, ADS 2406, HIP 14954
Template (ノート 解説) ■Project
くじら座94番星A
物理的性質
半径 1.82 R[2]
質量 1.365 M[3]
表面重力 18 G[2]
自転速度 8.6 km/s[3]
スペクトル分類 F8 V
光度 3.85 L[2]
表面温度 6,188K[3]
色指数 (B-V) 0.56
色指数 (U-B) 0.11
金属量[Fe/H] 0.27[3]
年齢 3.0 ×109
Template (ノート 解説) ■Project
くじら座94番星B
物理的性質
半径 0.55 R[2]
質量 0.55 M[2]
表面重力 51 G[2]
スペクトル分類 M0 V[2]
光度 0.05 L[2]
表面温度 3,700 K[2]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 220 AU[4]
離心率 (e) 0.26[4]
公転周期 (P) 2,029 年[4]
軌道傾斜角 (i) 104°[4]
Template (ノート 解説) ■Project
くじら座94番星C
物理的性質
半径 0.31 R[2]
質量 0.34 M[2]
表面重力 102 G[2]
スペクトル分類 M3 V[2]
光度 0.01 L[2]
表面温度 3,300 K[2]
軌道要素と性質
軌道長半径 (a) 0.99 AU[5]
離心率 (e) 0.36[5]
公転周期 (P) 1.04 年[5]
軌道傾斜角 (i) 108.5°[5]
Template (ノート 解説) ■Project

くじら座94番星は、くじら座の方角に約74光年の距離にある連星である。

連星系[編集]

1828年ジョン・ハーシェル二重星であることを発見した[6]1836年には、この2つの恒星の連星としての性質が初めて求められた[7]2010年、伴星の周りに更に伴星があることが発見され、3重連星系であることがわかった[8]

くじら座94番星Aは1.3太陽質量F型主系列星くじら座94番星Bくじら座94番星C赤色矮星である。伴星Bと伴星Cとは、約1AU離れてほぼ1年周期で公転し、伴星BとCの系は、主星Aから約220AU離れて約2,029年周期で公転している。

スピッツァー宇宙望遠鏡ハーシェル宇宙望遠鏡の観測から、くじら座94番星は遠赤外線の放射が通常よりも強く、星周塵の円盤が存在するとみられる[9]。この星周塵は、主星Aだけでなく、伴星BとCの系の周り、そして3重連星系全体の周りにも存在する可能性が指摘されている[2]

惑星系[編集]

2000年8月7日、くじら座94番星Aの周りを公転する太陽系外惑星くじら座94番星bが発見された[10][11]。ウラジミール・リラは、Telemachusと呼ぶことを提案している[12]

くじら座94番星の惑星[3]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b > 1.37 ± 0.12 MJ 1.305 ± 0.016 466.2 ± 1.7 0.063 ± 0.062

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 94 Cet -- Double or multiple star”. SIMBAD. CDS. 2017年6月18日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p Wiegert, J.; Faramaz, V.; Cruz-Saenz de Miera, F. (2016-10), “94 Ceti: a triple star with a planet and dust disc”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 462 (2): 1735-1748, Bibcode 2016MNRAS.462.1735W, doi:10.1093/mnras/stw1682 
  3. ^ a b c d e Wittenmyer, Robert A.; et al. (2009-05), “A Search for Multi-Planet Systems Using the Hobby-Eberly Telescope”, Astrophysical Journal Supplement 182 (1): 97-119, Bibcode 2009ApJS..182...97W, doi:10.1088/0067-0049/182/1/97 
  4. ^ a b c d Roberts, Lewis C., Jr.; et al. (2011-11), “Know the Star, Know the Planet. I. Adaptive Optics of Exoplanet Host Stars”, Astronomical Journal 142 (5): 175, Bibcode 2011AJ....142..175R, doi:10.1088/0004-6256/142/5/175 
  5. ^ a b c d Röll, T.; et al. (2012-06), “Extrasolar planets in stellar multiple systems”, Astronomy and Astrophysics 542: A92, Bibcode 2012A&A...542A..92R, doi:10.1051/0004-6361/201118051 
  6. ^ Herschel, J. F. W. (1828-01), “Catalogue of 384 new double and multiple stars”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 1: 45, Bibcode 1828MNRAS...1...45H, doi:10.1093/mnras/1.8.45 
  7. ^ Smith, William Henry (1844), A cycle of celestial objects, London: J. W. Parker, Bibcode 1844ccob.book.....S 
  8. ^ Röll, T.; et al. (2010-12), “Ground Based Astrometric Search for Substellar Companions in Stellar Multiple Systems, The Case of the Exoplanet Host System HD 19994”, Proceedings of Astronomical Society of the Pacific Conference 435: 419-422, Bibcode 2010ASPC..435..419R 
  9. ^ Trilling, D. E.; et al. (2008-02), “Debris Disks around Sun-like Stars”, Astrophysical Journal 674 (2): 1086-1105, Bibcode 2008ApJ...674.1086T, doi:10.1086/525514 
  10. ^ European Southern Observatory: Six Extrasolar Planets Discovered”. SpaceRef Interactive Inc. (2000年8月7日). 2009年8月2日閲覧。
  11. ^ Stephan Udry. “A 1.7 M_Jup planet orbiting HD 19994”. 2017年6月23日閲覧。
  12. ^ Lyra, W. (2010-10). “Naming the extrasolar planets”. Boletim da Sociedade Astronòmica Brasileira 29 (19): 26. Bibcode 2010BASBr..29...26L. 

外部リンク[編集]

座標: 星図 03h 12m 46.43719s, −01° 11′ 45.9613″