くしろ港まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

くしろ港まつり(くしろみなとまつり)は、1948年に始まった、北海道釧路市で行われている祭典の1つ。

経緯[編集]

この祭典は、1948年に釧路港の開港50周年を記念して行われた、『釧路港開港50年港まつり』が発端で、60年以上にわたって行われている祭典。

日程[編集]

原則として8月第1金曜日から3日間(一時期は7月第4金曜日から3日間行われる『くしろ霧フェスティバル』との合同イベントで行われた年もある)

主なイベント[編集]

  • 大漁ばやしパレード(初日)
  • 市民踊りパレード(中日)
  • 音楽パレード(楽日)

過去に行われていたイベント[編集]

主な会場[編集]

備考[編集]

  • 会場となる中心街は外来資本郊外型大手大型スーパー台頭により、長年営業されていた百貨店や地元商店が閉店するなど、客足が低迷していることから、この祭典が中心街の1年で一番にぎわいを見せる祭典となる。
  • 2008年に行われた第61回は、大漁ばやしパレードが不発弾発見による撤去作業などで中止、市民踊りパレードと音楽パレードが雨天で中止となり、史上初めて主なイベントがすべて中止となる異常事態になった。

外部リンク[編集]