きづき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
きづき
本名 城築 創
別名義 城築 創(旧芸名)
生年月日 (1990-12-28) 1990年12月28日(31歳)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
身長 155 cm
職業 俳優
事務所 アミューズ
公式サイト オフィシャルウェブサイト
主な作品
CM
Amazonプライム・ビデオ[1]
テンプレートを表示

きづき1990年12月28日 - )は、日本の俳優東京都出身[2]。身長155 cm[2]アミューズ所属。2019年2月28日まで城築 創(きづき はじめ)名義で活動していた。趣味はアニメ鑑賞、AMラジオ鑑賞、ウクレレ。特技は器械体操[2]

経歴[編集]

人物[編集]

  • 魚が好きでデートで行きたいところは水族館。
  • 劇団プレステージに初参加した「WORLD'S ENDのGIRLFRIEND」でいきなり主役に抜擢される。
  • 学生の頃、身長が低いことを気にした親が病院に通わせるが、身長は伸びなかった。しかし、本人は全く気にしていない。
  • 運動神経がよい。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

ネット配信[編集]

  • オリジナルリモートドラマ『大丈夫 WHEN LIFE HITS YOU HARD』(2020年6月1日配信、YouTubeチャンネル「Drama stock」)[17]
  • 「喫茶プレリュード」(2019年5月1日 - 11月13日、Youtube) - 三田奏太郎[1]

オーディオドラマ[編集]

  • 禁男女子(2021年4月1日 - 、NUMA) - 受験生 役 [18] 
  • 暴き屋〜他人の秘密、暴きます〜(2021年4月26日 - 、NUMA) - 田中諒平 役 [19] 
  • 知ってるようで知らないアレコレ(2021年5月26日 - 、NUMA) - 才原次郎 役 [20]

CM[編集]

舞台[編集]

劇団プレステージ[編集]

イベント[編集]

劇団プレステージ[編集]

ラジオ[編集]

