がんばれ!ベアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
がんばれベアーズから転送)
移動先: 案内検索
がんばれ!ベアーズ
The Bad News Bears
監督 マイケル・リッチー
脚本 ビル・ランカスター
製作 スタンリー・R・ジャッフェ
出演者 ウォルター・マッソー
テイタム・オニール
ヴィック・モロー
ジャッキー・アール・ヘイリー
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 リチャード・A・ハリス
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1976年4月7日
日本の旗 1976年12月4日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

がんばれ!ベアーズ』(原題:The Bad News Bears)は、1976年に公開されたアメリカ映画、および同作品をもとにした同名のテレビドラマ(原題:The Bad News Bears)である。

作品解説[編集]

アメリカ西海岸の町にある、問題児ばかりを抱えた弱小少年野球チーム「ベアーズ」。そんなベアーズを、かつてマイナーリーグで活躍していたプールの清掃人・バターメイカーがひょんな事情から率いることになり、彼とチームメイトたちが奮戦しながら勝ち抜いていく姿を描いたコメディ作品。

ウォルター・マッソーヴィック・モロージョイス・ヴァン・パタン、メンバー役でジャッキー・アール・ヘイリーテータム・オニールなどが出演。

続編[編集]

続編は2本製作された。第2作は、1977年公開の『がんばれ!ベアーズ特訓中』(原題:The Bad News Bears in Breaking Training)。そして最終作となる第3作は、1978年公開の『がんばれ!ベアーズ大旋風 -日本遠征-』(原題:The Bad News Bears Go to Japan)。第3作では日本が舞台となっており、日本側からは若山富三郎アントニオ猪木萩本欽一らがゲスト出演している。

2005年には、本作のリメイク版である『がんばれ!ベアーズ ニュー・シーズン』(原題:Bad News Bears)が公開された。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ テレビ朝日
モリス・バターメイカー ウォルター・マッソー 左右田一平 藤岡琢也
浦山迅
アマンダ テイタム・オニール 麻上洋子 よこざわけい子
沢口千恵
ロイ・ターナー ヴィック・モロー 小林勝彦 田中信夫
金尾哲夫
ボブ・ホワイトウッド ベン・ピアッツァ 富山敬 村越伊知郎
クリー・ブランド ジョイス・ヴァン・パタン 高橋和枝 公卿敬子
加納千秋
トビー・ホワイトウッド デヴィッド・スタンボー 菅谷政子
オギルビー アルフレッド・W・ルター 松金よね子
タナー・ボイル クリス・バーンズ 堀絢子 沢田和猫
ケリー・リーク ジャッキー・アール・ヘイリー 三ツ矢雄二 水島裕
栗山浩一
ルディ・スタイン デヴィッド・ポロック 塩屋翼
マイク・エンゲルバーグ ゲイリー・リー・キャヴァナロ 山本圭子 安西正弘
アーメッド エリン・ブラント 野沢雅子 向殿あさみ
ティミー・ルーパス クイン・スミス

吉田理保子

テレビ朝日版は1982年5月2日に『日曜洋画劇場』で放送。このバージョンは、パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパンから発売されたDVDに収録されている[1]

一方の日本テレビ版は1979年4月4日に『水曜ロードショー』でテレビ初放送されたが、こちらを収録したDVDは発売されていない。テレビドラマ版を放映したのも日本テレビであり、ベアーズの子供たちの吹き替えを担当したそうそうたる豪華声優陣による吹き替えは映画版とテレビドラマ版ともに統一感があり、ファンには日本テレビ版の吹き替えが人気が高い。

テレビドラマ[編集]

アメリカCBSが映画版と同じタイトルでテレビドラマ化。1979年3月24日から1980年7月26日まで2シーズン・全26話が放送された。

日本では、1979年10月5日から1980年3月28日まで日本テレビで放送。毎週金曜 18:00 - 18:30 (日本標準時)の放送で、二ヶ国語放送を行っていた。テーマ曲は、作詞:田中のぶ子 / 作曲:小田裕一郎 / 編曲:川口真 / 歌:マリリン(マリーン)の「青春カーニバル」。

日本テレビ 金曜18:00枠
前番組 番組名 次番組
巨人の星 再放送(金曜)
【月曜 - 木曜の放送に縮小して継続】
がんばれ!ベアーズ
(1979年10月5日 - 1980年3月28日)
ムーの白鯨
(1980年4月4日 - 1980年9月26日)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

映画版[編集]

テレビドラマ版[編集]