がんばれ!ドンベ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
がんばれ!ドンベ
ジャンル 小学生、人情コメディ
漫画
作者 はしもとみつお
出版社 小学館
掲載誌 月刊コロコロコミック
レーベル てんとう虫コミックス
発表号 1978年1月15日号 - 1980年7月号
巻数 全2巻
テンプレート - ノート

がんばれ!ドンベ』は『コロコロコミック』4号(1978年1月15日号)から1980年7月号まで連載されていたはしもとみつお漫画作品。

あらすじ[編集]

小学校内の落ちこぼれチーム「ドンベグループ」の友情や、ドンベたちが色々なドジを踏みながらも困難に立ち向かい、克服していく様を描いた人情喜劇漫画。「笑って泣ける感動ギャグ漫画」を標榜していた。

登場人物[編集]

秀一
ドンベグループのリーダー格。喧嘩は学校一の強さだが、血の気が多いあまり、興奮すると鼻血を出してしまう。優等生の三宅とはよくいがみあうが、本当は三宅のことを心配している。
アケミ
秀一たちのマドンナ。両親は離婚しており、母と2人暮らし(父は再婚していて子供は2人)。母親が水商売をしているせいか、性的にはかなり早熟。さらに片親の寂しさからか、秀一たちに自分の胸を触らせたり、パンツを脱いで女性器を見せたりと、過剰に気を引く行動をとる。
ヨシオ
父親がラーメン屋をしている、坊主頭の少年。テストの点数は最高45点までしか取ったことが無い。漢字が苦手で、塾では漢字の書き取りばかりやらされている。
ひろ志
気が弱く、秀一たちの足を引っ張っているが、本人はそのことに気付いていない。
春夫
あだ名は「ハナ坊」。あだ名の由来はいつも洟垂れだから。性格は大人しい。
三宅
クラスの優等生グループのリーダー格であるメガネの少年。秀一達とはよくいがみ合うものの、敵対しているわけではなく、テストで悪い点を取って気を落としているときに秀一達に励まされたこともある。

ハナタレ学園[編集]

熱血!!コロコロ伝説』Vol.1に本作が掲載された際に、巻末のシークレットファイルで、同作者の「ハナタレ学園」と本作の関連が記述されている。少年達が中年になって、高校時代を振り返る作品(ただし、秀一以外はヨシオと同じ顔の満作というキャラが存在するだけで、同一人物ではない)であるが、この作品のアケミに相当するヒロインは、高校時代に死亡している。