  • 渋谷のラジオの学校、毎週月曜日22時パーソナリティー(2019年6月~)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ きづき (2019年9月16日). インタビュアー:及川静. “月9にも出演!“Amazonプライム兄弟”のお兄ちゃんを演じるきづきに注目”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). 芸能ニュース.. https://thetv.jp/news/detail/205189/ 2021年3月21日閲覧。 
  2. ^ a b c d きづき”. アミューズ. 2019年6月29日閲覧。
  3. ^ a b 城築創”. ザテレビジョン. 2019年6月29日閲覧。
  4. ^ きづき (2019年2月28日). “報告ツイート” (日本語). @kdkhjm12. 2019年7月8日閲覧。
  5. ^ 【大切なご報告】”. きづき公式Twitter. 2020年4月1日閲覧。
  6. ^ 『ALIVEHOON アライブフーン』製作発表!主演・野村周平「納得いく画が撮れた。100点満点」”. cinemalife.net (2022年1月14日). 2022年1月27日閲覧。
  7. ^ 中井貴一主演連続ドラマ『記憶』の共演者&放送日発表!優香、松下由樹、泉澤祐希、今田美桜ら豪華キャスト陣が決定”. PRTIMES (2018年1月18日). 2022年2月10日閲覧。
  8. ^ きづき (2019年9月4日). インタビュアー:及川静. “<監察医 朝顔>最終章突入!幼なじみ・三郎の悲しみに朝顔にも変化が!”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). 芸能ニュース.. https://thetv.jp/news/detail/204161/ 2021年12月17日閲覧。 
  9. ^ 2019.11.26 第7話撮影エピソード. TBS (TBS). (2019-09-04). https://www.tbs.co.jp/gsenjou/report/20.html 2021年12月17日閲覧。. 
  10. ^ ““2.5次元界のプリンス”や有名TikTokerも! 赤楚衛二主演「パニックコマーシャル」追加キャスト発表”. WEBザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年12月9日). https://thetv.jp/news/detail/215386/ 2021年12月17日閲覧。 
  11. ^ 横浜流星演じる直輝、復讐を遂げるも苦しみは深まり…『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』最終話”. テレビドガッチ (2020年3月16日). 2022年1月29日閲覧。
  12. ^ ランチ合コン探偵:きづき&佐伯大地が第5話ゲストに 山本美月&トリンドル玲奈の合コン相手役”. まんたんWeb (2020年1月28日). 2021年12月17日閲覧。
  13. ^ 山下美月『乃木坂シネマズ』で定食屋の看板娘役「なしてここにおるんでげす?」方言の演技に称賛の声”. テレビドガッチ (2020年1月30日). 2021年9月17日閲覧。
  14. ^ ミタゾノ(松岡昌宏)がラーメン店の店員に…「チャーシュー背脂ネギましまし!」”. テレビドガッチ (2020年5月1日). 2022年1月29日閲覧。
  15. ^ 里々佳、安井順平、武井壮、奥野壮ら、瀧本美織主演ドラマ『であすす』にゲスト出演”. リアルサウンド映画部=date=2021-03-18. 2022年1月29日閲覧。
  16. ^ 古川雄輝“磯貝”「酔った勢いで言わせてもらうけど」2人きりの帰り道に…”. テレビドガッチ (2021年12月18日). 2022年1月29日閲覧。
  17. ^ 阿部純子、きづき、清田みくり、鈴木美羽、時任勇気、富田健太郎、中川可菜の7名が自らスマホで撮影した新感覚ドラマ『Drama Stock』配信!”. WEBマガジンジャラス (2020年6月2日). 2022年1月29日閲覧。
  18. ^ NUMA:音声版サブスクサービス誕生 月額580円で聞き放題 神木隆之介1人7役ドラマもラインアップ”. まんたんWEB (2021年3月23日). 2022年1月27日閲覧。
  19. ^ 大谷亮平主演イヤードラマ「NUMA」で配信”. cinemacafe.net (2021年4月26日). 2022年1月27日閲覧。
  20. ^ 今井隆文が書き下ろし イヤードラマ『知ってるようで知らないアレコレ』NUMAに登場”. リアルサウンド映画部 (2021年5月26日). 2022年1月23日閲覧。
  21. ^ 川隅美慎×鎌苅健太×桑野晃輔がオタ研部員を熱(怪?)演!舞台『オタッカーズ・ハイ』が6/7開幕!”. スマートボーイズ (2016年6月6日). 2022年2月5日閲覧。
  22. ^ 勘違い女の生き様描く「EXTRA EXTRA」に松本寛也、劇団プレステージ城築創ら”. ステージナタリー (2016年7月29日). 2021年12月17日閲覧。
  23. ^ 幕張の歴史を“雑”に塗り替える、劇団献身のナンセンスミステリー「幕張の憶測」”. ステージナタリー (2017年4月3日). 2022年2月5日閲覧。
  24. ^ 幕張の歴史を“雑”に塗り替える、劇団献身のナンセンスミステリー「幕張の憶測」”. ステージナタリー (2017年4月3日). 2021年12月17日閲覧。
  25. ^ 劇団献身が再始動、行き詰まる男女描いたコメディ「スケール」”. ステージナタリー (2020年2月18日). 2021年12月17日閲覧。
  26. ^ ヨーロッパ企画20周年ツアーのゲスト出演者&スケジュールが決定”. ステージナタリー (2018年4月2日). 2021年12月17日閲覧。
  27. ^ 加藤シゲアキ主演『モダンボーイズ』ビジュアル&全キャスト発表”. Astage-アステージ- (2021年2月18日). 2021年12月17日閲覧。
  28. ^ 当初は4月28日から30日までCOOL JAPAN PARK OSAKA WWホールでの公演も予定されていたが、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の発出を受け中止となった。
  29. ^ 猪塚健太の女子力に脱帽!劇団プレステージ舞台『WORLD'S ENDのGIRLFRIEND』”. スマートボーイズ (2015年3月18日). 2021年9月15日閲覧。
  30. ^ “『劇団プレステージ』 大村 学×加藤潤一×春日由輝×小池惟紀 インタビュー”. ローチケ演劇宣言. (2015年3月13日). https://beta.engekisengen.com/stage/interview/prestage/ 2022年1月24日閲覧。 
  31. ^ 【インタビュー】劇団プレステージ イベント・おでかけ - HMV11/3(火・祝) PP10第10弾!一夜限りの感謝イベント「Prestage Party at PIT~てんやわんやの大感謝祭~」開催。 「Have a good time ?」を大成功に終えた今井隆文・株元英彰・平埜生成にインタビュー!”. HMV&BOOKS online (2015年10月14日). 2021年9月17日閲覧。
  32. ^ “NON STYLE石田明・脚本、劇団プレステージ番外公演『君のそばにいたいのに』が上演中!”. スマートボーイズ. (2016年2月14日). https://sumabo.jp/35283 2022年1月24日閲覧。 
  33. ^ 『リサウンド~響奏曲~』今井隆文×大村まなる×ほさかようインタビュー!「劇団プレステージの全力を!」”. エンタステージ (2016年9月1日). 2022年1月23日閲覧。
  34. ^ 「突風!道玄坂歌合戦」ヨーロッパ企画との共演に劇プレ今井「夢が叶いました」”. ステージナタリー (2016年12月8日). 2021年12月17日閲覧。
  35. ^ プレステージが学ランで応援!リーダー今井隆文「劇団に通じる等身大の作品」”. ステージナタリー (2017年8月18日). 2021年9月17日閲覧。
  36. ^ フレッシュな風吹く劇団プレステージ第2弾企画公演『僕を狂わす三億円』開幕”. エンタステージ (2018年4月23日). 2022年1月24日閲覧。
  37. ^ 今井隆文がメンバーの個性を色濃く反映、大村まなるは地下アイドルに”. ステージナタリー (2018年12月13日). 2021年12月17日閲覧。
  38. ^ 【オフィシャルレポート】劇団プレステージ 15回本公演『大地からのレラ!』幕開け!”. 2.5ニュース編集部 (2019年9月30日). 2021年12月17日閲覧。
  39. ^ さくら学院、田森美咲らが事務所の大先輩を祝福!”. WEBザテレビジョン (2016年4月21日). 2022年2月10日閲覧。
  40. ^ 劇団プレステージ、第10回公演に向けファン拡大イベント実施”. ORICON news (2015年7月10日). 2021年9月21日閲覧。
  41. ^ “劇団プレステージより10周年の感謝を込めて!『Prestage Party at PIT~てんやわんやの大感謝祭~』イベントレポート”. エンタステージ. (2021年9月21日). https://enterstage.jp/news/2015/11/003776.html 2021年9月21日閲覧。 
  42. ^ 劇団プレステージが新たな一歩、真夏のファンイベントで歴代劇中歌披露”. ステージナタリー (2017年7月19日). 2021年9月21日閲覧。
  43. ^ 劇団プレステージ JAPANプレミア上映イベント実施決定!”. PRTIMES (2019年9月18日). 2021年9月21日閲覧。

外部リンク[編集]